監修:齋木啓子 先生

5歳までに10人に1人が経験、子供がけいれんを起こしたときの対応方法

急に体を硬直させて意識を失い、手足を震わせる…。「けいれん」とはこのような状態です。特に、高熱の際に起こる「熱性けいれん」は5歳までの子供の10人に1人が経験するといわれています。発症率が高い分「もし、うちの子がけいれんを起こしたら…」と不安をかき立てられる方もいるでしょう。けいれんが起きたときにすべきことと、してはいけないこと、受診の判断基準をご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

けいれんの原因は脳にある

赤ちゃんや小さい子供がけいれんを起こす原因の一つには、脳の未熟さがあるといわれています。脳の神経細胞は、通常、さまざまな信号をやり取りして情報を伝えあっています。大人なら、高熱や細菌、ウイルスなどの刺激が加わったとしても簡単に影響を受けませんが、子供の脳の抵抗力は未熟です。そのため、信号の統制が乱れてけいれんを発生させるのではと考えられていますが、明確な原因は明らかになっていません。

赤ちゃんのけいれんの場合、38℃以上の発熱が刺激となって起こる「熱性けいれん」がとくに多くみられます。そのほかに、泣き過ぎによって脳が一時的に酸素不足になることで、けいれんが引き起こされる「憤怒(ふんぬ)けいれん」もあります。

出典元:

けいれんが起きたときの対応方法

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

記事の監修

みんなのクリニック 大井町

齋木啓子 先生

おすすめ記事

「けいれん」「ホームケア」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

新生児・乳児の湿疹・かかりやすい病気の人気記事