新生児のベビーシート(チャイルドシート)の種類とおすすめ5選

新生児と車で退院するときから必要なベビーシート。たくさん種類があって、どれを選んで良いか迷ってしまいます。ベビーシートの使い方やコンビやアップリカなど大手メーカーのおすすめのチャイルドシートをご紹介します。使う回数が少ない方はベビーシートのレンタルもあります。賢く選んで、赤ちゃんと楽しく安全におでかけしましょう!

PIXTA

ベビーシートはいつから?

ベビーシートはチャイルドシートの分類のひとつで、乳児を寝かせることが目的とされたチャイルドシートです。対象月齢は生後10ヶ月くらいまで、体重10kg未満とされています。

日本では、道路交通法によって6歳未満の子供が車に乗車する際はベビーシート(チャイルドシート)を使用することが義務づけられています。新生児でも、病院からの退院の際マイカーを利用する場合はベビーシートを使用しなければなりません。

出産直前に慌てて用意することにならないよう、事前に準備しておきましょう。

これって違反?年齢は関係あるの?義務化されたチャイルドシートの着用が子供の命を守ります!

関連記事:

これって違反?年齢は関係あるの?義務化されたチャイルドシートの着用が子供…

チャイルドシート着用が義務化してから15年が経過しますが、日本の普及率は…

出典元:

新生児から使うベビーシートの種類

チャイルドシート PIXTA

新生児から使えるチャイルドシートのタイプと、取り付け方や乗せ方のコツをご紹介します。赤ちゃんが生まれる前にチェックしておきましょう!

新生児から使えるチャイルドシートには、大きく分けて3種類あります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

新生児専用のベビーシート

チャイルドシート PIXTA

新生児から1歳頃まで使用可能です。1年間しか使えないように感じられますが、これからきょうだいが生まれる可能性を考慮すると、上の子が使い終わってもまた使うことができますね。

産院からの退院など、生まれてすぐのタイミングで取り付けて使えます。はじめてのチャイルドシートは乳児専用、もしくは乳幼児兼用タイプを買いましょう。

新生児から幼児期まで使えるチャイルドシート

チャイルドシート PIXTA

新生児から4歳前後までの期間に活用できるチャイルドシートです。乳児専用より長く使えるため、経済的負担が乳児用より少ないというメリットがあります。

赤ちゃんが大きくなるにつれてだんだんハーネスの長さを変更したり、場合によっては取り付けを変更して(ベッドタイプからイスに等)その時の成長に合わせて使う必要があります。

新生児から7歳前後まで使えるチャイルドシート

PIXTA

これ一台あればチャイルドシートの使用義務がなくなる7歳前後までを過ごすことができるため、経済的負担が少ないというのが最大のメリットです。

買い替えの必要がないように感じるのですが、このタイプを購入するときには、下にきょうだいが生まれたときのことを考慮する必要があります。「子どもは1人」という家庭にはよいですね。

おすすめのチャイルドシートはこれ!選び方と人気商品5選!

関連記事:

おすすめのチャイルドシートはこれ!選び方と人気商品5選!

車でお出かけといえばチャイルドシートですね。人気のものでもたくさんの種…

新生児のベビーシートはレンタルもあります

おすすめ PIXTA

チャイルドシートのレンタルは、1ヶ月ごとの価格で見ると購入よりも安価で、赤ちゃんにとってもジャストサイズのチャイルドシートを常に準備してあげられるという点でもメリットがあります。

赤ちゃんはすぐに大きくなるので「旅行や帰省のときしかチャイルドシートは使わない」という方は、チャイルドシートのレンタルサービスを利用するというのも一つの手です。

チャイルドシートレンタルについての口コミ

口コミ PIXTA

抱っこでの移動は地味に体力を奪われて大変だと思うので、そのあたりは臨機応変にした方が良いと思います。あとは、お友達の車に乗ったりご両親の車に乗る時に付け替える手間を考えると、レンタルされるチャイルドシートはもっと軽くて手軽に設置できるタイプをオススメしたいですね。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

チャイルドシートレンタルの場合は、付ける手間を考えると、軽量で簡単に設置できるものがおすすめですよ!新生児なら、新生児から1歳くらいまでの専用タイプが軽くて付け替えも楽です。

出典元:

新生児から使えるおすすめベビーシート5選

新生児 PIXTA

新生児から使えるおすすめのチャイルドシートをご紹介します。それぞれのご家庭の生活スタイルなども考えて、チャイルドシートを選びましょう!

1.コンビ マルゴット BE ランプブラック

コンビ マルゴット BE ランプブラック

安心の国産ベビーブランドコンビ製品です。軽量設計で、簡単に取り付けもできるようです。新生児から7歳頃と長く使えるため、買い替えの必要がないと考えると経済的ですね。

コンビ チャイルドシートの口コミ

娘の出産に際して、前もって購入しました。
国産メーカーの安心感と就学まで買い替え不要で選択。
車への取り付けは、説明書で簡単に完了、わかりやすかったです。
横向きタイプと違うので、車内での圧迫感も感じませんでした。 出典: review.rakuten.co.jp

長く使えるタイプのチャイルドシートは、重いものも多いですが、こちらは、軽量で車への取り付けも簡単で、人気の商品です。

新生児から横向きではなく縦に赤ちゃんを載せることができるので、比較的後部座席が小さな車でも安心して取り付けできます。赤ちゃん連れの外出は荷物も多くなるので、車の中で場所を取らないのは嬉しいですね。

2. コンビ グッドキャリー

コンビ グッドキャリー YW

新生児から1歳ごろまで使えるチャイルドシートです。使える期間は短いですが、軽量で簡単に取り外しができるので、移動が多いママにはおすすめです!

コンビ グッドキャリー YWの口コミ

赤ちゃんを起こさずに移動出来るので、眠いのに起きた!などがなく良いですよ(^^)!車への取り付けも楽々です!
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

車の中で気持ちよく揺られて、赤ちゃんが寝てしまった!というのはよくあることですが、そのままベビーキャリーとして車の外へ移動できるので、赤ちゃんを起こさずに楽に移動できますね!

3.アップリカ フラディアシリーズ

Fladea フラディア ラクート  プレミアム プレミアムブラウン BR

からだをまっすぐに支える、平らなベッド型です。赤ちゃんの成長に合わせて頭部.胸部.姿勢を守る「マモールメディカルシート」がついていることで、頭や腰を赤ちゃんにとって無理のない姿勢に保ってくれます。日差しが強いときに赤ちゃんを守るフレックスシェードも、赤ちゃんの安眠空間を作ってくれます。

新生児から4歳頃まで、3ステップで子供の成長に合わせたスタイルで使用できます。しっかりとした広々設計で、そのままオムツ変えもできて便利です。

アップリカ フラディアシリーズの口コミ

今は軽のNボックスに乗っているので、寝かせたら狭いですが、以前オデッセイに乗っていたときは、寝かせても椅子と椅子の間の通路?が通れなくなるだけで、全く狭くなかったですよ♩
窓の方を向いて寝かせていると、日差しが気になるので、日よけも大活躍しています💓
オムツ替えもできちゃいますよ💓
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

新生児の頃はベッド型なので、車種によっては、車内が少し狭くなってしまいますので、実際に車に乗せてみるなどして検討するとよいでしょう。陽射しが強い時は、日よけが便利ですね!

4.アップリカ ディアターン プラス

アップリカ ディアターン プラス

新生児の頃は平らなベッド式にできるアップリカです。頭から爪先まで守る柔らかなクッションで赤ちゃんもすやすやと眠ってくれます。

回転させるのも片手で軽くできます。赤ちゃんを抱っこして車に連れてくるママのことをよく考えられていますね。

アップリカ ディアターン プラスの口コミ

アップリカ使ってます(^^)
首座ってからは横向きで窓の方に向けて、シートを起こして座らせてます。
3〜4カ月の間でギャン泣きし始めた時期があったので、起こすようになってからは落ち着きました!
ドアのうえの取っ手にメリーを下げてるのでジーっとそれを見つめてます♪
乗せた時に眠そうな時は予めシートを倒していますが、座ったままでもシートベルトのおかげか、シートにすっぽりはまってるせいか、首がガクッとなってる事はないのでそのまま寝かせてます!
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

新生児の身体には安心の柔らかいクッションをシートに採用しているので、衝撃にも強く、赤ちゃんも気持ちよくてゆらゆら寝てしまうようです。赤ちゃんの成長に応じて3ステップで角度を変えられる機能も便利です!

5.マムズキャリー レジェ

マムズキャリー レジェ

比較的軽量で、新生児から4歳頃までと長く使えます。大きな魅力は価格です。お手頃価格でチャイルドシートを購入したいと考えている方におすすめです!

マムズキャリー レジェの口コミ

4歳頃まで使用できるのと、価格が1万円しないので購入しました(^^)
使用感はぴったりフィットな感じです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

取り付けも簡単で安定感もあるので、人気のチャイルドシートです。価格もお手頃なので、気軽に購入できますね!

新生児からベビーシートの使用は法律で定められています

ドライブ PIXTA

警察庁のデータによると、チャイルドシートを着用していない6歳未満の子供が事故にあった場合、着用時と比較して、死亡率が約25.7倍になると言われています。

こんな悲しい事故を少しでも防ぐためにチャイルドシートの着用は法律で義務づけられています。ご家庭の車や生活スタイルにあったチャイルドシートを選んで、赤ちゃんと安全に楽しくお出かけしましょう!

出典元:

「ベビーシート」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!