1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. おむつ・トイレトレーニング
  5. おまるはいつから使う?使い方の基本とおすすめおまる3選をチェック

おまるはいつから使う?使い方の基本とおすすめおまる3選をチェック

子どもが1歳から2歳になるころのパパママの関心事といえば、「おまるはいつから使えばいいの?」ということではないでしょうか。特に最近はおむつなし育児をしている方もいて、気持ちが焦るという方も少なくないと思います。そこでこの記事では、おまるはいつから使い始めればいいのか、一般的な使い始める時期の目安や、おまるの使い方を見ていきましょう。また、おすすめのおまるも紹介するので、これからおまるを購入したいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

PIXTA

おまるはいつから使い始めるか

おむつからトイレへの移行に便利なのがおまる。小さな子どもだとおまるに上手に座ることも難しいものですが、一体いつからおまるを使えるようになるのでしょうか?

一般的な年齢の目安と、トイレトレーニング開始時期の目安から使い始められる時期を紹介していきます。

おまるを使えるようになる目安は「1歳台」

おまる PIXTA

トイレトレーニングでおまるを使い始めるのは、一般的に1歳くらいだとされています。

トイレトレーニングは2歳後半ごろから始めることが多いようですが、補助便座よりもおまるのほうが小さな子どもでも足が届きやすく低年齢で使えるようになるので、トイレトレーニングを早めに始める1歳台から、おまるを使えるようになる子どもが多いでしょう。

トイレトレーニングを始める時期はいつから?

先ほどご紹介した通り、1歳台になればおまるに座れるくらい体は成長している子が多くなります。ただおまるに座れる=トイレトレーニングができる、というわけではありません。ここには個人差が大きく出てきます


一般的にはトイレトレーニングを始める時期は、2歳後半ごろからの方が多いようです。

おまるは子どもの成長にあわせて使い始めよう!

おまるは1歳台、早い子どもであれば1歳前から使い始める場合もあるようですが、やはり子どもの成長にあわせてあげるのが一番です。

トイレトレーニングを開始する年齢にも、トイレがうまくできるようになる年齢にも子どもにより差が生じるもの。「○歳からはおまるを使う」と年齢で区切るのではなく、子どもが上手におまるに座れるようになったときが使い始めるタイミングでしょう。

他の子どもと比較したり、年齢がきたから使い始めたりするよりも、子どもの成長を見守りながらおまるを使えそうなタイミングになったら座らせてみる…という、無理のないトイレトレーニングが子どもにとっても負担になりませんよ。

出典元:

トイレトレーニングやおむつについての記事をもっと読みたい方は、下記よりごらんください。

トイトレ・おむつの記事をもっと読みたい方はこちらから

先輩ママはおまるはいつから始めてた?

ママ PIXTA

これからおまるを使い始めようとするパパママにとっては、先輩ママがいつからおまるを使わせていたのか…と気になるのではないでしょうか。

ここからは、ママリに寄せられた先輩ママたちの声から、皆さんがいつからおまるを使い始めていたのか実体験を交えながら深堀していきます。

1歳台からおまるを使い始めたママたちの声

最初にお話したように、先輩ママたちからも「1歳台からおまるを使い始めた」という声が見られました。

娘は、1歳4ヶ月頃からやんわりと始めました☆
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
娘は1歳4ヶ月の春から始めましたが次産まれてくる子は1歳からしようと思っています😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

先輩ママたちからの意見を参考にすると、1歳を過ぎたらおまるに座れるようになる子どもが多い印象です。早めにトイレトレーニングを始めたいと考えられているなら、子どもが1歳を過ぎたころからおまるを用意すると良いかもしれませんね。

おまるは0歳台からでも使える!

最近は「おむつなし育児」を行う家庭もあり、なんと0歳台からおまるを使っていたという先輩ママも少なくありませんでした。

0ヶ月からリッチェルのを使ってます。
4ヶ月からはサブおまるとして西松屋999円も使ってます。
ママリのおむつなし育児仲間さんで1歳前から西松屋を使ってる方結構いらっしゃいます
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
生後3カ月からホーローのおまるでウンチやおしっこをしています。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
8ヶ月頃から座るタイプのオマルを使ってゆる~くトイレトレーニング的なものをしていました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子どもが0歳台から本格的にトイレトレーニングをしたという方は多くありませんでしたが、おむつなし育児を実践されている方や、トイレに慣れさせる意味合いで少しずつおまるを使っていた…という方は見られました。

「おまるをいつから使おう?」「まだ早いかな?」と悩まれているなら、0歳台からでも使える子どももいるので、練習次第で小さな年齢からでも使えるようになると思いますよ。

おまるの使い方

あひる PIXTA

0歳台から1歳台まで、小さな子どもでも使えるおまる。子どもに使わせる前に、まずはパパママがおまるの基本的な使い方をマスターしておきましょう。

おまるはまたぐタイプ・座るタイプ・ポットタイプの3種類がありますが、いずれもパパママにとっての取り扱い方は同じです。子どもをおまるの上に座らせた後、子どもが排泄できたら、ポットを取り外して排泄物をトイレに流してからきれいに洗浄します。

洗浄方法はおまるを水できれいにすすいだ後、すすいだ水はトイレに流し、水分をトイレットペーパーで拭き取るだけです。もし頑固な汚れがついていたら、トイレットペーパーでこするように落としてくださいね。

おすすめのおまるを紹介!

おまる PIXTA

それでは使い方をマスターしたところで、これからおまるを使い始めたいパパママに向け高い人気を誇るおすすめおまるを紹介します。

さまざまなタイプのおまるが販売されていますので、デザイン性や使い勝手、価格などを考えてご自宅にピッタリのおまるを選んでください。

【アガツマ】アンパンマン 6WAYおまる

アンパンマン 6WAYおまる おしゃべり・メロディ付き(1個)

小さな子どもから大人気のアンパンマンがついたおまるです。またぐタイプ・座るタイプの両方で使うことができ、おまるで排泄できるようになった後は分解して、踏み台&補助便座として使うこともできる万能なおまるです。

ボタンを押すとアンパンマンのおしゃべりが流れるので、おまるに座るのを嫌がる子どもでも喜んで座ってくれるかもしれませんね。流水音も流れる仕組みで、おまるでありながら本物のトイレに慣れさせるためにも使えます。

【ベビービョルン】イス型オマル パウダーピンク

ベビービョルン イス型オマル

ベビービョルンのイス型おまるは、イス型の上品でシンプルなデザイン。一見するとおまるには見えないほどスタイリッシュなデザインで、リビングに置いても違和感がありません。

人間工学デザインで背もたれが幅広く作られているため座り心地がよく、長時間座っていても疲れにくいところが最大の特徴。おまるが初めての子どもでも快適に排泄ができれば、その後のトイレトレーニングもスムーズに進みそうですね。

【コンビ】ベビーレーベル 洋式おまるでステップ

ベビーレーベル 洋式おまるでステップ

コンビのおまるは、まるで大人用洋式便器をミニチュア化したようなデザイン。蓋の開け閉めもできるので、使わないときは蓋を閉めておけばスッキリとした見た目になります。

おまるを使わないパパママからは、「結局トイレに慣れさせる手間がかかるから…」という声が聞かれます。しかし小さな便器のようなデザインのこの商品を使えば、おまるでありながらトイレでの排泄の雰囲気を教えてあげられ、トイレへの移行もスムーズになるはずですよ。

うまくいかない...トイレトレーニングの救世主!お役立ちおもちゃ&グッズ20選

関連記事:

うまくいかない...トイレトレーニングの救世主!お役立ちおもちゃ&グッズ20選

子どもの成長は早いものです。離乳食から幼児食に変わったとおもったら、次…

おまるが使える目安は1歳。ただし子どもの成長に合わせて

1歳 PIXTA

「おまるはいつから使い始めるものなの?」と気にしているパパママは多いものですが、一般的な目安では1歳から使い始めると無理なくトイレトレーニングが進むはずです。

おまるは補助便座と違い排泄後の洗浄が必要なので、使い方が複雑だと思われる方もいるかもしれませんが、小さな子どもにとって補助便座よりしっかり安定するおまるの方が使いやすいのが魅力です。

紹介したおすすめおまるの情報も参考にしながら、子どもが楽しく、無理なくトイレトレーニングを進められるようなおまるを選んでくださいね。

気づけば、何も進展しないまま1年。「わが家のトイトレ大作戦」第1話【育児漫画】

関連記事:

気づけば、何も進展しないまま1年。「わが家のトイトレ大作戦」第1話【育児漫…

1歳半を過ぎたころ、健診の際に案内をもらったことがきっかけでトイトレデビ…

おすすめ記事

「おまる」「いつから」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧