1歳6ヶ月ごろの子供の成長について知ろう、発達とお世話のポイント

1歳6ヶ月ごろの子供は、多くの子が歩けるようになり、行動範囲もぐんと広がってきます。また、言葉や指差しで意思を伝えられるようになる子も増えてきます。意思疎通ができることをうれしく感じられる一方、子供に自我が芽生えると、かんしゃくをおこしたり、「イヤ!」と主張したりしはじめることも。ママとしては子育ての難しさを感じる時期でもあるでしょう。この記事では、そんな1歳6ヶ月ごろの子供の成長・発達の様子と、お世話のポイントをお伝えしていきます。

PIXTA

1歳6ヶ月の成長目安

1歳6ヶ月になった子供は、心も体も大きく成長しています。ここでは1歳6ヶ月ごろの成長の目安についてみてみましょう。

体重・身長の平均値

身長 PIXTA

  • 男の子:体重10.41kg / 身長:80.6cm
  • 女の子:体重9.79kg / 身長:79.2cm

上記の数字は平均値です。あくまでも目安として捉えてくださいね。

平均値に近いかどうかよりも、その子なりに体重と身長が増えているかどうかが大切です。不安な場合は、1歳6か月児健診(1歳半健診)で医師に相談してみてください。

出典元:

運動面の発達目安

コップ PIXTA

運動面では、以下のような成長が見られます。

  • ひとり歩きが安定する
  • しゃがめる
  • コップやスプーンを扱う

ひとり歩きが安定し、ものを持って歩くことができるようになっていきます。中には小走りができるようになる子も。また、しゃがんで遊ぶ姿も見られるようになるころです。

コップで飲み物を飲む、スプーンを持って自分で食べる、ボールを転がすなど、やや複雑な手の動きもマスターしつつあります。興味関心があることからチャレンジさせてみましょう。

精神面での発達目安

指差し PIXTA

精神面では、以下のような成長が見られます。

  • 名前を呼ぶと反応する
  • 他人が注目しているものや指さしているものを一緒に見る
  • 自分が興味があるものを指でさして伝える
  • 言葉で示されたものを理解し、指さしをする
  • 意味のある単語を複数話せる
  • 自我が芽生え、気に入らないことは「イヤ」と意思表示をする

言葉の理解が進み、自分から伝えようとする力も少しずつついてきます。ママが注目しているものを一緒に見たり、自分が興味を示しているものを指さして教えようとすることも。

発語できる言葉の数には個人差がありますが、意味がある言葉をいくつか話せる程度が目安です。

また、この時期には自我が芽生え、自己主張が強まります。気に入らないことは首を振って嫌がったり「イヤ!」と口に出したりすることがあるでしょう。

出典元:

1歳6ヶ月の食事の目安

ここからは、食事量や進め方の目安をお伝えします。

食事量は大人の半分ほどが目安

芋 PIXTA

白ごはんなら子供のお茶碗に1杯くらい、麺類なら大人の半玉くらいは食べられるようになります。食事量の全体としては、大人の半分を目安にしてください。

1日のうち1~2回はおやつを食べます。おやつは食事では足りない栄養素をとるためのものなので、甘いお菓子ではなく、おにぎりや果物、乳製品などがおすすめ。飲み物は甘いジュースではなく、お茶や牛乳としましょう。

かじり取りができ、スプーンも徐々にマスター

手づかみ PIXTA

この時期は「かじり取り期」とも呼ばれ、生えそろった前歯で食べ物をかじり取って食べられるようになります。大人のように奥歯ですりつぶして食べることはまだできないため、大きさややわらかさを調整して与えましょう。

スプーンも徐々に使えるようになりますが、まだ手づかみ食べが中心です。

偏食が出始める

1歳児 食べ PIXTA

だんだんと偏食が出てくる時期です。濃い味に慣れてしまうと、薄い味の食べ物を嫌がるようになってしまうため、食事はできるだけ薄味のものを食べさせましょう。

嫌がって食べないものは無理矢理食べさせず、期間をあけて何度か食卓に出してみて。好き嫌いは固定化せず変わっていくこともあります。

すぐに食べないからといって無理強いしたり叱ったりせず、親がおいしそうに食べる様子を見せるなど、前向きに食べたくなるような工夫をしてみてくださいね。

出典元:

1歳6ヶ月ごろに楽しめる遊び

1歳半 遊び PIXTA

1歳6ヶ月ごろには、以下のような遊びができるようになるでしょう。子供の好みに合った遊びを楽しみましょう。

体を使った遊び

走る 1歳 PIXTA

ひとり歩きが安定してくると、しゃがんだり、ものを持って歩いたりできるようになります。ボール遊びや追いかけっこなど、体を動かす外遊びがおすすめです。

活発さが増してくるぶん、転倒や落下などによるけがの心配も増えてきます。目を離さずに遊んでいる様子を見守ってあげてくださいね。

ふり遊び

ままごと amana images

箱を車に見立てて動かしてみたり、何も入っていないコップで飲むふりをしたりといった「ふり遊び」ができるようになります。「プップー!車だね」「ゴクゴク、おいしいね」など、短くわかりやすい声掛けをしながら遊びの世界に付き合ってあげましょう。

こうしたふり遊びが成長とともに発展すると、お友達と同じイメージを持って遊ぶ「ごっこ遊び」につながっていきます。

なぐり描き

クレヨン PIXTA

クレヨンなどを使ってなぐり書きができるようになります。まだ握力が弱い子供でも書きやすいよう、ペン先がやわらかいフエルトペンやクレヨンを使いましょう。

2歳ごろにかけて、自分が何を描こうとしたのか言葉で伝えてくれるようになります。表現したい気持ちを受け止め、たくさんお話を聞いてあげましょう。

出典元:

心も体も、ぐんぐん成長中

1歳半 赤ちゃん PIXTA

1歳6ヶ月ごろになると、体つきが幼児らしくなり、運動面や精神面でも大きな成長が見られます。できることが増えることで、子供自身もものごとへの興味関心が高まるかもしれませんね。

ママにとっては、食事面での好き嫌い、自我の芽生えによるイヤイヤなど、子育ての悩みが出てくる時期でもあります。心配なことがあれば、支援センターの職員や保健師などに相談しつつ、不安をため込まないようにしてくださいね。

おすすめ記事

「発達」「1歳6ヶ月」「お世話」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

乳児育児の基礎知識の人気記事