療育センターはどのような所?1日のスケジュールや通所することで得られるもの

子供の定期健診や保育園などで発達に遅れや偏りがあると判断された場合、保健師や保育士から療育センターへの通所をすすめられることがあります。しかし、療育センターでは子供が何をするのか、子供がどのように成長する場所なのかわからないことから、通所に不安を感じているママも多いのではないでしょうか。療育センターで行われる支援の内容や子供たちの様子について、東京都にある療育施設「コラボいなぎ いなぎこども発達支援センター」センター長の村上愛美さんにお話を聞きました。

プレミアム記事

PIXTA

療育センターとは何をするところ?

療育センターとは発達に遅れや偏りがある子供たちが通う施設です。子供たち一人ひとりの特性を理解し、発達に合わせた活動をしていくことで、子供自身が「わかった」「できた」という体験を積むことができます。

幼稚園や保育園では集団生活を重視しているのに対し、療育センターはそれぞれの子供に合わせて活動を行います。集団での生活に馴染みにくい子供でも、その子に合わせた接し方でコミュニケーションができるため、子供の自信や自己肯定感につなげます。子供たちが自信を持ち「もっとやってみよう」という気持ちでいきいきと暮らしていくことができるように支援する施設です。

療育センターに通うのはどのような子供たち?

編集部撮影

今回取材したコラボいなぎ いなぎこども発達支援センターには、2歳~5歳までの発達に遅れがある子や偏りがある子が通っています。

発達の遅れが気になる子は、1歳半健診などの保健センターで行われる健診で発達に関する指摘を受けて、経過観察の後に2歳ごろから通所する子が多いそうです。また、発達の遅れはなく偏りが見られるときには、保育園や幼稚園からの紹介を受けて3歳以降に通所を始めるケースもあるといいます。

1週間のうちに通所する日数はそれぞれ違い、保育園や幼稚園に通いながら週に1回療育センターに通う子や、毎日通っている子などさまざまです。

療育センターにいるのはどのような専門家?

保育士 子供 amana images

療育センターにはさまざまな分野の専門家がいます。この施設の場合は以下のような専門家が療育に携わっています。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「療育センター」「発達」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧