1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・ファッション
  4. ベビー用品・育児用品の基礎知識
  5. 赤ちゃんのストロー飲み練習はいつ始める?教え方や飲ませ方、ストローマグを紹介

赤ちゃんのストロー飲み練習はいつ始める?教え方や飲ませ方、ストローマグを紹介

離乳食も段階を追って進めていくように、飲み物も哺乳びんからマグ、そしてストロー飲みへと、順を追って進めます。傾ければ飲むことができるマグまでは進めやすくても、吸い上げる力が必要なストロー飲みは練習が必要なことも。ストロー飲みの練習をどう進めたらいいか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。この記事では、ストロー飲みの練習について詳しく解説していきます。実際の体験談もご紹介しますよ。

PIXTA

赤ちゃんのストロー飲みの練習はいつから?

赤ちゃんが飲み物を吸い上げる力がつくようになるのは、生後7か月~生後8か月ごろです。小さな赤ちゃんはまだ口をすぼめる動作も難しいため、離乳食をスタートする生後5か月くらいのタイミングくらいからがおすすめです。

まずは、飲み口がストローよりも太くて柔らかいスパウトのマグで慣れさせてあげましょう。スパウトのマグは容器を上に傾けると飲み物が口に入るため、哺乳びんと同じような感覚で吸う練習ができます。

生後8か月を過ぎたら、ストローマグを使ったストロー飲みをスタートさせてみてもよいでしょう。ストロー飲みの練習のためには、赤ちゃんの口にフィットしくわえやすいように作られた柔らかく太めの楕円(だえん)状のストローマグを選ぶのがおすすめです。

なかなか吸い上げられないと、飲み物が飲めず赤ちゃんもイライラしてしまいます。吸い上げやすいストローで「飲めた!」という達成感を与えてあげることで、次第にストロー飲みが身についていくでしょう。

先輩ママはいつ赤ちゃんのストロー飲みを始めた?

ストローマグ PIXTA

2人とも5ヶ月の離乳食開始と同時にストローの練習を始めました。長女は数回で、次女は1週間くらいでマスターしました。コップ飲みができるようになったのは1歳前後でした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
卒乳に向けて1歳頃からストローの練習し始めて全然上達しなかったので紙パックの麦茶を押し出すような形で飲ませたら一回で吸えるようになって1ヶ月くらいしたらむせずに上手に吸えるようになりました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
4ヶ月になった頃からお風呂上がりにスプーンでお茶を飲ませるところから始めました。最初は渋そうな顔をしていたのですが、嫌がったらやめて母乳。これを毎日根気強く続けていたらお茶を飲めるようになりました。次にお祝いで頂いたリッチェルの押すと出てくるストローマグを5ヶ月に入る前に渡してみたらすぐに吸うことができました。すごくこぼすのですが吸う練習で何日かした後に練習用ではないマグに持ち替えたらこぼさず飲めるようになりました。

初めは何も出来ないこと上手くいくわけないこと前提で、とにかく根気強くその子にあったやり方を見つけてあげればいいと思います。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
リッチェル?の六ヶ月から使えるマグを五ヶ月から使ってます!蓋のところに押すところがありそこを押すと飲み物が赤ちゃんの口に入るようになってます!すると赤ちゃんは勝手に吸うようになっていきます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ストローの練習をスタートしたタイミングはそれぞれ異なるようですが、早い人は離乳食開始前後、遅い人は1歳前後で開始したという方多いようです。できるようになるタイミングは赤ちゃんによってさまざま。できないようなら無理して続けず、時間を置いて試してみるのもいいでしょう。

出典元:

ストロー飲みの教え方、練習方法

ストロー飲みを始める時期はわかったけれど、実際にストローでの飲み方の練習はどのよう進めたらよいのか悩む方もいるでしょう。

先輩ママたちが実践していたストロー飲みの教え方や練習方法をご紹介します。

ストローマグ PIXTA

紙パックのお茶で練習!

私は紙パックのお茶で練習しました。ストローを口に入れたら、押して中身を出す方法ですね。でも1回で出来たわけじゃないので、何度かやってみると良いかもしれないですよ!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

リッチェルのストローマグで

5ヶ月半からリッチェルでストロー練習をし始め、9ヶ月になる直前にやっと完全マスターしました!これは気長にボタン押し続けるしかないと思います。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

いろいろな方法でストロー練習に挑戦

7ヶ月から練習を始めて全く上手になりませんでしたが、最近やっとコツを掴んで上手になってきました!
やってみたことは、、、
・パックの麦茶であげてみる
・ママリで教えて貰ったリッチェルのいきなりストローマグを使ってみる
・とにかくごはんの時や水分補給の時はストローを使わせる
・中身を変えてみる
・お風呂上がりや散歩の後などのどが渇いた時にあげてみる
・私たちがストローを使ってるところを見せる
息子はめちゃくちゃ時間がかかったので参考にならないかもしれませんが…😭
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ストローのスポイト使いで

うちはストローをスポイトの様にして
あげてると、出てこないから吸うようになり、
試しにストローで吸わせてみると
少しずつ吸うようになりました!
最初のうちはコツが掴めずに
飲めたり飲めなかったりでしたが👍
うちの子は哺乳瓶や先が乳首のモノは
飲んでくれないので、ストローマグしか
使えないので、この練習しか出来ずでした^^;
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんは初めストローで吸うことが理解できないため、紙パックの麦茶を押して見せたり、パパママが押すと中身が出てくるストローマグで始めてみたり、できるだけわかりやすい方法で試したという声がありました。練習の仕方に悩んでいる方は、先輩ママの練習方法を参考にしてみるとよいかもしれません。

ストロー飲みの練習にも便利!赤ちゃんのストローマグの種類と選び方

ストローマグ PIXTA

赤ちゃんのストローマグには、いろいろなタイプがあります。マグにはそれぞれ対象年齢が示されているため、それを参考にし子どもの年齢と照らし合わせて選ぶのもいいでしょう。

また、使い勝手や機能性を考慮して選ぶのもひとつの方法です。「スパウトからストロー、コップと、長く使えるマグがいい」「ストロー飲みの練習がしたい」、「持ち運びに便利なマグが欲しい」、「夏場のお出かけにも使えるものがいい」など、ポイントを押さえて我が子にぴったりのマグをセレクトしてください。

ストロー飲みはまだ早いけどストローをくわえる練習をさせたいなら、飲み口のみストローになったものやスパウトがおすすめです。初めはストローなしでスタートし、慣れてきたらストローをつけ、ストロー飲みに移行できるものなら長く愛用できるでしょう。

押すと飲み物が出てくるマグ

ストロー飲みのトレーニング用なら、押すと飲み物が出てくるタイプ。親がサポートすることで、ストローを吸えば飲み物が出てくることが理解できるため、ストロー飲みが早く上達しやすくなります。

ストローのあとはコップ飲みをするなど長期間使えるマグが欲しいなら、成長に合わせて口部分を付け替えられるタイプがよいでしょう。一つずつ購入するよりも安く済むかもしれません。

取っ手がついているマグ

マグ 子ども PIXTA

マグの中には取っ手のないタイプと取っ手のついたタイプがあります。取っ手のあるマグのメリットは、小さな子どもにも持ちやすく安定しやすいこと。哺乳瓶からマグに移行して間もない赤ちゃんなら、取っ手がある方が持ちやすいでしょう。

取っ手の形状はさまざまで、コップと取っ手が一体になったものから、不要になれば取っ手が取れるタイプのものもあります。

ただし取っ手のついたマグのデメリットは、持ち歩く際に邪魔になることです。大きくなると取っ手なしでも飲めるようになるため、長く使うマグを選ぶなら、取っ手が取り外せるものがいいかもしれません。家で使う際は取っ手のまま、お出かけの際は取っ手を外して使うこともできます。

保冷機能がついているマグ

赤ちゃんの口に入るものは、衛生管理にも気を配りたいですよね。保冷機能がついたマグのメリットは、適温をキープできること。夏場に持ち歩けるマグを選ぶなら、飲み物が傷んだりしないよう、保冷機能がついているマグがベストです。

外出が長時間になる場合は、できるだけ容量の大きいマグがいいかもしれません。フタを付け替えてタンブラーとしても使えるものなら、パパママとの共有もできます。持ち運びしやすいよう、バッグにすっきり収まるスリムなタイプがおすすめです。

保冷機能のついたマグのデメリットは、通常のマグに比べて重たいことです。赤ちゃんがすぐに落としてしまう可能性もあります。また、通常のマグに比べると値段も少し高くなるでしょう。

出典元:

我が子にぴったりのマグでストロー飲みの練習を!

ストローマグ PIXTA

吸い上げる力が必要なストロー飲みをまだ言葉の通じない子どもに教えるのはなかなか難しいものです。まずは、吸い上げることで飲み物が出てくることを理解させることから始めなくてはなりません。

すぐにこぼしてしまったり、嫌がったり、なかなか吸えなかったりなど、大変な場面も少なくないでしょう。大切なのは、我が子に合ったマグを見つけることと、根気強く続けることです。数日でできる子どもがいれば、数か月かかる子どももおり、進み方は子どもによってさまざま。

「同じ月齢なのにうちの子はできない…」などと周りと比べすぎず、先輩ママの体験談を参考にしつつ、いろいろな方法を試してみてください。

おすすめ記事

「赤ちゃん」「ストロー」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ベビー用品・育児用品の基礎知識の人気記事