おむつ替えシートは必要?あると便利なおむつ替えシートおすすめ5選

みなさんはおむつ替えのとき、下にシートを敷いていますか?外出先でどうしてもベビールームが見つからないときや知人宅を訪れたとき、おむつ替えシートはとても助かるアイテムです。そんな、いざというときに便利なおむつ替えシートですが、畳やカーペットを汚してしまうと洗うのは大変なので自宅での普段使いもできますよ。ママたちに人気の、おしゃれで使いやすいおむつ替えシートを5つご紹介します!

PIXTA

おすすめのおむつ替えシート5選

最近は赤ちゃん休憩室やベビールームが整ってきたので、おむつ替えシートを持ち歩く必要がなくなってきているかもしれませんが、いざというときにあると助かるのがおむつ替えシートです。

知人宅に訪問した時、きれいな赤ちゃん休憩室が見つからない時など、おむつ替えシートがあれば漏れを心配することなく安心しておむつを替えができますよ。我が家では、子供が下痢をしているときのおむつ替えの時に自宅でもおむつ替えシートが大活躍していました!

あるとなにかと便利なおむつ替えシートのおすすめ商品を5つご紹介します。

1.上品な小花柄がかわいい、ふかふかおむつ替えシート

SOULEIADO(ソレイアード) おむつ替えマット

ソレイアードの伝統の小花柄がかわいいおむつ替えシートです。現在では機械で染められていますが、原版はひとつひとつ手作業で作られており、その洗練された模様が美しいですね。

おむつ替えシートにはウレタンフォームが入ってるのでふかふか。小さくたたんでマジックテープで止められるので、カバンにもすぽっと入れられます。防水加工がしてあるので、おむつ替え中におしっこをしちゃっても大丈夫です。

2.絵本のような遊び心のあるおむつ替えシート

ninita(ニニータ)おむつ替え シート

ninita(ニニータ)は、西脇智代さんというスタイリストの方のブランドです。ninitaとはスペイン語で「可愛い娘、愛くるしい孫娘」という意味があり、流行にとらわれることのない心と思いを大切にしていきたいというメッセージが込められています。

こちらの商品はユニークな動物や童話の1場面が絵になった、おしゃれな柄のおむつ替えシートです。ラミネート加工してあるので濡れても心配いりません。コンパクトにたためる収納ベルトがついていておしゃれですね!ピクニックのレジャーシートとしても使用することができるので、プレゼントにも喜ばれるでしょう。

3.男女問わず使いたくなる!かわいいおむつ替えシート

Hannafula(ハンナフラ)りんごのおむつ替えシート

コンパクトサイズなので、急なおむつ替えに持ち歩きたいおむつ替えシートです。外出先や知人宅でのおむつ替えは汚してしまわないか心配ですし、臭いにも気を使うもの。そんなとき、このおむつ替えシートを使えばみんな和んだ気持ちになること間違いなし!

赤というと女の子向けの商品が多いですが、りんごのシルエットなら男女問わずに使えますね。

4.ポップでおしゃれな形のおむつ替えシート

Patemm(パテム)おむつ替えシート

サンフランシスコのママが考えた丸い形がおしゃれなPATEMM(パテム)のおむつ替えシート。畳んだ状態は四角い形になります。ラミネート加工してあるおむつ替えシートなので漏れる心配はなく、汚れはサッと拭き取れます。

赤ちゃんを抱っこしていても、片手で簡単に広げることができるのが特徴です。内ポケットにはおむつとウェットティッシュを入れることができるので、おむつポーチ代わりにもなり、とても便利です。

5.お昼寝にも使える万能なミニケット

AKOAKO STUDIO万能ミニケット

おむつ替えのシートにはもちろん、お昼寝のケット、お風呂あがりのおくるみ、クーラーの風避け、車の中やベビーカーでのひざ掛け、ママのひざ掛けにも使うことができ、いろんなシーンで大活躍する万能ケットです。

表地は2重ガーゼで手触りが良く、裏地は3重ガーゼなのでふんわりしたクッション性があります。夏は涼しく、冬は温かいのでオールシーズン使えますね。

いざという時のために

おむつ PIXTA

おむつ替えシートは、必ずなくてはいけないかというと、なくても何とかなる育児用品です。ですが、あると便利で手放せなくなるはずです。こうして見てみると、おむつを替えるだけのただのシートではなく、凝ったデザインのものや他の用途にも使えるものもあるんですね。

鞄に入るように携帯に便利なコンパクトになるサイズを選ぶのがおすすめです。好きなキャラクターやブランドにも売っているか確認してみてください。きっと、おむつ替えが楽しい時間に変わりますよ!

今話題の記事

「おむつ替えシート」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧