1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. 乳児育児の基礎知識
  5. 一人っ子や末っ子の赤ちゃん返り、甘えさせてもいい?先輩ママの体験談

一人っ子や末っ子の赤ちゃん返り、甘えさせてもいい?先輩ママの体験談

赤ちゃん返りがあるのは、きょうだいが生まれたときだけではありません。例えば引っ越しや入園など、子どもによってきっかけはさまざま。この記事では、きょうだいの誕生以外でわが子が赤ちゃん返りしたという先輩ママの対応方法をお伝えします。「下の子が生まれたわけでもないのに、わが子が赤ちゃん返りしているみたい…」と感じている方は参考にしてくださいね。

PIXTA

きょうだいの誕生以外で赤ちゃん返りをしたときの対処法は?

環境の変化などによって、幼児期の子どもが赤ちゃん返りすることがあります。

自立に向かいつつ、まだまだ親に甘えたい気持ちが強い時期。自分でできていたことを「ママやって」と甘えたり、もう卒業した哺乳瓶やおしゃぶりを欲しがったりすることがあるようです。

ここからは先輩ママの声をもとに、きょうだいの誕生以外をきっかけにした赤ちゃん返りの対応方法をお伝えします。

1. 突き放さず、子どもの好きにさせる

抱っこ 2歳 PIXTA

2歳半頃にあって焦りました😅甘えたいなら好きにどうぞ、後追いするならついてきてどうぞって好きにさせてたら1ヶ月くらいで落ち着きました😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんのようになると親としては成長したのが後戻りしたようで「しっかりして」と言いたくなるかもしれませんが、突き放さずに好きなようにさせるという声があります。

しばらくしておさまったのなら、赤ちゃん返りした自分を親が受け入れてくれたことで、子どもの心が落ち着いたのかもしれませんね。

2. 赤ちゃんごっこに付き合う

赤ちゃん こども PIXTA

たまに赤ちゃん抱っこして〜や、ハイハイ、おもちゃのミルク飲ませて〜など赤ちゃん返り?などしてます!
なので、その時はおっきい赤ちゃんだねぇ〜とこちらものってあげてます😂😂
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

遊びの一つとして甘えさせてあげるのも手。親がおおらかに接していると、子どもは安心できるでしょう。

赤ちゃんごっこをするうちに「自分は本当はもっとお姉さん(お兄さん)だもん」という気持ちが芽生えれば、赤ちゃん返りするシーンが少なくなりそうです。

3. 大事な時期だと考えて向き合う

仲良し ママ PIXTA

祖母が言うにはそういう時期あるよって言ってました😅
甘えたい時に甘えさせてやって抱っこせがむなら少ししたら子どもは安心するから
大事な時期やからその時期大事にしなさいと言われ付き合ってます
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「成長の過程で大事な時期」として考えて向き合うという声がありました。祖母からのアドバイスだそうです。

ずっと続くわけではなく期間限定。そして今が大事なときだと考えると、割り切って甘えさせる気持ちになれそうです。子どもが甘えてくる期間は、大人になるまでの期間のうちほんの一部だからこそ、じっくり向き合うのも素敵な方法ですね。

4. 「今だけ」と考えて要求に応じる

哺乳瓶 amana images

娘ですが、ごっこ遊びしながら自分も赤ちゃんになっちゃったーと哺乳瓶で飲みたがります。(中略)
今だけだと思うし、否定するとイヤイヤ全開なのでやりたいだけやらせてますよ。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

否定せずに、やりたいように要求に応えているという声です。2歳ごろならイヤイヤ期も赤ちゃん返りと重なり「ダメ」と否定すると大泣きしたり、かんしゃくを起こしたりする子もいるかもしれません。親がストレスを感じないためにも、多少許容範囲を広げて要求に応えるのも手ですね。

赤ちゃん返りもイヤイヤ期も、真正面から向き合い続けるのは大変。「ここまでは諦める」という目安を決めておくと、親は楽になれそうです。

5. イライラする自分を否定せず、子どもには愛情を伝える

3歳 抱っこ 親子 PIXTA

2歳でやっと卒乳できたかも思いきや、1週間後くらいから、「10秒だけ…!!」とか懇願してきてオッパイも微妙に再開してますし、ごはんも同じく自分で食べられるのにしょっちゅう「ママのとこ行く!」と言って甘えてきます。抱っこなんてそりゃもう大好きです笑
(中略)イライラもしてしまいますが、その分、愛情いっぱい伝えて甘えたいだけ甘えたらいいと思って甘えさせてあげることにしてます😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「甘えたらママはいつでも愛情をくれる」と思うと子どもは安心できそうです。

甘えたい気持ちに応え続けるとイライラすることもあるかもしれませんが、そんな自分を「イライラしてダメな親だ」と思うとつらいもの。イライラする自分の思いも否定せず、子どもには愛情を伝えて甘えさせると決めて付き合えたらよいですね。

期間限定の甘えん坊を、楽に受け止めよう

仲良し ママ 子ども PIXTA

赤ちゃん返りはきょうだいの誕生以外でも起こり得ます。そのようなとき、先輩ママたちはさまざまな方法で子どもの気持ちを受け止め、赤ちゃん返りの時期を乗り切っていたようです。

「できていたことができない」「卒業した哺乳瓶を使いたがる」など、親としては心配になるかもしれませんが、ほかの子どもも通ってきた道です。焦らずに、甘えたがる子どもの姿をおおらかに見守れるとよいですね。

おすすめ記事

「赤ちゃん返り」「対応」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧