ついにはじまった?生後9ヶ月から始まったうちの子の夜泣きをイラストで紹介

夜泣く事を夜泣きと言う人もいれば、ただ泣くだけでなく、何をしても泣き止まないのが夜泣きだと言う人もいる。何にせよ、ママはみんな夜泣きを恐れているのではないでしょうか。生後6ヶ月頃から始まるというのをよく聞きます。それより早くに始まる子ももちろんいます。うちの子の場合、夜泣きらしいものが始まったのは、生後9ヶ月頃でした。

きりんのびのび日記

2015年、待望の第一子となる男の子「ゆず」を出産しました。分からないことだらけの育児でてんやわんやですが、主人や周りに助けられ、過ごしております。

夜、まだまだ寝るのが下手っぴなゆず。夜中は3、4回目を覚まして授乳したり、抱っこしたり四苦八苦しております。

そんな中、はじまった夜泣き。

今までなかったので、ゆずはしないのかな?と思っておりましたが、ついにきてしまいました。夜泣きの原因については諸説ありますが、ゆずの夜泣きが始まった!と確信した日がありましたのでイラストにて紹介します。

恐れていた・・・これはもしや夜泣き?!

自身のイラスト

今までもまとまって寝てくれなかったゆず。2~3時間おきに、泣いて起きていました。そのたびに、添い乳で寝かしつけをしていたのですが、この日の起き方はいつもと違う様子でした。

深夜3時頃、ゆずが起きたかなと思うと…

突然の大泣き!

自身のイラスト

突然のギャン泣き。今までは徐々に大きく泣いていく感じだったので、いつもと違う泣き方に私もビックリ。ゆずの方を見てみると、この時は目をつむったまま泣いていました。

自身のイラスト

目を閉じて泣いていたので、また寝るかな?と思って様子を見ていました。

寝ぼけているのだとしたら、抱っこしたり授乳したりするのは、かえって赤ちゃんを起こしてしまう・・・と、以前保健師さんに聞いたことがあったからです。

目をつむったまま座って泣き続ける

自身のイラスト

様子をみていると、「あー!」と泣きながら布団から這いだして、そのままチョコンと座りました。

目をつむったまま、泣き続けていました。ゆずを横にして添い乳を試みるも、泣き続けておっぱいを吸おうとしません。寝ぼけながら大泣きするゆずを見て、「これはよく聞く夜泣きでは?」と思ったのです。

その後の寝かしつけ…我が家の場合

自身のイラスト

いつもは泣いて起きても、添い乳すれば寝てくれていた、ゆず。この日は全然駄目でした。

おっぱいを吸わずに泣き続けるので、とりあえず抱っこ。おっぱいでも駄目なんて...やっぱり夜泣きなのね...!と、私も長時間抱っこするために気合をいれました。

とは言っても、ここ最近寝かしつけは添い乳のみで、昼間の寝かしつけは抱っこひもだったので、抱っこで寝てくれるとは思えず。ただ、抱っこ紐を使うとなれば寝てくれた場合布団に降ろしにくいので、素手でのだっこで寝かしつけを試みました。

慣れない抱っこでの寝かしつけ・・・その後。

自身のイラスト

あまりに泣くゆずを見て可哀想だったので、安心するように包み込むように抱っこしました。

最初は泣き続けていましたが、体勢を変え変え、なんとか抱っこで寝てくれました。長時間抱っこが久しぶりだったからか、この日は全く苦にならず。抱っこで寝てくれて、少し嬉しかったです。

自身のイラスト

寝た、と思うと、一気に疲労感が。永遠に抱っこできる筋力がほしい!腕も限界、私の眠気も限界...

降ろすと起きるんじゃないかと思いましたが、眠気に負け、布団に降ろすと...

自身のイラスト

まるで鬼かのような暴れ方に・・・!

深夜だったのもあり、私も半泣きで「本当に鬼でもとりついたんじゃ?!」と訳の分からない思考回路に。この後、また抱っこをし、そのままの体勢でソファへ倒れこみ朝を迎えました。朝起きるとゆずはケロリ。この日から、毎日ではありませんが、夜泣きが始まりました。

特に、何か刺激があった日に多いです。犬に吠えられた。とか、お友達にたたかれた、など。しかし何もない日にも、おこります。

背中スイッチを押さずに抱っこから布団へ寝かせる方法

関連記事:

背中スイッチを押さずに抱っこから布団へ寝かせる方法

授乳中に寝てしまった、あるいは抱っこでようやく寝かしつけた赤ちゃんを布…

子供の夜泣きは、家族みんなで向き合おう。

自身のイラスト

夜泣きが怖くて、刺激をうけないように家に閉じこもるのも、良くないですよね。

ゆずの夜泣きには私も泣きたくなりますが、「成長のしるしなんだよね」と思い、気長に付き合っていこうと思います。夜泣きのあった朝は、いつもの時間に起きずに寝かせてもらいます。

朝の支度も、旦那さんには申し訳ないですが自分でしてもらいます。そんなふうに家族にもサポートしてもらいつつ、自分に合った方法で向き合っていこうと思っています。

きりんのびのび日記

「夜泣き」「イラスト」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!