1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. 幼児食の基礎知識
  5. アンパンマンジュースなど、子ども用ジュースのおすすめ5選

アンパンマンジュースなど、子ども用ジュースのおすすめ5選

スーパーやドラッグストアなどでは子ども用のジュースが売られているのを目にしたことのあるママパパもいるのではないでしょうか。野菜入りや果汁系のものまで、種類もおおく、月齢や好みに合わせてどんなものがぴったりなのか迷ってしまう人もいるかもしれませんね。また、ジュースはやはり糖分も気になるのでどのくらいなら大丈夫なのだろうと心配になるママパパもいるでしょう。今回は子ども用ジュースについて種類や成分をご紹介しているので、これから子どもにジュースをあげたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

PIXTA

子ども用ジュースって利用している人はおおい?

スーパーやドラッグストアで見かける「子ども用」や「幼児用」のジュース。たとえばアンパンマンのイラストがついたものや、子どものイラストが描かれた小さなジュースはパッケージを見ても「子どもにあげてOK」な気がしますよね。

しかし、ジュースはやはり糖分が気になりますし、どのくらいの量をどのくらいの頻度であげてもいいのか迷ってしまいます。ママリにもこんな投稿がありました。

アンパンマンのりんごジュースや、スポロンを1日に何本くらい飲ませてますか?😣
義母が勝手にお菓子やジュースを娘に与えていて飲みすぎじゃないかと心配になりまして。。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
Qooや小岩井りんごやなっちゃん
ジュースは何歳から与えてますか?

果汁100%アップルや
果汁100%オレンジなども
何歳から与えてますか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子ども用のジュースや果汁100%のジュース。離乳食がすすむとパンケーキ作りに使ってみることもある素材です。しかしジュースそのものとなるといつくらいから、どのくらいの量を与えて良いのか難しいですね。

先輩ママはどのくらいから子どもにジュースをあげているのでしょうか。

パッケージに書いてある月齢を目安に

まずは「ジュースはいつから与えてよいか」という疑問については、パッケージに書いてある月齢を目安に、おおくの先輩ママが1歳をすぎたら…とコメントを寄せていました。

あまり早くからジュースをあげると、お茶など味の薄いものを飲まなくなる…という声もありました。

上の子は2歳すぎたら
下の子はもうあげてます

週一くらいです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちは薄めて1歳ぐらいから
あげてます(*'▽'*)✌🏻
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちは1歳で解禁でした😂
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ママリに投稿された先輩ママの声では1歳をすぎてからジュースをあげるようになったという声がおおくみられました。

ただジュースの種類のよっては飲み始めの月齢はもう少し小さくでも大丈夫なものもあるようなので、家庭の状況によって保護者が判断しましょう。たとえば「幼児のみもの」シリーズを展開しているグリコでは、子ども用の飲み物ついて次のように案内をしています。

果汁製品は生後6ヵ月頃から、その他の製品は生後1歳頃からお飲みいただけます。 ※1

グリコの幼児のみものシリーズには、先ほどご紹介したように案内がありますが、明治乳業から販売されているアンパンマンパッケージのジュースには対象月齢・年齢の表記は特にありません。

果汁100%ジュースに限らず、野菜ジュースも糖分やナトリウムの摂りすぎに注意して離乳食の進め方を参考にするようにしましょう。もちろん、虫歯予防のため、ジュースを与えたらその後の歯磨きはしっかりとしましょうね。

出典元:
野菜ジュースも優秀な調味料に。料理に活用したときの味の違いとは?

関連記事:

野菜ジュースも優秀な調味料に。料理に活用したときの味の違いとは?

最近では、野菜ジュースを使った料理がレシピサイトなどで取り上げられるよ…

ジュースをあげる機会は比較的少なめ

子どもにジュースをあげると、おおくの子どもはジュースを大好きになっておねだりすることもあるでしょう。しかし親としては虫歯や糖分の摂りすぎも気になるので「どのくらいなら与えて大丈夫なのだろう」と心配になりますね。

ここでは先輩ママが子どもにジュースをあげている頻度をご紹介します。

日曜とかに出かける時とかに
買ってます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
100%ジュースは1歳3ヶ月くらいから外出時のみあげました!Qooなどは1歳半以降100%ジュースがない時にあげるくらいです😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
一月に1回くらいです。
出掛けた時とか
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
3日に1回とか頑張ったご褒美のみです!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

特別な事情がない限り、ママリに投稿された先輩ママのコメントでは「3日に1回」、「1週間に1回」、「お出かけの時だけ」という頻度でした。

子どものジュースをはじめ、離乳食についての記事をもっと読みたい方は、下記よりごらんください。

離乳食の記事をもっと読みたい方はこちらから

おすすめの子ども用ジュース5選

ジュース amana images

量や頻度に注意すれば子どもが喜ぶジュースの時間。喜ぶ子どもを見るのはママパパもうれしいものですよね。しかしスーパーやドラッグストアにはたくさんの種類の子ども向けジュースがあるので、どれがいいのか迷ってしまいます。

そこでここからは子ども向けのおすすめジュースを5つ、厳選してご紹介します。

1.明治アンパンマンやさいとりんご

明治アンパンマン やさいとりんご 125ml×3 12本入り

明治の販売している「それいけ!アンパンマン」シリーズの「やさいとりんご」です。このシリーズは果汁100%のシリーズやイチゴオレ、ヨーグルト味のものなどいろいろな種類が展開されています。

1パック125mlと量が少なめなので、小さい子どもにも飲めるのがうれしいですね。紙パックなのでゴミの処理にも困らないのはありがたいポイントです。

小さな子が遊ぶ施設などではアンパンのメロディが流れる自動販売機に置かれていることもあるので「お出かけの時の特別」にしやすいかもしれませんね。

2.グリコ 幼児のみもの

グリコ 幼児野菜&フルーツ 4P 6パック

6か月ころから与えることのできる「幼児野菜&フルーツ」。グリコの「幼児のみもの」シリーズも明治のアンパンマンシリーズと同様、いろいろな種類が出ています。例えば果汁100%のりんごジュースや、乳酸菌飲料など。

こちらは内容量が100mlとアンパンマンシリーズよりやや量が少なめですが、紙パックでありながらパッケージがやや硬めの作りなので子どもが「ぐしゃ」っとしにくいのがポイント。ストローも細めで小さな子にも与えやすいですね。

3.ピジョンりんご100

pigeon りんご100 125mlx3

濃縮還元果汁100%ジュースです。砂糖不使用・着色料・保存料・香料無添加が嬉しいポイント。与えることができる目安の月齢も5か月ころからと小さい子でも飲むことができます。兄姉と同じジュースをあげられる感じなのもうれしいですよね。

4.カゴメ 野菜生活100幼児用りんご味

カゴメ野菜生活100 国産100% やさいとりんご100ml

ママパパのなかでも好きな人がおおい「野菜生活」シリーズの子ども向け飲料です。砂糖・食塩・甘味料不使用なのは子どもに与える際にも安心ですよね。

幼児に必要な1日分の野菜70gが入っているのも「野菜嫌い」の子を持つママパパにはうれしいポイントですね。

5.伊藤園 こども充実やさい

伊藤園 こども充実やさい 紙パック (100ml*3本)*6個

お茶や青汁で有名な伊藤園から販売されているのが「」です。にんじん、レタス、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、三つ葉といった野菜がたっぷり入っています。

果汁はりんごとうめなので、すっきり飲めるのがうれしいですね。1本あたり100mlなので飲み切りサイズ。野菜不足になりそうな時にも重宝しそうですね。

ジュースは適量を飲ませてあげましょう

コップ 子供 PIXTA

ジュースはお茶やお水にくらべると甘いですし、風味もあるので与えると与えた分だけ飲んでしまう子もいるかもしれませんね。

しかしこの記事でもご紹介したように、ジュースは与えすぎれば糖分や塩分の摂り過ぎになってしまいます。子どもの健康を守りつつ、親子で楽しい食事・おやつ時間をすごすためにも、与えすぎには注意しましょう。

また5~6ヶ月の離乳食期には湯冷ましなどで薄めてあげるよう書いてある商品もあります。そうしたものを飲ませたい場合には指示に従ってください。

「美味しく飲んでいる姿を見るとついあげちゃう」「お茶は飲まないけどジュースなら飲むからついあげてしまう」などの事情はあるかと思いますが、子どもの健康を第一に考えて、適量を飲ませてあげてくださいね。

外食や大人と同じごはんは危険!乳幼児の塩分取り過ぎに注意!

関連記事:

外食や大人と同じごはんは危険!乳幼児の塩分取り過ぎに注意!

離乳食が進むと、大人の料理から子ども用に取り分けができるようになり、外…

おすすめ記事

「ジュース」「子ども」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧