車のチャイルドシート、ジュニアシートの選び方とおすすめ

子どもができたら必要になる代表的なベビーグッズの一つチャイルドシート。特に車でよく買い物などに行かなければならない家族には必需品ですよね!でも、たくさん種類があってどれがいいのかよく分からないそう悩んでいるママも多いのでは?たくさんある種類をタイプ別に紹介しますので、購入を考えているママ必見です。

PIXTA

車に装着するチャイルドシートってそもそもどんなもの?

チャイルドシートはお子様の命を守るための安全装置です。現在の法律では6歳未満の幼児に着用が義務付けられています。車に赤ちゃんや6歳未満の子供を乗せる際には必ず付けなければなりません。

車に乗るときにはしっかり守ろう!チャイルドシート装着場所

ドライブ PIXTA

安全面を考えて車の中でのチャイルドシートの装着場所は決められています。下記に挙げる4つの場所は避けましょう。

  • エアバックの付いている座席
  • シートベルトの付いていない座席
  • 進行方向に対し横向き、後ろ向きの座席
  • チャイルドシートを取り付けると運転に支障をきたす座席(ルームミラーやサイドミラーが見えなくなるなど)

お子さんの顔が見えるようにと助手席にチャイルドシートを取り付ける方もいますが、助手席はとても危険です。エアバッグがふくらむ衝撃でお子さんが怪我をする可能性があります。学童用シートでも助手席には座らせず、なるべく後席に乗せるようにしましょう。また、6歳になったからとすぐに大人のシートベルトに変えるのではなく、大人のシートベルトできちんと体が固定される140㎝ほどの身長になるまでは学童用のシートを取り付けておきましょう。

座らせる場所は、後の席のシートベルトがある席に取りつけましょう。

嫌がる赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるにはどうする?体験談や原因・対処法とおすすめの便利グッズ4選

関連記事:

嫌がる赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるにはどうする?体験談や原因・対処…

赤ちゃんとのお出かけに便利な車!しかし、チャイルドシートを嫌がる赤ちゃ…

出典元:

車に装着するチャイルドシートの種類にはどんなものがあるの?

チャイルドシート PIXTA

車に装着するチャイルドシートには大きくわけて4つの種類に分けられます。

  1. 生まれてすぐから1歳前後まで 新生児・乳児用ベビーシート
  2. 1~4歳まで 幼児用チャイルドシート
  3. 3~4歳以降 学童用ジュニアーシート
  4. その他(兼用のもの)

それでは様々な種類のあるチャイルドシートの違いをじっくり詳しくみていきましょう。

出典元:

1:乳児用ベビーシート

チャイルドシート PIXTA

生後0ヶ月~1歳前後まで使用できるチャイルドシートです。特徴は、進行方向と後ろ向き、両方に装着して使用できる点です。体重0~13kgまでで、生まれてすぐ~1歳ごろまで使うことができます。

進行方向とは逆の後ろ向きに取り付け、背もたれは45度程度になっているタイプが多いです。事故の衝撃を和らげるため、後ろ向きの椅子型。装着を外せば、キャリーやラックとしてそのまま使用ができるものもあります。

現在、アップリカでは寝かせるタイプの乳児用チャイルドシートを販売していますが、基本的にはどのメーカーも椅子型を販売しています。

出典元:

2:幼児用チャイルドシート

子供 車 PIXTA

生後9ヶ月~1歳頃から4歳頃まで(体重9~18kg)の子供に使用するチャイルドシートです。進行方向前向きで使用し、5点式ハーネスでしっかり固定します。

進行方向と同じ前向きなので子どもの視界が変わり、ご機嫌に乗ってくれるようになることもあります。幼児用チャイルドシートは車のシートベルトで座席に固定をします。乳児から幼児へと体格も大きくなり、動きも出てくるので、しっかりと固定することがこのタイプのチャイルドシートの大切な要素です。

3:学童用ジュニアシート

子供 車 PIXTA

3、4歳~の子供が大人のシートベルトが使えるようになるまで使用するチャイルドシートです。車のシートベルトを直接子供に使用します。大きく分けて2種類のタイプがあります。

  • 背もたれ付きジュニアシート
  • 座面だけのブースターシート

背もたれ付きジュニアシート

3才から11才頃まで長く使えるジュニアシートです。背もたれは取り外しすることもでき、成長に合わせて2段階で使用することができます。

座面だけのブースターシート

背もたれがないジュニアシートです。座布団のように簡単に取り外しでき、大人のシートベルトをつけて使用します。安価ですがサイドからの衝撃に対応できなかったり、動き回ろうとすると簡単に外れてしまうのが心配なポイント。ある程度落ち着いて座っていられる子に装着するのが良いでしょう。

4:その他

兼用になっているチャイルドシートをご紹介します。

乳児・幼児兼用のシート

新生児から8歳頃まで長く使えます。新生児の時には後ろ向きに使用し、大きくなったら前向きに変更します。チャイルドシートは価格が高めなので、長く使えると経済的で嬉しいですね。

子供の安全をしっかり守ろう!

運転 PIXTA

今回種類別にチャイルドシートを見てきましたが、どれもメリット、デメリットがあるようです。ご家庭の用途や重視すべき点を考えながら選びましょう。

価格、目的は各ご家庭によって違います。しっかり検討の上、車内でのお子様の安全を一番に重視して決定してください。そして使い方を誤ると、せっかくの安全が確保できません。取り扱い説明書や、事前説明をしっかりと受けて正しく装着してください。

「チャイルドシート」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧