1歳から1歳半のパクパク期におすすめの離乳食レシピ

1歳から1歳6ヶ月は離乳食の完了期で「パクパク期」という時期です。この時期は、食べ物に興味を示し何でも自分でやってみたいという欲求が出てくる時期ですので、バリエーション豊富なつかみ食べメニューやスプーンを持たせるなど、赤ちゃんの食べる意欲を育てましょう。今回はお魚を使った手づかみしやすいものや、麺類までバリエーション豊かな簡単レシピをご紹介します。

PIXTA

パクパク期の離乳食の基本

この時期は、食べ物に興味を示し何でも自分でやってみたいという欲求が出てくる時期ですので、バリエーション豊富なつかみ食べメニューやスプーンを持たせるなど、赤ちゃんの食べる意欲を育てましょう。

急激に成長するため、その分栄養が多く必要になってきますので、献立によっては、おやつを取り入れる必要がある場合もあります。おやつはスナック菓子ではなく、足りない栄養をしっかり補える、パンや野菜、果物などを用意しましょう。

パクパク期におすすめ簡単レシピ

では実際にパクパク期におすすめのレシピをご紹介します。今回はお魚を使ったレシピを中心に選びました。

魚とレンコンのあんかけボール

あんかけボール 画像:info.mogcook.com

あんかけで舌ざわりやのど越しもやわらかく食べやすいメニューです。大人も物足りなさがなく、ふわふわとした食感を楽しめる優秀なとりわけメニューですよ。

材料

  • 魚:10g
  • レンコン:30g
  • 玉ねぎ:10g
  • ねぎ:1g
  • 麩:小さじ2
  • 溶き卵:小さじ2
  • A :だし汁大さじ3 、オリゴ糖・醤油少々、水溶き片栗粉 適量

作り方

  1. 魚はほぐして、 レンコンはよく洗い皮ごとすりおろし、玉ねぎ、ねぎは細かく刻む
  2. ボウルにA以外の材料を入れてよく混ぜ合わせる
  3. 一口に丸め、蒸気のあがった蒸し器で中火10分蒸す
  4. 鍋にAを煮立たせあんを作り、蒸しあがったレンコンボールの上にかければ出来上がり

レンコンは歯ごたえがあって食感を楽しめますね!具材の中にエビや鶏ひき肉等を加えてもおいしそう!

魚とレンコンのあんかけボール

魚の焼きがんもどき

焼きがんもどき 画像:info.mogcook.com

手づかみでも食べられるがんもどきは手作りできるのです。ゴボウやニンジン、ネギも入っているので野菜もたっぷりですよ。

材料

  • 魚:10g
  • 木綿豆腐:30g
  • ごぼう/にんじん/ねぎ:各5g
  • すりごま:小さじ1/2
  • 山芋:10g
  • ごま油:適量

作り方

  1. (下ごしらえ)魚を軽くほぐす、豆腐を水切りして崩す
  2. (下ごしらえ)山芋/にんじん/ごぼうはすりおろして、ねぎは細かく刻む
  3. ボウルに油以外の材料を入れて混ぜ合わせる
  4. 食べやすい大きさに成形する
  5. フライパンにごま油を熱し、成形したがんもどきを両面焼き色がつくまで焼く

ごぼうの香りと山芋と豆腐を使用しているのでふわっとした食感を楽しめるレシピになっていますよ。

魚の焼きがんもどき

魚の豆乳カレーうどん

魚の豆乳カレーうどん 画像:info.mogcook.com

子供たちが大好きなうどんに、おさかなや野菜をたっぷり入れて、カレー味にしあげました。これ1杯食べてくれればママの「品目数は大丈夫?」という不安も解消ですね。

材料

  • 魚:10g
  • うどん:70g
  • 鶏ミンチ:10g
  • しいたけ/えのき/しめじ:各5g
  • ねぎ:1g
  • 小麦粉/無塩バター:少々
  • 無調整豆乳:大さじ2
  • 醤油:少々
  • 甘麹:小さじ1/2
  • だし汁:80cc
  • カレー粉:少々

作り方

  1. (下ごしらえ) うどん、しいたけ、えのき、しめじ、ねぎは食べやすい大きさに刻む
  2. 魚は小麦粉を付けて、フライパンにバターを熱し軽く焼く
  3. 鍋にだし汁と鶏ミンチをほぐしながら加え火にかけ煮立たせる
  4. しいたけ、えのき、しめじを入れて煮込み、カレー粉、豆乳、醤油、甘麹を加えうどんを加え少し煮る
  5. 器に入れ上に葱とソテーした魚を乗せれば出来上がり

鶏ミンチのだしがきいておいしい1品です。冬に嬉しい体が温まるメニューではないでしょうか。

魚の豆乳カレーうどん

ぎせい豆腐

ぎせい豆腐 画像:info.mogcook.com

豆腐にいろいろな食材を和えて蒸したお料理です。スプーンが上手になってきた子供に嬉しいメニューですね。ひじきは子供が食べない、と悩んでいるママも、これならペロリと食べてくれるかも。

材料

  • 魚:10g
  • 木綿豆腐:5g
  • 卵:大さじ1
  • 牛乳:小さじ1
  • 戻したひじき:1g
  • パプリカ:10g
  • しめじ:5g
  • だし汁:大さじ2

作り方

  1. (下ごしらえ) 魚は軽くほぐす、 豆腐は軽く水切りして潰しておく
  2. ひじき、パプリカ、しめじは微塵切りにする
  3. ボウルにすべての材料を入れ、混ぜ合わせる
  4. 耐熱容器に入れ、蒸気の上がった蒸し器でラップをかけて中火で10分蒸せば、できあがり

具材を変えても楽しめる1品ですよ!

ぎせい豆腐

魚と大豆のさつまコロッケ

魚と大豆のさつまコロッケ 画像:info.mogcook.com

大人も子供も大好きなコロッケ。お弁当にもピッタリなメニューです。たくさん作って家族で食べたいメニューですね。

材料

  • 魚:10g
  • 茹で大豆:5g
  • さつまいも:30g
  • 玉ねぎ:10g
  • 小麦粉/卵/パン粉/油:各適量

作り方

  1. (下ごしらえ)魚はほぐしておく
  2. ゆで大豆は皮ごと細かく刻む。皮が気になるのであれば取り除く
  3. さつまいもは蒸して皮をむき、マッシュ状にし、 玉ねぎはみじん切りにして、レンジで加熱する
  4. ボウルに魚、大豆、さつまいも、玉ねぎを入れて混ぜ合わせ、俵型に成型する
  5. 小麦粉→卵→パン粉の順に衣をつけ、油で揚げればできあがり

大豆はのどに詰まらないように刻むか潰しておくようにしてあげてくださいね。

魚と大豆のさつまコロッケ

手作業で骨取り済み!mogcookの冷凍魚なら手間なくお魚離乳食が作れます

mogcook 画像:mogcook.com

通信販売で小分けサイズの冷凍お魚を販売している「mogcook」では、1パック10gという小さなサイズでパッキングした魚を販売しています。お魚は手作業で骨を取り除いています。

皮つき商品・皮なし商品を販売しており、手間や栄養面を考慮して選ぶことができますよ。(今回紹介したレシピの一部はmogcook様からご協力いただき掲載しております)

mogcook

離乳食を作るお母さんにメッセージ

赤ちゃん ご飯 PIXTA

大変な離乳食に加え、おやつまで考えなければいけない時期ですが、きちんと食べられていれば卒乳ももうすぐです。大変だったと思いますが、少し寂しいと感じるお母さんもいると思います。しっかり食べるということは子供の成長を思い料理を作ってきたお母さんの頑張りの賜物なのではないでしょうか。

離乳食期が終わっても子供はママのご飯からたくさんのことを学びます。ですが肩肘張らず、楽しく子供にご飯を作ってもらいたいものです。

「1歳」「1歳半」「離乳食」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧