1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. イクメン・男の子育て
  5. 子供のチャンスを奪っていない?「自分でやりたい!」と主張する我が子に親はどこまで手伝うべきか

子供のチャンスを奪っていない?「自分でやりたい!」と主張する我が子に親はどこまで手伝うべきか

(この記事は「FQ JAPAN 男の育児online」から転載したものです)手伝おうとすると、子どもが「自分でやる!」と聞かない......。いつまでも、食事が終わらない時どのように子どもに接するべきなのか、悩んだことがあるパパ・ママは少なくないだろう。そんなときに役立つ、新米パパ・ママにオススメの対応を紹介する。

ⓒFQ JAPAN

心配の押し付け= 子供のチャンスを奪ってしまう

親はよかれと思ってつい先回りして、手を出したり、教えたくなるが、それでは子供の自立に必要な『責任感』を養うチャンスを奪い取ってしまう。

子育てとは、子供の自立を支援すること。アドラー心理学では、なるべく小さい頃(1歳前後)から、子供を子供扱いしないことをおすすめしている。

『小さいからまだどうせわからない』と決めつけずに、『必ずできるようになるから大丈夫』『もし失敗してももう一度やればいいよ』と、子供を信じて待てる親になろう。

ココをマインドセット!

自分で選択できない
責任感のない子

   ↓
失敗を恐れず
チャレンジできる子に

心配を押し付けてしまう親は「なんでちゃんとできないの?」「どうせ自分ではうまくできないんだから、パパがやるよ」となりがち。

信じて待ってあげられる親は「必ずできるようになるから大丈夫だよ」「失敗してももう一度やればいいよ」と子どもを待つことができます。

信じて待ってあげることで、失敗を恐れずチャレンジできる子になるでしょう。

PROFILE

熊野英一(くまの・えいいち)
アドラー心理学にもとづく「親と上司の勇気づけ」のプロフェッショナル。株式会社子育て支援代表取締役。
1972年、フランス パリ生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。メルセデス・ベンツ日本にて人事部門に勤務後、米国Indiana University Kelley School of Businessに留学し、MBA取得。
製薬大手企業イーライ・リリー米国本社及び日本法人を経て、保育サービスの株式会社コティに統括部長として入社。約60の保育施設立ち上げ・運営、ベビーシッター事業に従事する。
2007年、株式会社子育て支援を創業。日本アドラー心理学会正会員。著書多数。最新刊は『アドラー式働き方改革 仕事も家庭も充実させたいパパのための本』(小学館)
熊野先生の最新の動向はコチラ

熊野英一Facebookアカウント

FQ JAPAN vol.52より転載

こんなに家事を頑張っているのに感謝されない…… 新米パパが陥るNG思考とは

関連記事:

こんなに家事を頑張っているのに感謝されない…… 新米パパが陥るNG思考とは

(この記事は「FQ JAPAN 男の育児online」から転載したものです)はりきって家…

ママの料理負担は約9割?男性学の視点で考える『公平な家事バランス』の目指し方

関連記事:

ママの料理負担は約9割?男性学の視点で考える『公平な家事バランス』の目指し方

男性の家事・育児への参加は増えてはいるけれど、料理に関しては女性に負担…

記事提供:FQ JAPAN

おすすめ記事

「育児」「思考」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧