保育園の管理栄養士に聞く「私の仕事」、子供たちの「おいしい!」のために

保育園に常駐したり、給食の委託先に勤務したりして、子供たちが毎日食べる給食の献立を考え、調理する「管理栄養士」。保育士と比べるとスポットライトが当たりにくい存在ではありますが、子供たちの元気な毎日のために働く、とても心強い存在です。保育園の管理栄養士として働き、子供に食育を伝え続けている小杉文佳さんに、管理栄養士の仕事内容や、日々働いていくうえでやりがいに感じていることなどのお話を伺いました。

プレミアム記事

PIXTA

園児の元気な毎日をサポートする「管理栄養士」

保育園に入園すると、登園した日の昼食とおやつは保育園の給食を食べている子が多いですね。中にはお弁当を持参する保育園もありますが、昼食は毎日のことですし、栄養面を考えてメニューを作るのは大変。その点で給食はとてもありがたいものです。

保育園で子供たちが食べる給食のメニューは、常駐している、もしくは委託先の管理栄養士や栄養士が考案し、献立を作成することが一般的です。あまり耳にすることのない「管理栄養士」という存在ですが、実は子供たちが元気に保育園生活を送るためにとても大切な役割を果たしてくれていることをご存知でしょうか。

管理栄養士という仕事にスポットを当てて、日々の仕事や思いについてお話を聞いてみました。

出典元:

管理栄養士 小杉文佳さん

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

おすすめ記事

「管理栄養士」「保育園」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧