新生児と添い寝したいママ必見!安心便利グッズ

赤ちゃんが安心して眠りにつくことができる、ママは夜中の授乳やおむつ替えを楽にできる、など、添い寝にはたくさんのメリットがありますよね。「可愛い赤ちゃんと添い寝したいけど安全面が心配…」そんなママさん必見!安心安全な添い寝便利グッズをご紹介します。睡眠時間が短くなりがちな新生児期、添い寝で快適な睡眠を取りましょう♪

PIXTA

新生児と添い寝したい!そんなママにおすすめのアイテムをご紹介!

生まれたばかりの新生児は小さくてふわふわで、寝顔を見ているだけで幸せな気持ちになりますね。

そんな可愛い赤ちゃんと、寝ているときも少しでもそばにいたい!と思うママは少なくないのではないでしょうか。

添い寝をすると、夜中の授乳のときにもベッドから起き上がるだけで、すぐにオムツ替えや授乳することができます。

では、添い寝するのに便利なグッズを見てみましょう!

ベッドの横にベビーベッドを置きたいママ向け

ベビーベッド PIXTA

「ママやパパが寝るベッドの横に赤ちゃんのベビーベッドも並べて置きたい!」というママのためのおすすめグッズをご紹介します。

添い寝グッズ1:ファルスカ ミニジョイントベッド コンパクトベッド

よくあるごく普通のベビーベッドのように見えますが、添い寝するのに適したポイントがたくさんあります。

  • 片側の柵が取り外し可能。
  • ベビーベッドを安全ベルトでベッドに固定できる。
  • ベビーベッドの高さを9段階で調節できる。
  • 工具いらずでママ一人でも組み立てが簡単!
  • 取り外し可能なキャスター付きで、室内での移動も簡単。
  • 幅940mm x 奥行き640mm x 高さ700mmのコンパクトサイズで省スペース。
  • ジョイントシリーズと合わせて、大きなサークルに変身!
  • 4通りの使用方法(添い寝ベッド・ベビーベッド・ベビーサークル・キッズベンチ)

添い寝ベッドだけでなく、成長に合わせてベビーサークル、キッズベンチとして長く使用できるのも嬉しいポイントですね!

添い寝グッズ2:ファルスカ ベッドサイドベッド コンパクトベッド フィットL

添い寝グッズ1よりも一回り大きいのがこちらのタイプ。(幅750mm x 奥行き1250mm x 高さ910mm)

ベビーサークルとのジョイントはできないようですが、広いベッドで赤ちゃんものびのび寝られそうですね。

添い寝グッズ3:Arm's Reach 添い寝用ユニット

添い寝用ユニット

おすすめポイントはこちらです!

  • 縦51×横86×高69.5cmのコンパクトサイズ
  • バーを上下できるので寝返りしてからも安心
  • キャスター付きで室内の移動が楽にできる
  • 側面にポケット、下段にスペースがあって、収納力も抜群
  • コンパクトに折りたたむことができて、実家の帰省や旅行に便利

バーを上げ下げすることができるので、ママが離れるときなどにはすぐに四方を囲んだベビーベッドにできるので安心です。

川の字で寝たいパパママ向け

赤ちゃん 寝る PIXTA

「添い寝はしたいけどベビーベッドはすぐに使わなくなりそう…」

「寝室にベビーベッドを置くスペースが作れない…」というママには、ベッドインベッドタイプをおすすめします!

添い寝グッズ4:ベッドインベッド フレックス

通常のベッドインベッドがさらに進化した多機能な便利グッズをご紹介します。

  • 添い寝だけでなく、お座りもサポート!
  • 新生児~5歳頃まで長く使用できる!
  • 動き回って大変なおむつ替えにも便利。
  • おすわりを支える腰ベルト付き。
  • 腰ベルトを取り外せばチェアベルトに!
  • 折りたたみ可能で持ち運びにも便利。
  • ミルクの吐き戻し・鼻づまり改善のための傾斜クッション付き。

添い寝用だけでなく、L字に折って使うことで椅子がわりになってしまう多機能なベッドインベッドですね!

使用期間が短いからとベビーベッドの購入をためらうママさんも、5歳ごろまで使用できるのは嬉しいですよね。

添い寝グッズを活用して、ママも赤ちゃんもニコニコ

添い寝 PIXTA

新生児期は、ねんねの時間が長いのでベッドにいる時間が長くなりますよね。

また、授乳やおむつ替えで夜中も頻繁に起きるので、「毎回身体を起こしてベビーベッドまで移動するのは身体がしんどい…」という思いもありますよね。

そんな新生児期こそ、添い寝をすることでママの体も楽になり、赤ちゃんも大好きなパパママの近くで安心してネンネできて嬉しいことだらけです。

それぞれのお家や生活環境に合わせて、お気に入りの添い寝グッズを選んでみてくださいね!

「新生児」「添い寝」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧