ステップアップをサポート!赤ちゃんのために設計されたおすすめマググッズ

哺乳瓶や母乳に慣れてきて、次は離乳食へのステップアップ。それと同時にストローマグで水分補給をさせたいと考えているママは多いのではないでしょうか。初めからストローの扱いがうまくいくわけではなく、ストローを噛むだけで吸ってくれず困っているママもいるかもしれませんね。今回は、赤ちゃんのために設計され多くのママから愛されている、初めてのマグとしてぴったりなアイテムを集めました。

PIXTA

ストローで吸うって、実はすごく大変

ストローをくわえ、おいしそうにお茶を飲む赤ちゃん。まあるいほっぺがもこもこ動くのがかわいらしくて、いつまでも見続けられるかも、と思うママもいるかと思います。いつか自分の子供もストローで水分補給してくれたらうれしいのに、と思いますよね。

哺乳瓶や母乳に慣れてきた赤ちゃんが次へのステップとしてマグやストローコップを利用しますが、赤ちゃんは初めからうまく吸えるわけではありません。最初からすんなり覚えられる子もいれば、ストローでうまく吸えるようになるまで時間がかかる子もいるでしょう。

筆者の子供は哺乳瓶からのステップアップだったためストローデビューは早かったものの、うまく吸えるようになるまでは何度もこぼしたり、うまく吸えないのが気に食わず泣いてしまったりと、1ヶ月以上かけてストローを練習しました。

子供のために進む次のステップ。ストローの練習に使うマグはどんなものを選べばよいのでしょうか?

ストロー練習にぴったりのマグ4選

ストローの練習に使うマグは、赤ちゃんの使いやすさや液体のこぼれにくさはもちろん、お手入れがしやすいものを使いたいですよね。

また洗浄したあとの消毒も、家庭によってやりかたはさまざま。いろいろな消毒方法に対応しているものだとうれしいですよね。今回は、はじめてのストローデビューにぴったりのマグを紹介します。

1.コップにも変身する!『リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプ』

リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプ

ふたが全てシリコン製でできており、密封性がアップ。従来のふたとは異なりパッキンがないのでお手入れも楽になっています。

ストローの練習に最適でした♡

すぐにストローマスターしてましたよ(๑ॣ•͈ٮ•͈ॣ)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
上の子が生後6ヶ月の時から使い始め、1ヶ月もしないうちにストロー飲みをマスターしました!

哺乳瓶を受け付けない子だったので、ストロー飲みが出来るようになって助かりました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

『リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプ』は、ふた部分がシリコンゴムでできているのがポイント。ふたを押せば飲み物が押し出されて出てくるので、ストローから中身がでてくることを覚えるのにぴったりです。

従来のストローマグならゴムパッキンとふたが分かれており洗うのが面倒ですが、ふた全面がシリコンゴムでできているのでゴムパッキンが不要に。洗いやすく使いやすい、ママにうれしいストローマグです。

2.コンパクトで持ち運びにもOK『ピジョン ぷちストローボトル』

ピジョン ぷちストローボトル(トロピカルイエロー)

使うのが楽しくなるようなカラーデザインのストローマグ。ハンドルを畳みストローフードをスライドさせればコンパクトになり、持ち運びにも便利です。

私はピジョンのプチストローボトル使ってます(*´Д`*)ノ
値段も安いし、プチストローボトルの全てを煮沸消毒や電子レンジ消毒が出来るので便利です*\(^o^)/*
マグによっては一部熱消毒ができない物もあるので(;´Д`)

あとはスリムなので鞄の中で場所を取らないのも魅力的です♡
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
個人的にはPigeonのプチストローボトルが好きです!組み立てしやすいのでいつもこればかりです😁
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

『ピジョン ぷちストローボトル』は、ストローの練習が楽しくなるようなカラーデザインのストローマグです。他の商品に比べ容量は少ないですが、コンパクトに持ち運ぶことができるのでちょっとしたおでかけに便利な商品です。

部品の数が少し多いですが、全て取り外して洗浄することができるので衛生面も安心ですね。

3.セットひとつでコップマスターに。『ピジョン マグマグセット』

ピジョン マグマグセット

マグマグベビー、マグマグスパウト、マグマグコップ、マグマグストローの4タイプの飲み方で赤ちゃんの飲み物デビューをサポート。月齢に合わせて使い分けることができます。

自分は、これのスパウトから使用してます!
五ヶ月なる前から使い始めました。ストローは、7ヶ月なる前から吸えるようになったので、それのストローを使ってます。コップは飲みにくそうだったので、普通のコップで飲ませてますよー!まだ哺乳瓶使ってるのなら、黄色のから使用してもいいかもしれません。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちの娘は7ヶ月入る前からストローマグで飲めるようになりました( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
ストローだと飲ませるのも楽です♡
Pigeonのマグマグセットを頂いたのでコップもあるのでそのうち練習させてみようと思ってます♩
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

上部のパーツを取り替えることによって、哺乳瓶、ベビースパウト、ストロー、コップの4つの使い方ができるセット。ピジョンの哺乳瓶に慣れ親しんでいる赤ちゃんなら、3ヶ月からハンドルを手で持ち飲み物を飲むことができます。

全てのパーツがそろっており、ステップアップのたびにドラッグストアやベビー用品店で次の部品を探さなくても良いので、セットで買うと大変便利ですよ。

4.さまざまなコップに対応可能『ビタットマグ』

ビタットマグ

市販のコップにかぶせるだけでOK、倒れても液体がこぼれにくいバルブを採用。シリコンゴム製なので、口径7cm〜10cmまでのコップに使用することができます。

「ビタットマグ」を買いました!
こちらも同じ感じで、押すと出てきます!
パーツが少ないのでマグより洗うの簡単だし、いろんなコップにつけられるので飽きないかなーという理由で購入しました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

『ビタットマグ』は、ストローマグではなくコップにかぶせて使用できるストローパーツです。ストローを差し込んだこちらの商品をぐんと伸ばしてコップにかぶせるだけで、コップがストローマグに変身します。

フタ上部を押せば中の飲み物が出てきてストローの練習になりますし、洗うパーツも本体のシリコンゴムのみでOK。市販のストローを使うことができるので、「ストローマグを買っても使わなかったらどうしよう…」と思っているママにぴったりかもしれません。

ストローマグお手入れの強力な味方『キュキュット クリア泡スプレー』

キュキュット クリア泡スプレー 無香性 本体 300ml

洗いにくいところに直接スプレーして約1分置いて流すだけの食器用洗剤です。

ストローとかパッキンはもちろん、お弁当箱蓋の溝の部分にもシュッとして置いている間に他のお皿など洗ってます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
ストローマグメインで使ってますが、洗い物するときに最初にストローにシュッとして置いておき、他のもの全部洗い終わって最後にすすぐくらいの間置いておけば茶渋も割と綺麗になりますよ。
なによりいつもブラシを使ってストロー洗うのが面倒くさかったのでそれがなくなっただけでかなり重宝してます。
うちはなくなっても確実にリピしますね。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

狭くて洗いにくいストロー内部や、ふたとゴムパッキンの隙間、細かい凹凸などはなかなかきれいに掃除しきれないこともありますよね。そんなときに『キュキュット クリア泡スプレー』があれば、泡を吹きかけて数分置いておくだけで洗浄することができます。

ストローマグを使い始めるなら買っておいて損はない便利アイテムです。

筆者が使っていたのは『ピジョン マグマグセット』と『ピジョン ぷちストローボトル』

筆者は子供の哺乳瓶にピジョンの『母乳実感シリーズ』を使用していたため、同じ乳首を使用できる『ピジョン マグマグセット』を購入しました。また出産祝いとして『ピジョン ぷちストローボトル』も頂いていたため、ストローマグを二つ使用していました。

最初は『ピジョン マグマグセット』でミルクを飲むようになり、そのあとスパウトパーツをへてストローの練習へ。哺乳瓶パーツやマグマグパーツと持ち手がほぼ一緒なので、子供も嫌がることなくしっかり持ち手を握ってストローを練習してくれました。

その後慣れてきた頃に『ピジョン ぷちストローボトル』を使用し始めました。コンパクトに設計されているのでカバンの中でも場所を取らず、おでかけ時に必ず持ち歩いていました。

今でも両方のストローマグを使用していますが、『キュキュット クリア泡スプレー』や薬液消毒などで清潔を保てることができ、子供の水分補給に欠かせないアイテムとなっています。

はじめてのストロー練習はストローマグで

マグ 赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌っていたり、慣れ親しんだ容器以外になかなかなじめなかったり、一度も他のアイテムを使ったことがない…なんて方もいるかもしれません。

いつかはきっと母乳やミルクを卒業して、お茶や牛乳などの他の飲み物を飲むようになります。コップを使えるようになるまでにはなかなか時間がかかりますが、吸うのが得意な赤ちゃんならきっとストローもうまく使えるようになってくれるはず。

赤ちゃんに合ったストローマグを見つけて、ストロー練習を始めませんか?

「練習」「マグ」「ストロー」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧