生後1ヶ月の赤ちゃんはお風呂に毎日入れる?お風呂の入れ方と注意点

生後1ヶ月ごろから、赤ちゃんは大人のお風呂に入ることができるようになります。初めての親子一緒のお風呂、どうやって入ればいいのかわからないときは緊張しますよね。この記事では、そもそも生後1ヶ月の赤ちゃんは毎日お風呂に入る必要があるのか、というところから、お風呂の入れ方、その際気を付けたいポイント、泣いてしまった場合の注意点などを、順を追って紹介します。

PIXTA

生後1ヶ月のお風呂は毎日必要?

生後1ヶ月頃から、赤ちゃんはベビーバスを卒業して大人と同じお風呂に入り始めます。その際、まだ自分で動きまわることもない赤ちゃん、毎日入浴する必要はないと思うかもしれません。

動きまわらないとはいえ、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので汗をかきやすいのです。握ったこぶしの中に糸くずがついていたり、首のしわなどに皮脂が溜まっていたりすることもあるでしょう。そのためお風呂で洗い流して、清潔に保つ必要があります。お風呂には毎日入ったほうがいいといえます。

お風呂に入れる際の注意点

赤ちゃん お風呂 PIXTA

赤ちゃんの様子に合わせて、機嫌がよい時間帯に入れるようにします。負担がかからないよう、湯船に長時間浸かるのは避けましょう。

お湯の適切な温度は季節にもよります。夏は38~39度と少しぬるめで、お湯が冷めやすい冬は40度前後、いずれも大人が入る温度よりは少しぬるめを意識してください。また、事前に湯船のふたを開けて、浴室内を湯気であたためておくとよいでしょう。

生後1ヶ月のお風呂の入れ方

湯船 PIXTA

一人のときよりやることが増える、赤ちゃんと一緒のお風呂。主なコツは、脱衣所にあらかじめ赤ちゃんの着脱スペースをつくっておくことと、ママが先に体を洗うことです。以下では、順を追って紹介します。

1.脱衣所に着脱スペースをつくる

バスタオル PIXTA

お風呂に入る前から、赤ちゃんとのお風呂タイムは始まります。脱衣所にマットやバスタオルを敷き、お風呂から上がったら湯冷めする前にすぐに服を着せられるようにします。替えの服やおむつを脱衣所に常備しておくと便利です。

下に敷くマットやバスタオルは、赤ちゃんが冷えたり痛くなったりしないように何枚か重ねると良いでしょう。

2.先にママの体を洗う

泡 PIXTA

湯船のふたを開けて浴室内に湯気がまわるようにします。脱衣所の着脱スペースに赤ちゃんを寝かせ、自分は一足先にお風呂に入ります。少し慌ただしいのですが、短時間で体を洗ってしまいましょう。

赤ちゃんを待たせている間、脱衣所が寒いようならバスタオルなどをかけてあげるといいでしょう。ドアを開けておくと、赤ちゃんもママもお互いの姿を確認することができ、安心ですね。

3.赤ちゃんの体を洗う

赤ちゃんを洗うときは太ももに乗せ、利き手でない方で首を支え、利き手で身体を洗ってあげるとスムーズです。ひざの上で横抱きにしても洗いやすいでしょう。首すわり前で片手で支えるのが不安なら、お風呂マットやバスチェアを使うという手もあります。

体を一通り洗ったら湯船のお湯かシャワーでさっと泡を洗い流します。シャワーを使うなら、お湯の出る勢いには気をつけて。肌をいたわるように優しくすると赤ちゃんも心地良いでしょう。

4.一緒に湯船につかる

赤ちゃん お風呂 PIXTA

赤ちゃんを抱き上げ、縦または横向きにして、一緒に湯船につかります。足からゆっくりと、胸のあたりまで入れてあげるとスムーズにつかることができるでしょう。

子供と一緒に湯船につかるときは、スキンシップができる大切な時間でもあります。ぜひ赤ちゃんと向かい合って、ママの温もりを伝えてあげてくださいね。

5.体を拭いて服を着させる

ベビー服 PIXTA

お風呂からあがったら脱衣所に用意しておいたバスタオルで赤ちゃんの体をふき、湯冷めしないようにくるみます。次に、ママも急いで体をふきます。

脱衣所が寒くなければその場で着替えてもよいですが、もし冷えるようならリビングに移動してからにすると、あわてずに服を着せることができます。

買って損ナシ!赤ちゃんと入浴時の便利グッズ!

関連記事:

買って損ナシ!赤ちゃんと入浴時の便利グッズ!

赤ちゃんとのお風呂は大変!毎日のことだから、なるべく楽しく快適にバスタ…

リラックスして、幸せなバスタイムを

赤ちゃん お風呂  PIXTA

慣れていない間は「手をすべらせたらどうしよう」「痛がったらどうしよう」と不安になることも多いでしょう。でもママが緊張したり不安になったりすると、それが子供にも伝わってしまうかもしれません。

よく考えると、子供と一緒にお風呂に入れる期間なんて、ほんのわずか。素肌で触れ合える限られた時間を思い切って楽しんでみませんか。

最初は慣れなくても、徐々に自分なりのやりやすいお風呂の入り方がわかると思います。その際はリラックスして、幸せな親子のバスタイムを過ごしてくださいね。

「生後1ヶ月」「お風呂」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧