1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 幼児育児・子育ての基礎知識
  5. 2歳児の食べむらにぐったり…食事の悩みを減らすポイントは?

2歳児の食べむらにぐったり…食事の悩みを減らすポイントは?

2歳ごろの子どもは偏食や食べむらが多く、親が手を焼きやすい時期です。子どもが食べてくれるように好きなものを作っても「イヤ!」」とはねのけられると、やり切れない気持ちになりますよね。毎日欠かさずやってくる食事タイムは、できればイライラせずに穏やかな時間にしたいもの。この記事では、ある2歳児の例をもとに、食事の悩みを減らすポイントについてお伝えします。

ⓒママリ

2歳児の偏食や食べむらに悩んでいませんか

2歳ごろの子どもによく見られる、食べむらや偏食。「ご飯だけ食べたら?」と好きなものだけでも食べるよう促しても、言うことを聞かないことがあるでしょう。食事を取らないと栄養不足になるのではと不安になり、対応に疲れている親は少なくないかもしれません。

親の苦労をよそに、思うように食事をしてくれない2歳児と向き合うのは、なかなか大変ですよね。

2歳の食事問題に悩んでいる親は多い

ⓒママリ

2歳児の食事に関する質問は、ママリにもたくさん寄せられています。例えば「保育園では完食するのに家では食べない」「好きなものを出しても、気分次第で一切口にしてくれない」などです。

家庭によって悩みは異なりますが、食べないことに関する悩みという点で共通しています。

2歳児の食に関する悩みを減らすポイント

「食べたくない」となると気持ちを切り替えにくい時期の食事のポイントは、大きく分けて2つあります。

1. おなかがすくリズム作り

ⓒママリ

食事の時間になっても食べる気にならない、あるいは他のことが気になってしまう場合は、おなかがすいていないかも。20~30分待っても食が進まないときは、食事を出しっぱなしにせず下げましょう。また、おやつは時間を決めて出すようにし、食事との間隔をしっかりあけてくださいね。

そして、おなかをすかせるためには運動も大切。しっかり体を動かしてエネルギーを発散させましょう。

出典元:

2. 食事の雰囲気作り

ⓒママリ

食事の時間が子どもにとって楽しいように工夫するのもポイントです。毎食「食べないとダメ」「どうして食べないの?」とネガティブな声掛けをしていると、食事がつまらなくなり、余計に食べる意欲をそいでしまうかもしれません。

ポジティブな時間にする例として、盛り付ける量を減らして完食させ「食べきれたね!」とほめてあげるのも一つの手。また、親がおいしそうに食べる、家族みんなで集まって食べるなど、親やきょうだいが食を楽しむ姿を見せるのも良いでしょう。

出典元:

食事の悩みを減らす方法を見つけよう

ⓒママリ

2歳児の食事の悩みは、すぐに解決するのがなかなか難しいもの。食べない理由が「おなかがすかない」「食べる気分ではない」など複数あったり、その日によって機嫌が違ったりするためです。親としては栄養不足が心配になりますが、今は1日のうちどこかで栄養摂取できていれば大丈夫かな、と少しおおらかに捉えると気持ちが楽になるでしょう。

ここからは、保育園栄養士に聞いた2歳児向けの食べさせテクと、先輩ママの食事時間の工夫術をお伝えします。取り入れられそうなテクニックは試しながら、食べない時期を気負わずに乗り切っていきましょう。

2歳の食事拒否、一口でも多く食べさせたい!保育園栄養士直伝テク3つ

関連記事:

2歳の食事拒否、一口でも多く食べさせたい!保育園栄養士直伝テク3つ

2歳ごろに親を悩ませるイヤイヤ期。この時期は食事の面でもイヤイヤをする様…

食べないイライラが減る!2歳児の食事時間を楽にするテク5選

関連記事:

食べないイライラが減る!2歳児の食事時間を楽にするテク5選

2歳ごろの子どもについて「偏食がひどい」「気分次第でご飯を食べない」など…

イラスト:あむち

おすすめ記事

「2歳」「食べない」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧