衣替えの季節。大切な洋服をきれいに保つ収納方法とは

季節が変わると衣替えの時期。家族の衣類を来年まできれいに保っておくのは、意外に骨の折れる仕事です。特にかさばるジャケットやスーツなどは、次の年に型崩れなくきれいに袖を通したいもの。でもクローゼットに入れておけないし、たたんで収納するとシワが気になるし…。次に出したときのアイロンがけも面倒ですね。今回は、収納の悩みを解決する方法やコツをご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

洋服を片付けるときのポイント。まずは汚れを落とすことが大切

洋服をしまうときに、クローゼットにかけていたものをそのままたたんで収納していませんか。衣類は目に見えなくても、実はいろいろな汚れがついているもの。

そのまま片付けてしまうと、黄ばみ、シミ、カビ、虫食いの原因になってしまいます。これらを防ぐためにも、どの洋服もしまう前には「しまい洗い」を行いましょう。

また、タンスやクローゼットに入れてあるスーツやジャケットなどは、湿気を含んでいる可能性があるため、天気が良く空気の乾燥した日を選んで、風に当てるなどして乾燥させてからしまうことが大切です。

「しまい洗い」をする際には以下のようなことに注意しましょう。

  • 洗濯の際、すすぎにはきれいな水を
  • 洗濯後はしっかりと乾燥する
  • シミ抜きは素早く行うのが鉄則
  • 汚れのひどいもの、シミが落ちないものはクリーニングに

特に頻繁に洗えないスーツやジャケットなどの襟元、袖口、ポケット口などは汗や皮脂がつきやすいので、片付ける前にチェックすることが大切です。自宅で洗濯が可能なものを洗う場合、すすぎをするときはきれいな水で洗いましょう。

シミがついてしまったらすぐに取るのがよいのですが、しまう前に気づいたときに気づくことも。シミ取りをしてしまい洗いをします。自分で落としきれない場合はクリーニング店に依頼するのもひとつの方法です。

クリーニング店では、シミの成分に応じて段階的にシミ抜きの処理をしてくれます。

出典元:

大人の衣替えと収納にはちょっとしたコツがある

洋服収納 PIXTA

衣替えというと、たくさんの衣類があふれて憂うつに思う方もいるかも知れません。でもこのようなときこそ持っている衣類を見直す絶好のチャンス。必要な洋服だけを残すようにして収納スペースを有効に使い上手に収納しましょう。

残った洋服は、洋服の種類ごとに分けてまとめ、収納場所にラベルなどをつけるなどして工夫をしながら整理します。ちょっとした収納のコツを知っておくだけで日々の洋服選びも楽しくなりそうですね。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「収納」「大人」「衣替え」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧