赤ちゃん訪問、新生児訪問はいつ、何をするの?里帰り出産の場合はどうしたらいい?私の体験談

新しく生まれた赤ちゃんの家に、助産師さんや保健師さんが訪ねてくる自治体の制度・サービス、それが新生児訪問。赤ちゃん訪問、こんにちは赤ちゃん事業、など自治体によって呼び方は様々ですが、内容はほぼ共通しています。赤ちゃんの成長のチェック、ママとのお話と相談。私が受けた新生児訪問の体験談とともにご紹介します。

PIXTA

新生児訪問とは?

新生児訪問とは、母子保健法に基づき出産届のもと生まれた赤ちゃんの家に、助産師さんや保健師さんが訪ねてくる自治体の制度・サービスです。赤ちゃんの成長や、ママの心配ごとなどについてじっくりお話ししてくれるんですよ。

私はこれまで里帰り先で1度、自宅で2度の新生児訪問を受けました。その時の様子をお話します。

出典元:

どうやって新生児訪問を受けるの?

保健師 赤ちゃん PIXTA

申し込み方法や訪問時期は各自治体によって異なりますので、HPなどで確認してみて下さいね。

例として東京都江戸川区では、新生児訪問等相談申請表というハガキが母子手帳にあるのでそちらを投函してもらい訪問する形です。また、東京都渋谷区では生後4カ月の新生児・乳児を全て対象としてこの時期に訪問する形をとっています。

出典元:

新生児訪問で行うこと

保健師 PIXTA

では、新生児訪問では具体的に何をするのでしょうか。大きく分けて、2つの側面があるかと思います。

1.赤ちゃんの成長をチェック!

ひとつめは、赤ちゃんが順調に成長しているかのチェックしてくれます。私の場合はまず、赤ちゃんの身長と体重を量りました。担当の助産師さんや保健師さんが専用の器具を持ってきて、優しく細かく計測してくれますよ。

そして、一日当たり何gずつ増えていることになるか、計算をします。その値によって順調に成長していますね、と太鼓判を押してもらったり、もしかしたらミルクを足した方がいいかもしれない・減らした方がいいかもしれない等とアドバイスをしてもらえたりします。

その他にも、赤ちゃんの体のいろいろなことを見て、触れ、問題がないか困ったことはないか、チェックをしてくれます。

2.ママの相談にのってくれます!

女性 相談 PIXTA

ふたつめは、ママとじっくりお話をして、今困っていることや悩み、心配事について、親身になって相談にのってくれることです。

例えば、おっぱいは足りているか。この飲ませ方でいいのか。こんなに泣いているけどいいのか。おへその消毒はどうしたらいいのか。赤ちゃんと出かけられる場所はどこにあるのか。兄弟との接し方はどうしたらいいのか。などなど…

おもちゃや絵本を持参して、赤ちゃんをあやしながらお話をしてくれる自治体もあるようです。頼りになりますね!

新生児訪問とは?目的や観察項目、時期、対応について!お茶は出す?

関連記事:

新生児訪問とは?目的や観察項目、時期、対応について!お茶は出す?

産後出生届けを出した際に新生児訪問についての話をされる事があります。新…

私の新生児訪問体験談!

測定 PIXTA

ここからは、私の体験談をご紹介します。

①第一子、里帰り出産先での新生児訪問利用

新生児 PIXTA

私は初めてのお産を里帰り先で迎えました。初めての赤ちゃんで、病院から退院したあとの右も左も分からない時期、1日ですらとても長く長く感じるのに、1ヶ月健診の予約日なんて、もっともっと先の遠い遠い日に思えたものです。

それまでの間、本当に赤ちゃんは順調に育っているのか確かめるために、ぜひ新生児訪問を受けたいと思っていました。

ところが、私と赤ちゃんの住民票があるのは東京都立川市。今いるのは東京都大田区。自治体が違います。新生児訪問、受けられるのか…?

電話で問い合わせをしてみると、まずは今いる大田区で新生児訪問を受け、自宅へ戻ったら、立川市の新生児訪問を受けるよう勧められました。

そこで、まずは大田区の新生児訪問を受けました。出生後21日目のことです。助産師さんとお話をしたり、その間に赤ちゃんが泣いたら授乳をしたりして、その様子も見てもらったりしました。

赤ちゃんの体重を量ると、退院時より、1日あたり51gずつ増えていて、完全母乳でしたが大変立派!と太鼓判。これは、母子手帳の「晩期新生児期」のページに記録されています。

それまでは、赤ちゃんが泣きやまないと、「少しミルクを足した方がいいのかな…」と不安に思うことがありましたが、その日以来もうミルクのことで迷うことはありませんでした。

②自宅での新生児訪問

新生児 PIXTA

さて、生後3ヶ月が目前となった頃、立川市の自宅へ戻ることになりました。実家には家族がいましたが、これからは日中一人きり。なんでも自分でやらなくては、と不安な心境ながら、がんばるぞ、と気負う気持ちもありました。

そんな中、初めて迎えるお客様が、このときの助産師さんでした。張り切って掃除をし、紅茶を用意してお出ししました。

その方は、お茶には手を付けずに帰られましたが、「きれいにされているんですね。お気遣いありがとう、がんばっているんですね、偉いわ」等褒めてくださいました。

当時、私は、「赤ちゃんがいる生活」のことを「とても大変な一大事業にかかりきりになっている」という実感があったのですが、それでもなんとか普通の業務がこなせたかな、とほっとして、なんだか自信をもてたきっかけになった気がしています。

この時、長男はベビーベッドに寝かせていました。当時、日中ベッドに置いておくと、自分で何か声を出しながらげんこつをしゃぶり、そのうち一人で寝てしまうのが長男のパターンでした。

「いい子ね、みんながみんなそうじゃないのよ。寝かしつけにとても苦労しているおうちもたくさんあるのよ。なんていい子なの。」と言ってもらいました。

我が子の他に知らない私なので、これまでは長男の寝る様子について普通のことと思っていましたが、そう言ってもらうと、長男のことが誇らしく、またラッキーに思えて、以後そんな長男の様子を見るたび明るい気分になりました。これもよかったこととして記憶に残っています。

小さな赤ちゃんがいて、なかなか外へ出て誰かとおしゃべりをしたりすることがない時期、こうして他人に褒めてもらうことが、どれほど心強く、励みになったことか。

また、事前の電話連絡の際、気になっていることがあるか聞かれたので、赤ちゃんと一緒に出掛けたり、ママ友を作って交流したりしたいと思うことを伝えていました。

すると当日、近所にある赤ちゃん広場やサークルについてのリストを貰うことができて、よかったです。

③第二子の新生児訪問

兄弟 PIXTA

長男と二歳半差で次男が誕生しました。次男は24日目での新生児訪問となりました。

この頃は、赤ちゃんや育児についての心配事はほとんどなかった私。それよりも、わんぱく盛りの長男の言動にヒヤヒヤしたり思い悩んだりすることが多かったです。

助産師さんは、そのことにも親身になってお話を聞いてくださいました。また、長男を抱っこしたり、絵本を読んであやしたりして、「お兄ちゃんになったのね。よかったわね!」と相手をして、長男の気持ちをほぐしてくださったのを覚えています。

プロの力を独り占め♪上手に利用して

健診 PIXTA

新生児訪問では、その道の専門の助産師さんや保健師さんが、うちの赤ちゃんと、ママのためだけのために、家に来てくれるサービスです。

遠慮せずに、何でも相談しましょう。きっと、その後の育児の支えとなるはずです。私のように、里帰り中でも実施してくれるところもありますから、ぜひ相談してみてくださいね。

まずは、申し込み方法について、確かめてみてください。私の友達は、来ないなー来ないなー?もう4ヶ月になるのにおかしいな?と思っていたら、申し込みを忘れてしていなかった、ということがありました。

申込書が妊娠時に役所からもらうセットの中に入っていて、そんな昔のことすっかり忘れていた、というケースも結構あるそうですよ。

上手に利用して、安心して育児のスタートができますように!

今話題の記事

「新生児訪問」「里帰り」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧