生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴とは?身長と体重や泣き声の使い分け

生後4ヶ月の赤ちゃんは、首もすわり始めて表情も少しずつ豊かになってきます。体全体を動かすことを楽しんだりおもちゃをしばらく持っていられるようになったり、出来ることが増えてきます。パパやママと遊ぶことが大好きで笑顔を見せてくれるなど可愛さも倍増。そんな生後4ヶ月の赤ちゃんの子育てに関する知識をまとめてみました。

PIXTA

生後4ヶ月の赤ちゃん

首が安定して、縦に抱いてもぐらつかなくなってくる4ヶ月頃の赤ちゃん。喃語の種類も増え「あ~あ~」「キャーキャー」など声を出すようになってきます。

首が据わるとうつぶせで遊べるようになる子もいて、遊びの幅が広がりますね。歯が生え始めてくる子もいますが、一般的には7ヶ月頃からなのでまだ心配する必要はありませんよ。

身長・体重の目安

  • 男の子…身長:59.9cm~68.5cm  体重:5.7kg~8.7kg
  • 女の子…身長:58.2cm~66.8cm  体重:5.4kg~8.2kg

4ヶ月頃になった赤ちゃんは首や手足、背中の筋肉も発達してきます。赤ちゃんのわきの下を支えてひざの上に座らせると、自分では座ることができませんが、ちょこんと安定していられるようになります。また、ひざの上に乗せて赤ちゃんの胸のあたりを手で支えながら立った姿勢を取らせると、足をぴょんぴょんとさせて遊ぶ子もいます。

また、昼夜の区別が付き始めて、夜に少しまとめて寝てくれるようになる子もいますよ。

出典元:

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴

4ヶ月 PIXTA

ここからは、生後4ヶ月の赤ちゃんの詳しい特徴についてご紹介します。3ヶ月の頃と比べてどんなところが成長してくるのでしょうか。

手に触れたものをつかむことができます

ガラガラなどのおもちゃをつかみ、口に運んで確かめることができるようになります。自分の指も口に運んで確かめるため、指しゃぶりがスタートすることがありますが、無理にやめさせなくて大丈夫です。

また、なんでも口に入れてしまうので、口の中にすっぽり入ってしまう小さすぎるものは避けましょう。玩具を選ぶ時は拭いたり洗ったりできて、いつも清潔にしておけるものが良いでしょう。

「ほほえみかけ」ができるようになります

生後4ヶ月の赤ちゃんは、パパママと気持ちの交流をする力が育ってきます。3ヶ月頃まではパパやママが微笑みかけるとそれに返してほほえむ「ほほえみ返し」ができましたが、4ヶ月では自らパパやママを見て笑う「ほほえみかけ」が始まります。

このほほえみかけこそが、乳児期後半にある後追いや喃語を使ってコミュニケーションをする原動力であるといわれます。赤ちゃんの可愛らしいほほえみかけを見ると、ママもつい笑顔がこぼれてきますね。

生活リズムもだんだんと

哺乳瓶 PIXTA

昼間に起きている時間が長くなり、夜眠る時間も少しずつ長くなります。引き続き、赤ちゃんの生活リズムがつきやすいようにしていきましょう。朝や夜に合った部屋の明るさを心がけ、昼は運動、夜は安静を習慣づけます。

お風呂の時間も決まった時間にするとよいですね。授乳はほぼ4~5時間おきで6回程度になってくるでしょう。

出典元:
  • 松井潔「育児新百科」(ベネッセコーポレーション)
  • 江頭恵子 鈴木永子「赤ちゃんがやってきた」(大月書店)

生後4ヶ月の赤ちゃんの注意したいこと!

赤ちゃん PIXTA

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長の様子が分かったところでお世話の時などに注意する点を紹介します。

「かまってほしい」に応えてあげよう

生後4ヶ月になった赤ちゃんはどんどん感情が発達し、にこにこ笑ったり声を出してくれるようになります。

一方で嫌なことがあった時に大きな声で抗議するように泣いたり、「かまってほしい」という意味で大きな声で声をかけてくることも。泣いている時は優しくあやし、声掛けしてあげなからなだめてあげましょう。

誤飲に注意!

気になるものは何でも手を伸ばし、口に入れて「何かな?」と確かめる時期です。小さなもの、危険なものは赤ちゃんの手が届く範囲にはおかないように注意しましょう。

万が一誤飲した場合には、ものによって吐かせるもの、吐かせないものがあるので注意が必要です。医療機関に相談して下さい。

出典元:

赤ちゃんと遊ぶ時間を大切に

赤ちゃん ママ PIXTA

生後4ヶ月は首すわりもほぼ完成したりと赤ちゃんにとって大きな成長がみられる時期です。パパやママと一緒に遊ぶことによって、赤ちゃんは満たされ、たくさん笑ってくれるでしょう。

ママは毎日バタバタしてしまいがちですが、たまに家事の手を止めてのんびり赤ちゃんと遊ぶ時間を楽しんでみましょう。大好きなママと遊ぶことができて赤ちゃんは大喜びです。赤ちゃんを家族の一員として、つい口に入れてしまう玩具の衛生面に気を遣いながら、一緒の時間を楽しみたいですね。

「生後4ヶ月」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧