「お金をかけてこだわるべきベビー用品」と「安くてOKなもの」は?先輩ママの声を紹介

妊娠中は、出産後に向けてさまざまなグッズを用意することと思います。本やネットなどを参考にいろいろとリストアップしていく中で、どんなアイテムにどれくらいの費用をかけてこだわればよいのか迷うことはありませんか。買ったものの、あまり使わなかったらもったいないですよね。今回は先輩ママたちに、こだわったほうがよいベビーグッズ・あまりこだわらなくてよかったベビーグッズについて、それぞれ教えてもらいました。

ベビーグッズはどんなものをそろえたらよいの?

妊娠後は、出産時や生まれてくるわが子のためにさまざまなグッズを用意していきますよね。赤ちゃんの衣類などのほか、ベビーカーや抱っこひもなどの大型なものまでその種類はさまざま。用意するリストを見るといろいろあって、それぞれどのくらいの価格帯のものを購入した方がよいのかなど迷ってしまう場合も。

ママリでも、出産準備についてこのような投稿がありました。

子育てグッズの中で、「あの時はめっちゃ調べてこだわって買ったけど、今思えば何でも良かったなー」ってものはありますか?

ちなみに私は離乳食調理器セットです😅
可愛いのがいいなーとか、色々機能がある方がいいなーとか思ってましたが、使うやつって決まってるし絵とか見ないし。笑
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
基本的に中古や安い値段やいただき物で準備しようかと思いますが、お金をかけたりこだわって買ったほうがいいグッズがあれば教えてください
逆にお金かけたけれど必要なかったものも教えてください

価値観によりますが、もしある中のお金でやりくりした時にお金をかけたほうがいい上位に上がるグッズを教えてください。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

生まれる前はこだわって選んでみたものの、そんな必要がなかった…と、購入後に気づくのはもったいないですよね。かわいいわが子のためだからとものすごく考えて買ったのに、出番すらこない場合も。

今回は、先輩ママたちにそんなグッズについて教えてもらいましょう。

こだわらなくて良かったもの、しっかり選んだものをご紹介

先輩ママが、せっかくこだわったのにこれはあまり使わなかったというもの、逆にこれはものすごくこだわったというものを見てみましょう。

決め手にかけている場合、ママたちの意見もぜひ参考にしてみてください。

1.こだわらなくて良かった:ベビーカー

ベビーカー PIXTA

ベビーカーですかね。
子育てグッズの中でも一番お金かけたのに、
嫌がって5分以上産まれてから乗った事ないです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ベビーグッズのなかでも、かなり高い金額を占めるベビーカー。子供のためにと出産前にこだわって買ったものの、嫌がってあまり乗らないということも。

車移動ではないからと大きめのしっかりしたものを買ったのに、結局は抱っこひもでの移動が多くなってしまう場合もあるようです。車に載せることができるので、お出かけ先では重宝することもあります。

出産前にどれにするか決めず、生まれた後に使いやすいものをしっかり選ぶママもいるようでした。

2.こだわらなくて良かった:哺乳瓶

哺乳瓶 PIXTA

哺乳瓶
哺乳瓶&ミルク拒否で使用回数5回

です😅
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

哺乳瓶や消毒セット、ミルクもばっちりそろえていたけれど、赤ちゃんに拒否され完全母乳になることもあるようです。

出産後の病院で使っていた哺乳瓶用の乳首しか受け付けなくなり、買っていたものを使ってくれないといったことも。筆者も1人目出産前にそろえていましたが、ミルク拒否ですべて使うことなくお下がりとして人にあげてしまいました。

3.こだわらなくて良かった:ベビーベッド・ベビー布団

ベビーベッド PIXTA

ベビーベッドの布団ですかね😅
リビングにベビーベッド置いてるので「日中過ごすところだから!」とオーガニックの日本製布団買いましたが、背中スイッチで寝ません😂笑
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ベビーベッドやベビー布団をこだわって買ったのに、寝てくれなかったということも。

下ろすと泣いてしまい布団ではなくバウンサーのほうが活躍した、ママがくっついていないとぐずるから同じ布団を使ったなどという場合は、出番がなくなってしまいますね。

4.じっくり選んだ:チャイルドシート

チャイルドシート PIXTA

うちは一番お金をかけたのは車のチャイルドシートです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
まだ出産準備中ですが、チャイルドシートは良いのを買いなさいと義両親が買ってくれました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ベビーカーはこだわらなくても、チャイルドシートはこだわったというママも。車につけて命を守るものなので、慎重に選ぶほうがいいかもしれませんね。付け方・固定式か回転式か・リクライニングの有無・何歳まで使えるかなど比較しながら使いやすいものを選ぶといいですね。

5.じっくり選んだ:抱っこひも

抱っこ紐 PIXTA

抱っこ紐は古いと転落したり破損したりが怖いので新品にしました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

チャイルドシートに続き、抱っこひもも子供の転落などが気になるため新品で購入した、というママの投稿。

腰や背中になるべく負担がかからないものをチョイスしたいですね。抱っこしやすいかどうかも重要なポイント。そのほか、新生児から使えるかどうか、おんぶができるかどうかなど重要視するポイントはさまざま。使うことが多くなりそうな場合は、しっかりとこだわったほうがよさそうですね。

6.じっくり選んだ:直接肌に触れるもの

出産準備 PIXTA

新品で購入したものは、お風呂の時に使うガーゼ、哺乳瓶の先端のゴムの部分、あと赤ちゃん用の洗剤や保湿剤などですかね。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

なるべく費用を抑えたい場合など、衣類のお古をもらうこともあるかもしれません。そのときも、直接肌に触れるものは新品にこだわったというママもいました。

あれもこれもと焦らず、じっくり吟味しましょう

出産準備 PIXTA

金額に糸目をつけないでよいのであれば、全てこだわりの一品をそろえることもできますがなかなかそうはいきませんよね。

大切なわが子のためにこだわりたくなる気持ちもありますが、これだけはゆずれないと思うものはしっかりと吟味し、あまり使う機会のなさそうなものや安いものでも大丈夫そうなものは、都度購入したり低価格帯のものを取りそろえたりするのも一つの方法。赤ちゃんと少し過ごしてからのほうが、重視するポイントも見えてくるかもしれません。

先輩ママの意見も参考に、出産準備を進めてみてくださいね。

おすすめ記事

「ベビーグッズ」「こだわり」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧