新生児の洋服の種類と選び方 短肌着や長肌着、コンビ肌着、ドレスオールなどが便利

赤ちゃんとの出会いの日のために色々な準備をするのは楽しいものですが、悩ましいのは新生児の選び方です。肌着にはさまざまな種類がある上、ベビーの名称だけを聞いてもイメージがつかず、何枚準備すべきかも分からない……と困ってしまいますよね。新生児の種類と用途を理解して、無駄のない上手なお買い物をしましょう。

PIXTA

これでバッチリ!新生児服

生まれてくる赤ちゃんのことを思って用意する新生児服。はじめてお店で目にすると、その小ささに驚きますよね。同時にいとしさがこみ上げて来て、「さあ!用意しよう!」と意気込むも、色々な名称や種類があってどれをそろえたらいいのかわからないと混乱する新米ママさんも多いのではないでしょうか。

新生児の赤ちゃんの洋服は生まれてくる季節によっても必要なものが変わりますが、基本的には「生後1ヶ月間は大人と同じか1枚多め。生後2~3ヶ月以降は1枚少なめ」を目安に着せてあげると良いでしょう。

ではそれぞれの衣類の用途や枚数の目安をご紹介します。

①短肌着

短肌着 PIXTA

主に春夏に必要となる短肌着をご紹介します。新生児期に出番の多い短肌着、きっとどのママも必要になるものですから、是非チェックしてくださいね。

用途

新生児期の赤ちゃん服のベースとなるのが短肌着です。着丈が短く、ボタンではなく内外についている紐で開閉します。デリケートな赤ちゃんの肌にあたらないよう、縫い目は表側になっていることが多いです。

夏は家の中なら短肌着だけでもOK。肌寒い季節でも、暖かい部屋の中なら短肌着に長肌着など丈の長い服を着せて過ごせます。

準備の目安

  • 春~夏生まれベビー:5~6枚
  • 秋~冬生まれベビー:5~6枚

汗をよく吸い、肌触りが柔らかい綿100%のものを選びましょう。季節にかかわらず新生児期から長く使いますので、少なくても2~3枚は準備しましょう。

また、赤ちゃんはミルクの吐き戻しやおむつもれなどで服を汚しがちです。多めに準備していると洗い替え分もあり安心です。

②長肌着

新生児 肌着 PIXTA

新生児期はあまり外に出ることがないもの。家の中ではほとんど長肌着でいたなんてこともあるくらい、実は着る機会が多い長肌着です。

用途

足の先まで着丈のある肌着です。短肌着のすそがそのまま長くなった形といえます。ドレスのようにすそにボタンがないためおむつ替えがしやすく、新生児期のおうちでのねんね時に向いています。

短肌着同様、デリケートな赤ちゃんの肌にやさしいように、縫い目が表に向いている商品が多いようです。

準備の目安

  • 春~夏生まれベビー:1~2枚
  • 秋~冬生まれベビー:3~4枚

赤ちゃんがどんどん身体を動かすようになると、裾にスナップの付いていない長肌着はまくりあがりやすく、使いづらくなってしまいます。コンビ肌着で代用が利き、なおかつ長く使えるため、長肌着はなくても。1枚だけ買って様子を見ても良いでしょう。

③コンビ肌着

新生児 肌着 PIXTA

動きが激しくなってきた赤ちゃんにおすすめのコンビ肌着。ばたばたしてもボタンで足元を留められるからはだけることがなくて便利です。長肌着と使い分けるとなおいいかも。

用途

新生児期から長く使える肌着です。すそにボタンがあり、ボタンを開けていると長肌着のようなドレス調で、閉じるとカバーオールのような形で使えます。

赤ちゃんが活発になってきてからはボタンを閉じて使うのがおすすめです。

準備の目安

  • 春~夏生まれベビー:4~6枚
  • 秋~冬生まれベビー:2~6枚

コンビ肌着は長肌着と同様の使い方ができる上、利用できる期間が長いため、コンビ肌着を多く準備したほうが賢明です。ミルクの吐き戻しなどによる着替えを考えると、多めに準備していると安心ですね。

④カバーオール

新生児 服 PIXTA

体を包むつなぎ服のようなウェア。袖と裾にゴムが入っているのが特徴です。ちょっとしたお出かけにはぴったりです。おしゃれなデザインがたくさん売っているので、選ぶ楽しみもありますよ。

ロンパースとカバーオールの違いとは?赤ちゃんにおすすめの商品6選

関連記事:

ロンパースとカバーオールの違いとは?赤ちゃんにおすすめの商品6選

赤ちゃんの服でよく聞くロンパースとカバーオール。その違いって何かご存知…

用途

カバーオールはつなぎのような全身を覆う形をしていて、袖やすそにゴムが入っているため赤ちゃんの体温を逃しません。足先が閉じたタイプもあります。

股下がスナップで開閉できるようになっているので、おむつ替えも簡単です。

準備の目安

  • 春生まれベビー:1~2枚
  • 夏生まれベビー:1枚~
  • 秋~冬生まれベビー:1~2枚

私自身の経験からすると、すそやボディにスナップがないタイプは新生児期には使いづらいので、スナップで開閉できるものを選びましょう。カバーオールとして使えるツーウェイオールで代用することもできます。

⑤ツーウェイオール

ツーウェイオールは、ボタンの留め方によってドレスオールにもカバーオールにもなる便利なウェアです。好みのデザインや色のものをたくさん用意しておくと、お出かけのときや人と会うときに便利でしたよ。

用途

すそにボタンがあり、ボタンを空けているとドレスオールとして、閉じるとカバーオールとして使える便利な新生児服です。

準備の目安

  • 春生まれベビー:2~3枚
  • 夏生まれベビー:1枚~
  • 秋~冬生まれベビー:2~3枚

夏生まれの赤ちゃんは新生児期に外出することはあまりないため、1枚準備しておけば十分かと思います。夏以外の季節生まれの赤ちゃんには、洗い替えも含めて2~3枚準備しておきます。

賢くお買い物をしましょう♪

新生児 ドレス PIXTA

個人差はあるものの、新生児期の赤ちゃんは成長が早く、あっという間に50~60cmの服は着られなくなってしまいます。短肌着など使用頻度の高いものは多めに購入し、その他は必要最低限の枚数を購入し、様子を見て追加購入するのが良いですね。

また新生児期の赤ちゃんの肌を考えると、素材選びが肝心。柔らかく肌触りのいいものを選んであげてくださいね。

「新生児」「服」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧