おむつをすっきり収納!見た目もきれいで持ち運びやすい「おむつストッカー」おすすめ6選

おむつは赤ちゃんにとって毎日の必需品。すぐ手に取れる場所に置いておきたいけれど、一度袋から出してしまうと収納の仕方に困りますよね。そんな問題を解決するのが、「おむつストッカー」です。使いたいときにサッと取り出せるため、便利な一品。今回はそんなおむつストッカーのおすすめを紹介します。そのまま持ち運べるタイプもあるので、帰省や旅行の機会があるこれからの時期にも便利ですよ。

おすすめのおむつストッカー6選

おむつストッカーと一言で言っても種類はさまざま。存在を初めて知ったという方はもちろん、購入を考えているれど、どれがよいのか悩んでなかなか決められないというママもいるのではないでしょうか。

そんなママのために、おすすめのおむつストッカーを六つ紹介します。どれがよいか迷ったら、実際に使う場所を考えてみましょう。家の中で移動しながら使うのか、一つの部屋に置いておきたいのかによっても最適な物が変わってきます。

ぜひ、自分にぴったりのものを見つけてみてくださいね。

1.持ち運べて大容量!「Mookis おむつストッカー」

Mookis おむつストッカー

大容量のおむつストッカー。おむつ以外にも赤ちゃん用のケアグッズを入れておけば、これ一つで赤ちゃんのお世話ができます。居間に置きっぱなしでもシンプルなデザインで中身が見えないので、インテリアにもなじんでくれそう。

底板が入っているので、重いものを入れても形が崩れる心配がありません。また、フェルト素材でできているので柔らかく、子供が頭や体をぶつけてもけがをしにくいのがポイント。

2.整理整頓が苦手なら。「オムツ収納ケース」

オムツ収納ケース

仕切り用の板がついたおむつ収納ケースは、整理整頓が苦手なママにぴったり。ごちゃつきがちなケースの中もすっきりと使うことができますよ。

帰省や車で移動するような旅行の場合は、このまま持っていけば忘れ物防止にもなり便利です。使わないときは小さく折り畳めるので、必要なときだけ使うことも可能ですよ。

3.はっ水加工がうれしい!「おむつバッグ」

おむつバッグ

赤ちゃんのお世話をするうえで、はっ水加工がされていると汚れを落としやすく便利なことも。中の仕切りは取り外し可能なので、おむつを入れるだけではなく、公園やプールなど遊びに行くときに着替えを入れるのにも便利ですよ。

パッと見ておむつストッカーには見えないおしゃれなデザインで、旅行や帰省のときにはこのまま持ち歩けば荷物の入れ替えの手間が減りますね。

4.ベビーベッド派なら。「Emfay ベビーベッド ポケット収納」

Emfay ベビーベッド ポケット収納

ベビーベッドを使っているご家庭におすすめの商品。収納家具をわざわざ買うのはもったいないですし、高さが合わないと使いにくいといったこともありますよね。これならおむつが取り出しやすく、おもちゃやよく使う体温計、綿棒なども一緒に置くことができますよ。

赤ちゃんの身の回りのもの、お世話の道具は何かと多いこともあるため、このぐらい大容量なら安心ではないでしょうか。

5.ナチュラルな雰囲気が好きなら。「 ソレイアード プティット・フルール・デ・シャンベッドサイドポケット」

ソレイアード プティット・フルール・デ・シャンベッドサイドポケット

ソレアード社のプリント生地で作られたこちらの収納ポケットは、ナチュラルな雰囲気が好きなママにおすすめ。爽やかな柄で、お部屋を素敵に彩ってくれるのではないでしょうか。

ベビーベッドの柵などに取り付けて活用することができますよ。

6.インテリアとして部屋になじむこと間違いなし。「おむつストッカー OMT-35」

おむつストッカー OMT-35

長く使えるおむつストッカーを探しているママにおすすめの商品。おむつをたくさん収納でき、いちいち扉を開けなくても1枚ずつ取ることができます。奥行きを3段階に変えられるので、おむつのサイズが変わっても使えます。

また完成品が届くので、組み立てる手間もありません。おむつストッカーとしての役割を終えた後も、収納家具として使えそうなシンプルな見た目もうれしいですね。

ママが使いやすいものを選ぶのが大事

笑顔 PIXTA

必要なときにおむつをすぐ取り出せる、おむつストッカー。どんな場所で使うのか、おむつの他に何を入れたいのかをイメージしておくと使いやすい一品を購入できるのではないでしょうか。

おむつ交換は毎日何度もしなければいけないもの。だからこそ、ママもベビーもスムーズにできたらうれしいですし、ストレスも減らせます。

また、おむつストッカーはおむつの収納以外にも使える便利なものです。ぜひ、自分にぴったりのストッカーを見つけてくださいね。

おすすめ記事

「おむつ収納」「おむつストッカー」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧