子供に餅はいつから与えていい?餅を与える際の注意点

年末年始になると、お雑煮や焼き餅など、餅が食卓にのぼる機会が増えるでしょう。子供も2~3歳になると、だんだん何でも食べられるようになりますが、お餅はいつから食べさせていいのでしょう。万が一詰まらせたら、と心配になりますね。お正月に親戚で集まったとき、気づいたら誰かが食べさせていたということがあるかもしれません。いつから与えていいのか、与えるときの注意点や、万一詰まらせた場合どうすればよいかを知っておきましょう。

プレミアム記事

PIXTA

餅はいつから与えてよい?

冬になると、お餅による窒息のニュースが目につきます。ある程度硬いものも食べられるようになったわが子。そろそろお餅を一緒に食べたいな、と思ったとき、お餅は何歳からあげてよいのか、迷いますね。

毎年、食べ物による窒息事故が起きていますが、子供が喉に詰まらせやすいことには、発育面や行動パターンなど、いくつかの要因があります。

幼児が食べ物で窒息しやすい理由

餅 子供 PIXTA

食べ物をかみ切る、かみ砕く、ゴックンと飲み込む。ものを食べるためには、さまざまな身体の機能が関わっています。大人にとってなんでもないことでも、発育途中の子供は、一回一回の食事を通して練習中です。

年齢に合っていない食べ物を与えられると、子供にとって咀嚼(そしゃく)が難しいだけでなく、窒息などの事故につながってしまうことがあります。なぜ子供が窒息しやすいのか、理由を知っておくと、対処がしやすくなるかもしれません。

歯の発育が不完全

子供の歯は、前歯から順に生えそろっていきます。食べ物をすりつぶせるようになるのは2歳半頃、第二乳臼歯のかみ合わせが完成してからといわれています。3歳近くなると、食べられるものの幅が広がってきますが、まだまだ、大人の歯とは違います。

硬いものやかみ切りにくいものも、しっかりかみ砕けるようになるのは、一番奥の第一臼歯(6歳臼歯とも呼ばれる)が生えそろう6歳頃からです。

あわてたり、食べながら泣いたりする

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「対処」「餅」「のどに詰まる」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧