3歳児の子供が上手に着替えるための私が見つけたコツ!親ができるサポートと着替えない時の対処法

子供が成長した!という場面の1つに着替えがありますよね。着替えを自分でできるようになれば本人も自信になり、ママの手をまた一歩離れていきます。でも2歳から3歳の子供にはまだ難しい事もたくさん…そんな子供の、特に3歳児の着替えについて上手になるためのコツなどを紹介します。ママも長い目で見守りつつ、楽しく着替えを覚えましょう!

PIXTA

子供の着替えを成功させるために!

2歳~3歳になるとだんだん自分でできる事が増えてきますよね。成長が嬉しい反面できる事は自分でやって!と忙しいママは思ってしまいます。その中の1つが着替え。

こちらの記事ではそんな子供に覚えてもらいたい生活習慣の1つである着替え、特に3歳児の着替えについて上手に着替えるため私が見つけ出したコツを紹介したいと思います。今まさに苦戦しているママもこれからのママも、ぜひ参考にしてくださいね。

2歳児の子供が上手に着替えるためのコツ

関連記事:

2歳児の子供が上手に着替えるためのコツ

自己主張が強くなりイヤイヤ期に入る2歳児。生活習慣の1つである着替えにも…

コツ①着替えやすい服を用意

何度も着替えを手伝っているママなら子供が着替えやすい服がどんなものかわかっていると思いますが、主なポイントを以下にあげてみます!

  • ゆったりとした服
  • ボタンが大きいもの
  • 前後が分かりやすいもの

体にぴったりとした服だと大人でも着替えに手間取りますよね。最初はゆったりとした、子供がスムーズに着替えできる服を準備しましょう。

ボタンがある場合はボタンが大きく分かりやすいものにすると良いでしょう。また服の前後がわかるマークなどがついているものを用意すれば前と後ろの違いが子供にも分かりますね!

自分でお着替えトレーニング!子供が着やすい服は?

関連記事:

自分でお着替えトレーニング!子供が着やすい服は?

子供が自分でお着替えを始める時期はママにとっても格闘の連続です。でも自…

コツ②子供の後ろで着替えをサポート

子供の後ろでサポート PIXTA

子供と同じ方向から服を見ることで着替えの説明がスムーズになります。更に子供の視界にパパやママがいない事で子供が自分で着替えをしているという感覚が強くなるかと思います。

パパやママもサポートはなるべく言葉をかけるだけにしましょう。どうしてもの場合も手を添えるだけ、成功した場合に子供が自分でできた!という感覚を覚えさせることが大切ではないでしょうか。

コツ③着やすいように服をセット

着替え前に、床などに着やすいようにきちんとして服を置くと良いでしょう。上着は、ボタンがない被るタイプのものは背中側が見えるように置き、ボタンがあるものは最初に持ちやすいように首のところを手前にしてセットします。

ズボンは穿き口を手前にして置きましょう。ズボンだけなら2歳くらいからチャレンジできるのではないかと思います。

コツ④脱ぐときこそしっかりサポート

脱げない子供 PIXTA

着ることが上手になってきたと思ったら、お風呂の前に「脱げない~」とパニックになっている様子を目撃することが増えました。頭が出なくなってそのまま目の前が真っ暗になってしまい、パニックで「ママ助けて!」となってしまいます。その様子はちょっと笑ってしまうのですが、本人は真剣。

無理な時や助けを求めてきたときはそっとサポートしてあげましょう。

コツ⑤大人が見本を見せる

この時期は子供の前で着替えをしたりして親がどのように着替えるかを見せることも大切だと思います。1つ1つの動作を子供に分かりやすいように、言葉にしながら見せてあげましょう。

基本が分かれば、後は自分に合った着替え方法を自分自身で学んでいくと思っています。

コツ⑥できたらたくさん褒めよう

着替えができたらたくさん褒める PIXTA

これは着替えだけに言える事ではありませんが、成功したときはたくさん褒めてあげましよう!それが子供の次への意欲となると私が考えています。

また失敗しても一番ショックを受けるのは子供自身です。親は焦らず「残念だったね。でも大丈夫だよ」と肯定してあげましょう。肯定される事で子供はこの次も頑張ろうという勇気が湧いてくるのではないでしょうか。

出典元:
子供の着替え方と練習法 シャツやズボンの着方や着替え競争などの工夫を紹介

関連記事:

子供の着替え方と練習法 シャツやズボンの着方や着替え競争などの工夫を紹介

大人にとって着替えは簡単なことですが子供にとって着替えはとても複雑で大…

こんなときはどうしたら?子供の「着替えイヤ」対策!

泣く PIXTA

3歳児はまだまだ生活習慣よりも好きなものを優先させてしまいがち。ママが着替えをしてほしくても「着替えたくない」ということもしばしばあります。

そんな場合にはどうしたら良いでしょうか?私が試してみた、子供が着替えを嫌がるときの対策を紹介しますね。

本当に着替えがイヤなの?

本当に着替えそのものを嫌がっているのでしょうか?例えばママの気を引きたいだとか、これから行こうとしているところが嫌、などの理由は考えられませんか?

こういった場合はママは頭ごなしに「早くして!」というのではなく、本人の思いを聞いてあげながらすすめるとよいと思います。「なんでいやなの?」「そうなの、それがいやだったんだね」と気持ちを聞いてあげると、いつの間にかすっきりとした顔で着替えてくれる、ということもありました。

今日はあの洋服が着たい!

洗濯 PIXTA

3歳になると自分が着たいお気に入りの服がある子もいるのではないでしょうか。アンパンマンが良い、ピンクの服が着たいなどの希望に添った服でないとイヤ、ということもあると思います。

できれば子供と一緒に相談しながら本人が着たい服を準備しましょう。またTシャツは好きなものを選ばせて、ズボンはママがこれがいいと思うよ、という半分選ばせる方法も効果的でした。好きな洋服なら早く着たくなるのは、大人も同じですよね。

ほかの事が気になっている

着替えの途中や着替える前に、ほかの事に興味がいってしまう事もあるでしょう。そんなときには着替えが面白いということをママがアピールしてみてください。

例えばぬいぐるみが子供の服を着ようとしているだとか、お洋服が着てくれないと寂しいって言ってるよ?などと遊び要素を入れて興味を引くと、わが子には少し効果がありました。

それでもテレビアニメなどに目が向いてしまっている時には着替えてくれないこともあり、急いでいる時はテレビは消し、着替えに集中してくれるようにしていました。

うまくいかない、もうイヤ!

イヤになる子供 PIXTA

思うように着替えができない、うまくいかないことによって着替えたくなくなる場合もありますね。こういう場合は「大丈夫、またやろうね」などと声をかけてパパやママが着替えさせてあげましょう。

ついイライラして「できなかったね」「ダメだったね」というマイナスな言葉をかけてしまったこともあります。そうなると次の着替えの時も表情が曇ってしまい、なかなか着替えてくれなくなってしまいました。

その時私自身はとても反省し、今では前向きな言葉でアドバイスをするようにしています。

子供が着替えをイヤイヤ!そんなときにはどうする?先輩ママの体験談

関連記事:

子供が着替えをイヤイヤ!そんなときにはどうする?先輩ママの体験談

「着替えるよ」その言葉だけで逃げ出してしまう子供、暴れて着替えがなかな…

子供の着替え、傍でゆっくり見守ってあげて

傍でゆっくり見守る PIXTA

歯磨きやトイレ、何につけても子供に教えるという事では急いでもうまくいく事はありません。子供には子供のペースがあり、何より子供自身がその気にならないとできるようにはなりません。

子供の着替えはパパやママの上手なサポートが大切。しっかりコミュニケーションをとってゆっくり見守ってあげてください。こちらの記事をぜひ参考にしてくださいね。

「子供」「着替え」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧