突然の震災、とるべき行動は?何を準備しておくべき?震災体験者の声を集めました

震災は突然やってくるので、避けがたいもの。突然震災が起きたとき、どうすればよいのでしょうか?震災時にいる場所によって行動は変わってきますが、どのような行動を取ったら良いのか分かりませんよね。ある程度把握していても、突然のできごとに戸惑ってしまう方がほとんどだと思います。今回は、実際に震災を体験された方の声を紹介します。地震のつらい記憶を思い出してしまう可能性もありますので、苦手な方はご注意ください。

amana images

突然の震災。何をどうしたらいいのでしょうか?

ある日突然やってくる地震。いつどこで起こるか、誰にも予想がつきません。今、この瞬間やってくるかもしれない震災のために皆さんはどのような対策をしていますか?実際に起きた場合のシミュレーションは立てられていますか?きっと、実際に体験してみないと分からないこともあるのではないでしょうか。

震災が起こったとき、自分だけでなく家族がいる場所によって取る行動は変わってきます。また時間帯によっても違いますよね。ママリでも、下記のような投稿がありました。

明日は子ども2人とわたしだけなのですが
どのくらいの大きさの揺れがきたら逃げればいいんですか?
揺れが来たらまず子どもを安全な所に誘導して
避難口確保ですか?
次はなんでしょう。


逃げるとなったらまとめてる荷物もって逃げますよね?
荷物とは子どものオムツとお尻拭き貴重品のみですか?
その時、施錠の他はなにするんですか?
今日教えていただいたお風呂に水ためる?
ガスの元栓しめる?
他にありますか?
食器棚など何も対策していないので全部食器が出てきそうです

辛い思い出を思い出させてすみません
実際避難した方もしよろしければお話聞かせていただけますか?
なんでもいいです知識を教えてください。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

大きな地震が起こったとき、まず始めにどのような行動を取ればいいのか分かりませんよね。シミュレーションをしてもとっさのことに対処ができないこともありえます。

しかし、頭の中で整理をしておくことでいざ起こったときに変わってくるかもしれません。実はこの記事を書いている最中、筆者の住む地域では地震がありました。幸い大きなことにつながりませんでしたが、すぐにテレビをつけて情報を確認し過ごしています。

今回は、実際に震災にあった方々の意見をまとめました。紹介するコメントは、実際に震災を経験された方のものもあり、つらい記憶を呼び起こす可能性がある内容となっていますので、苦手な方は承知の上での読み進めをお願い致します。

震災経験者の声を集めました

地震 PIXTA

日本では数多くの方が震災を経験してきましたが、まだ大きな震災にあったことがないという方もいらっしゃいます。突然の震災にどうやって対処をしたら良いか、分からない方もいるのではないでしょうか。

ここからは震災を経験してきた方たちの意見、アドバイスをまとめました。いつくるか分からない震災に、経験者の声を聞いて備えておきましょう。

薬は常に用意しておく

薬 PIXTA

焦らず冷静にが一番難しいですが、
シュミレーションしておけば
全くしていないよりも
全然違うと思います🙆‍♀️

薬は常備薬があったのと
ちょうど産院で貰ってた漢方も
余裕があったので
特に買ってなかったです!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

大きな震災が起こったとき、食料や日用品だけではなく薬も手に入りにくくなります。持病や、急な体調不良にそなえるため薬は常備しておきましょう。

薬だけでなく消毒液やばんそうこう、ガーゼなど救急セットをチェックしておくのも良いです。また今度買えば大丈夫…では遅いかもしれません。常用しているものがあれば早めに確認し、多めに補充をしておきましょう。

車のガソリンはなるべく入れておく

ガソリン PIXTA

昨年北海道で震度6強経験しました。
生後6ヶ月の娘1人と一緒でしたが、揺れがおさまるまでは娘にバスタオルを頭からかけて抱きかかえてました。
揺れがおさまったら、夜中でパジャマだったのですぐにズボンとTシャツ、上着、家の中でしたが靴を履いて、ガスの元栓を止めました。
それから水筒と二リットルのペットボトルに水を入れ、オムツとお尻拭き、近くにあったバナナ、タオル、携帯と充電器を持って外の車に避難しました。その間子供は抱っこで、懐中電灯を首から下げてましたが、全体で15分くらいで完了したかと思います。
その後は、幸い同規模の揺れがなかったので家に戻りました。
避難を想定して荷物をまとめてあるのであれば、着替えやくつ、懐中電灯などのものがどこにあるかを把握してすぐ動けるようにしてあればいいのかなと思います。
私は全く突然だったので、貴重品は置きっぱなしでした💦

車をお持ちでしたら、ガソリンは出来るだけ半分以上入れておくことをお勧めします。東日本の時も福島周辺にいましたが、やはりまず車に避難して、携帯なんかは車から充電できたので良かったです。
少しでも不安解消の参考になればと思います。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
熊本地震の時はみんな車中泊でした。
田舎なので車がないと逃げられませんでした。ガソリンスタンドはできるだけ早めに行った方がいいです。軽、普通車関係なく、ガソリンは2000円までしか入れれず、長蛇の列が出来ました。道路は通れなくなってる道があります。細い道は陥没していたり、ひび割れていたり、道沿いの家の塀が倒れていたりで、車がパンクする恐れがあるので必要以上は通らず、大通りを行った方が確実です。
車で逃げる場合は、シガレットにさせる充電器があったら便利ですよ!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

いざ車を使おうと思ったらガソリンが少なかった…という声もあります。災害のあとは街中が機能しないため、ガソリンスタンドも日常通りに使うことはむずかしくなりますよね。

混乱する前にできるだけガソリンを入れておくことが大切です。筆者が住む地域では東日本大震災のとき、ガソリンを入れることがなかなかできず、車移動を制限しました。

予想外なことが起きる前に、できることはしておきましょう。

ブレーカーを落とす

電気 PIXTA

東日本大震災経験者です。

電気のブレーカー落としていってください!
停電後、通電したときに火災につながることがあります。

あと、食器棚の対策していないのであれば、せめて、自分のよくいるところのそばに、スリッパなどを置いておきましょう。
裸足で散乱した部屋の中を歩いて玄関までは危険です。

寝室にも必ずスリッパを。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
大学3年の時に東日本大震災を経験しました。
揺れが収まった逃げる前にブレーカー必ず落としてください!
電気が復旧した時に火事になる危険性があります!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

意外と盲点だったのはブレーカーです。地震がおきたときにブレーカーを落としておくことは大切。理由は漏電(ろうでん)や故障などによって火災が起き、二次災害が発生する恐れがあるからです。

二次災害を防ぐために、自分たちでできることはしておきましょう。ブレーカーの位置を知らない方はどこにあるのか確認が必要です。万が一、火災が起きたときのために消火器の確認もしましょう!

出典元:

感染症予防にマスク

マスク PIXTA

マスク!避難所では感染症が広がりやすいらしいです!地震こわいですよね!何事もおこりませんように!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

避難先はたくさんの人が出入りします。そのため風邪予防をする意味でも、使い捨てマスクを用意しておくと良いですよ。

ホームセンターやドラッグストアだけでなく、100均でも取り扱っていますので常備しておきましょう。また子供用サイズがあるので、そちらもあると重宝しそうです。

お子さんがマスクに使いなれていないときは、少しだけでもマスクをつける練習をしてみましょう。

お風呂の水をためて生活用水の確保

お風呂 PIXTA

子供が5ヶ月の時に、大阪北部地震がありました。

揺れが来た時は、無我夢中で子供を守りました。
揺れが落ち着いてから、ガスの元栓を確認しました。
そのあと情報収集です。余震などもあるので、むやみに外にです、状況確認しながら、避難してください。避難所開設や水の配給なども、情報収集していないとわからないことが多かったです。

また水道が濁ったら、貯めてください。飲み水には使えませんが、トイレなどには使えます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

こちらは、大阪北部地震を体験したママからの投稿です。真っ先にお子さんを守り、落ち着いてからいろいろと対応をしたとのこと。

水道が止まるとトイレを流したり、服を洗ったりすることができません。すぐに復旧すれば良いですが、こればかりは予想がつかないですよね。

それにそなえ水道が動いている間、お風呂に水をたっぷり溜めておきましょう。水道が止まっても少し安心ですよね。震災は予想外のできごとがたくさんあるので、しっかり準備をしておくのが大切です。

赤ちゃんがいるなら紙おむつ、粉ミルクを常備

粉ミルク PIXTA

東日本大震災の1ヶ月後に息子を出産しました。
初めての育児で不安なのに、地震、計画停電、全てが自粛で気分までどんどん落ち込みました。
今は液体ミルクがあるので、備蓄として。粉ミルク、オムツも多めに用意してます。
カップ麺も食べたことないと何かあったときに受け付けないと困るとどこかで見たので、時々食べさせてます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
家に買い置きをしておくのはすごく大事だと思います。
熊本地震(当時長女1歳半)
トイザらスでパンパースの箱入りを3箱買っといて家においてたので凄く助かりました。

レトルトのカレーやご飯、水のペットボトル
、こどものお菓子にかなり助けられました。
ふりかけや即席の味噌汁、スープも常備してたのでカセットコンロで水を温めて温かい食事をとることができました。

なにより地震の揺れと、
ケータイの地震アラーム音が怖かったですね。
揺れも強いとすぐには動けなかったです。

ただ、怖くて怖くて娘をブランケットに包んで鞄に携帯、貴重品を入れて片手におむつ袋のまま握って
ブレーカー、ガスの元栓、家の鍵閉めて(泥棒がいたら嫌だったので)
家の裏にある中学校に避難しました。

旦那は帰宅が夜遅く、ちょうどいなかったので娘の命最優先だと思い歩いて避難しました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんがいるお家は、ミルクとおむつは常に用意しておきましょう。今は液体ミルクが販売されていますが、以前はなかったのでミルクをあげられなくて困ったママが多くいました。

母乳で育てているから大丈夫…という声がありますが、震災のストレスで母乳が出なくなってしまったという声も。母乳で育てているママも、1缶はミルクを用意しておくと良さそう。布おむつを使用している方も、紙おむつを準備しておくと良いですよ。

哺乳瓶は消毒をしなければならないため、使い捨て哺乳瓶や紙コップがあると使えます。

津波警報が出たら高台へ逃げることを優先

逃げる PIXTA

小学五年生の時に東日本大震災を経験しました(TT)あの時は物より自分の命の方が大事でとにかく何も持たずひたすら逃げました。津波警報でたら荷物まとめてる場合じゃないですよ😓とにかく高台に逃げるでした💨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

海沿いに住んでいる方は津波の心配があります。東日本大震災を経験した方の体験談で、荷物をまとめるよりも身の安全を確保するべきと書いています。

津波は逃げるのを待ってはくれません。とにかくすぐに高台へ避難しましょう。筆者が住む地域は海は近くありませんが、外出時に海や水辺が近いときは高い場所へ避難することを頭に入れておくべきですね。

荷物はあとでなんとかなりますが、命はどうにもなりません。避難を最優先です。

何よりもお子さんを守ること

子供 守る PIXTA

地震怖いですよね。
熊本地震経験しました。
とりあえず揺れがおさまるまで
ひたすら娘の頭を抱えて抱っこしてました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
胆振東部地震の経験者です。

息子が1歳5ヶ月でした。
地震のアラームが鳴ってすぐ地震がきたので、主人と私で息子に屋根をする様に覆いました。

我が家は緊急時の荷物は全く用意しておらず、オムツ、お尻拭きなどは元々、買いだめておくので助かりました。

地震が収まってからガスを止め、お風呂に水を溜めました。

当時、買えなくて困ったのが電池でした。
懐中電灯が家にあっても電池が無く、何件もコンビニなどを探しました。

あと、地震が収まった後はコンビニなど営業してくれる所もありますが、何処も長蛇の列、物も無い。。。という状況でした。
日頃からカップ麺や、レトルト品、水などあれば良いですね。

お店が営業してくれても、カードは使えないので、現金があれば良いと思います。
ATMも稼働しないので。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

地震は、想定していないときにある日突然起こりうるもの。起きた瞬間は冷静な判断をすることが難しいかもしれませんが、まずお子さんを最優先で守ることが大切。

実際に大きな地震で被災したママたちは、無我夢中でお子さんに覆いかぶさったり抱っこしたりしていました。万が一のため、別室に寝かせている場合でもスムーズに駆けつけられるかシミュレーションをしておくと良さそうです。

荷物は事前にまとめておき、避難先など決めておこう

会議 PIXTA

震災はいつ私たちを襲ってくるか分かりません。日頃から荷物を準備し、非常食を確保しておくことはとても必要です。また避難先や避難経路、バラバラにいるときはどう動くかを家族で確認しましょう。

筆者は子供を保育園へ預けているため、まず子供たちの迎えが必要になります。保育園まで迎えに行けるかわからないかもしれない、誰が迎えにいくのかなど、子供たちと情報を共有しておかなければなりません。そして家族だけでなく、近所の人とも連携が取れるようであれば話をしておくと良いですね。

困ったときはお互い様です。万が一に備え、家族や周りの人と確認をしましょう。今回紹介できなかった体験談はママリから見ることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

ママリトピック・震災体験談

災害時にそなえる! そろえておきたいおすすめ「防災避難グッズ」を紹介

関連記事:

災害時にそなえる! そろえておきたいおすすめ「防災避難グッズ」を紹介

地震などの災害は突然襲ってくるものです。日ごろから少しずつ備えておきま…

いざというときに用意しておこう!防災頭巾の作り方とおすすめの商品4選&カバー3選

関連記事:

いざというときに用意しておこう!防災頭巾の作り方とおすすめの商品4選&カバ…

通園、通学中や自宅にいるとき、災害が起きてしまうことを想定した準備はし…

おすすめ記事

「体験談」「地震」「震災」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧