1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 幼児育児・子育ての基礎知識
  5. 赤ちゃんのやけど防止にストーブガードは必須!正しい選び方&使い方

赤ちゃんのやけど防止にストーブガードは必須!正しい選び方&使い方

寒い季節、赤ちゃんのいる家庭にとって欠かせないのが「ストーブガード」。ストーブは大人にとっては「寒さを緩和してくれる」大事なアイテムですが、注意をしておかなければ、赤ちゃんにとってストーブは大変な事故を引き起こす危険もあります。そこでこの記事では、赤ちゃんの安全を守るストーブガードの選び方や、その他のやけど防止対策について先輩ママたちの体験談も交えながら紹介していきますね。

PIXTA

赤ちゃんのやけどに要注意!起こりやすいやけど事故とは

赤ちゃんがいるご家庭で起こりやすいやけど事故。赤ちゃんにとってどのようなことが危険なのか、やけど事故の例を見ながらあらためて知っておきましょう。

味噌汁など熱い食べ物でのやけど

まずは味噌汁など熱い食べ物でのやけど事故に注意が必要です。

赤ちゃんにやけどをするような熱い食べ物をあげることはないでしょうが、パパママの食事を食卓に置いていて、つかまり立ちをした赤ちゃんが全身に熱いスープをかぶってしまう、という事故も考えられますよね。

味噌汁やカップ麺、熱いお茶を食卓に置くときは、赤ちゃんが絶対に届かないところに置き、テーブルクロスもかけないようにすると安全ですよ。

ポットや炊飯器によるやけど

できあがった熱い食べ物だけでなく、ポットや炊飯器で赤ちゃんのやけど事故が起こることもあります。

ポットや炊飯器からは熱い蒸気が出ていて、赤ちゃんがふと触れてしまったときにやけどをしてしまう…ということがあるのです。

ポットや炊飯器など熱を蓄えるタイプの家電製品は、赤ちゃんが入ってこられないスペースで使うことをおすすめします。

調理器具やアイロンでのやけど

調理器具やアイロンも高い熱を持つものの代表的存在ですよね。アイロンを加熱している間にママがその場を離れ、もし赤ちゃんが触れてしまったら大やけどをしかねません。

さらにもし体の上に落ちてきたら…と考えると本当に怖いことです。

調理器具やアイロンなど、パパママが普段何気なく使っているものでも、赤ちゃんにとっては非常に危険なものになりえるので十分に注意してくださいね。

花火やライターなどによるやけど

家の中にある電化製品だけでなく、花火やライターにももちろん注意が必要です。小さな赤ちゃんであれば危険は少ないかもしれませんが、1歳くらいになるとライターをつけられるようになる子も…。

パパママが見ていない間に、ライターを使って遊んでしまったら大変な事故につながります。

子どもが簡単につけられないタイプのライターを使い、子どもの手が届くところには絶対に置かないなど、使う際に細心の注意を払うようにしてください。

出典元:
子どものやけどで病院を受診する目安は?受診する診療科や処置内容も紹介

関連記事:

子どものやけどで病院を受診する目安は?受診する診療科や処置内容も紹介

子どもがやけどをしてしまって「皮膚科に行くべきか?」と悩んでいるパパマ…

赤ちゃんのやけど対策!ストーブガードを有効に使おう

赤ちゃん PIXTA

ここまで紹介したもの以外で、赤ちゃんのやけど事故が起こりやすいものが「ストーブ」です。

やけど対策としてストーブガードの導入を考えている方も多いでしょうが、ストーブガードを購入する前に、選び方のポイントや活用方法などを知っておきましょう。

ストーブによる熱で熱くならない素材のストーブガードを選ぼう

安全性の高いストーブガードを選ぶためには、ストーブの熱で熱くならない素材で作られている商品を選ぶのが基本。やけど防止のためのストーブガードなのに、ストーブガード自体が熱くなっては意味がありませんよね。

金属は熱源に近づくと熱くなりやすいですが、シリコン素材や植毛素材であれば安心です。頑丈さを考えると金属製を選びがちですが、熱を伝えにくい素材であるか確認してから選ぶようにしてください。

ポリタンク収納も用意しておくと良い

ストーブを使うために必要な灯油。直接やけどの原因にはならないものの、赤ちゃんにはなるべく触れてほしくないものですよね。そこでストーブガードを購入する際には、ポリタンク収納を用意しておくことも考えることがおすすめ。

ポリタンクケースを購入したり、子どもの手の届かない場所にポリタンクを収納するようにしたり…。部屋の中で安全にポリタンクを収納できるよう、今一度置き場所を考えてみてはいかがでしょうか。

ストーブガードがベビーサークルになるものも

ストーブガードの中には、ベビーサークル代わりになるすぐれものもありますよ。赤ちゃんがいてストーブガードが必要になるおうちでは、同時にベビーサークルが必要だとも感じられているはずです。1台2役で活用できると便利ですよね。

ベビーサークルになるストーブガードであれば、ストーブを片付ける時期がきても有効活用ができます。

暖房器具や加湿器による、子どもの「やけど事故」に注意!実際にあった事故と防止策

関連記事:

暖房器具や加湿器による、子どもの「やけど事故」に注意!実際にあった事故と…

寒さと乾燥が厳しくなってきました。暖房器具や加湿器がフル稼働になってい…

暖房器具での赤ちゃんのやけど防止で先輩ママが行う対処法

ストーブ PIXTA

冬になると大活躍する暖房器具。暖房器具による赤ちゃんのやけど防止のための対策はストーブガードだけではありません。

ここからは赤ちゃんのやけど防止対策法について、ママリに寄せられた先輩ママからのコメントをピックアップして紹介していきますので参考にしてくださいね。

ストーブガードを開けてスイッチを押すのでカラビナ付けてました!
あとはストーブガードの中におもちゃを投げ入れたり、ストーブの上におもちゃを置こうとするので気をつけてみてました。
1歳前後の時はストーブガードをして更に少し離れたところにバリケードとしてテーブル置いてました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

先輩ママたちのコメントを見ていると、ストーブガードをしていても近づきすぎて軽いやけどをしてしまう赤ちゃんもいるようです。

赤ちゃんはストーブに興味津々なこともあるようで、ストーブガード越しに熱にさらされてしまうこともあるのですね。

ストーブガードを設置しても安心することなく、さらに対策を練る…というくらいがちょうど良さそうです。

あ~確かに前側がストーブと近かったら熱くなりますね💧なのでうちは少し前側に余裕を持たせて設置してます!
ストーブの下に挟んで固定させるので
倒れる心配はありませんよ😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

こちらは北海道にお住まいの先輩ママの質問へのコメントです。やはりストーブと近すぎるとストーブガードが熱くなることもあるようですね。

ストーブガードの素材を選ぶだけでなく、設置する位置を工夫するなど、パパママが配慮してあげることも必要なのでしょう。

私はベビーサークルの中にストーブを置いてやってました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

こちらの先輩ママの赤ちゃんもストーブに興味津々だったようです。

ベビーサークル代わりになるストーブガードがあると紹介しましたが、ストーブに興味を示す赤ちゃんがいるご家庭ではベビーサークルとストーブガードのダブル使用が必要かもしれません。

ストーブガードが倒れる可能性は低いとは言え、二重・三重のやけど予防対策を行って悪いことはありません。先輩ママ方のやけどへの対策も参考にしながら、念には念を入れましょう。

0歳児はとくに重症になりやすい、やけどから赤ちゃんを守るポイント

関連記事:

0歳児はとくに重症になりやすい、やけどから赤ちゃんを守るポイント

台所、食卓、暖房器具がある部屋など、家庭の中にはやけどをしやすい場所が…

赤ちゃんのやけど防止にストーブガードは必須!

赤ちゃん PIXTA

先輩ママのコメントを見ていると、ストーブに興味津々な赤ちゃんは少なくないようです。うっかり触ってしまっては大やけどにつながりかねませんので、寒い地域ではストーブガードが必須アイテムとなるでしょう。

ただし、ストーブガード自体が熱くなることや、その他の熱源でやけどをしてしまっては意味が薄れてしまいますよね。

安全なストーブガードの選び方を知って、その他の熱源も赤ちゃんの手が届かないところに設置するなど、細心の注意を払って暖房器具の危険から赤ちゃんを守ってあげてくださいね。

子どもが火傷(やけど)した!応急処置の方法ややけどをしやすい場所・対策も確認

関連記事:

子どもが火傷(やけど)した!応急処置の方法ややけどをしやすい場所・対策も確認

月齢の低い子どもは熱いものに対して用心することを知らないので、うっかり…

おすすめ記事

「ストーブガード」「赤ちゃん」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧