1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. 幼児食の基礎知識
  5. 3歳児が野菜を食べない!野菜嫌いでもおいしく食べられるレシピ3選

3歳児が野菜を食べない!野菜嫌いでもおいしく食べられるレシピ3選

2歳から3歳前後になると急に食べ物の好き嫌いが増えてくることがありますが、中には「野菜をまったく食べない…」という子どもも。おかずに入れても、野菜だけ避けてしまうという野菜嫌いの子どもも少なくありません。パパママとしては「野菜を食べない子どもはどうなるの?」と栄養面が心配になりますよね。この記事ではなぜ野菜嫌いの子どもが多いのか理由と、野菜を食べない3歳児でも野菜が食べられるようになるおすすめレシピを紹介します。

PIXTA

3歳児が野菜を全く食べない!ママの体験談

3歳になると野菜を食べない子どもが増えてくるようです。ママリに寄せられたママたちからの体験談でも、「3歳の子どもがまったく野菜を食べない…」という意見が見られました。

野菜嫌いの子ども!でも形を変えれば食べることも…

野菜嫌いでおかずに入っている野菜を残そうとする子どものママからのコメントです。

息子は何も言わなければ好きじゃない野菜は残そうとしますが、これ全部食べたら苺あるよ?とかデザートちらつかせて食べさせてます

スティック野菜はソースをつけるのが好きなのかたくさん食べます
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

野菜嫌いの子どもでも、おかずではなく、スティック野菜なら食べられるなんて意外な話です。「ソースをつける」ことが遊びのように感じられて楽しいのでしょうか。

野菜を食べない3歳の子どもでも、スティック野菜と同じく遊びのような感覚で作れる手巻き寿司などであれば、野菜を食べてくれることもありそうですね。

白米しか食べないので野菜ジュースで補う

3歳で野菜嫌いの子どもの中には、白米しか食べないという子どももいるようです。親としては栄養の偏りが心配になってしまいますよね。

…中略…私の息子も同じく白米しか食べないので心配なのは心配です。
なので野菜ジュースをあげたりしてます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

おかずを食べてくれない野菜嫌いの子どもでも、野菜ジュースでなんとか栄養を補おうとする気持ちはよくわかります。しかし、下記のように、野菜ジュースと食べ物の野菜は別物という意見もあります。野菜嫌いへの対応の一つではありますが、いろいろな方法を模索したいところですね。

調剤薬局の管理栄養士の立場からは、外出時や多忙な時など、一時的な野菜の代用にはお薦めしますが、野菜ジュースは食べ物としての野菜とは別物と考え、上手に利用することをお勧めしたいです。 ※1

3歳児が野菜を食べないのはどうして?

野菜 PIXTA

野菜嫌いの子どもは少なくないですが、なぜ3歳前後の子どもは野菜を食べないのでしょうか?3歳児が野菜を食べない理由とは、味覚の形成が3歳ごろまでに完了することに関係していると考えられます。

味覚の形成は離乳食期から3歳にかけて行われます。味覚がほぼ形成され、味を感じる「味蕾(みらい)」の数が大人より多い小さな子どもは味にとても敏感。大人は感じないような苦味や酸味、舌触りの悪さを感じ取っているから野菜を食べないようです。

「離乳食では野菜を食べていたのに…」というパパママもいると思いますが、3歳前後の子どもは自我の発達にともない自己主張ができるようになり、言葉も上手にしゃべれるようになるので食べ物の好き嫌いを表現する子どもが増えてきます。

野菜を食べない子どもはどうなるの?どんなデメリットがあるの?

野菜を食べない子どもはどうなるかとパパママは心配でしょうが、3歳でまったく野菜を食べない子どもでも、1日に必要な栄養素がきちんと摂取できていれば大きな問題はありません。

野菜と果物の栄養素は似ているので、果物を積極的に食べてくれるなら野菜が食べられなくてもビタミン・ミネラル・食物繊維などは補えるはず。

ただし、カロリーや糖質量を考えれば果物より野菜を食べたほうが肥満になりにくくなります。野菜を食べない3歳児には他の食べ物で栄養を補ってあげれば問題ありませんが、少しずつでも食べられるようになると良いですね。

出典元:
3歳の子がご飯を食べない…その理由と効果的な対処法を徹底解説!

関連記事:

3歳の子がご飯を食べない…その理由と効果的な対処法を徹底解説!

3歳の子どもがいるパパママは、「どうしてもご飯を食べない!」とイライラし…

野菜を食べない3歳児におすすめのレシピ

レシピ PIXTA

それでは、野菜を食べない3歳児に少しでも野菜を食べてもらうため、おすすめの野菜レシピを紹介します。

なるべく調理が簡単で、一度にたくさんの野菜が摂取できるレシピを厳選しましたので、野菜食べない3歳児に困っているパパママは挑戦してみてください。

野菜たっぷりのミートソース

具材が全部野菜でも、ミートソース味なら野菜嫌いの子どものおかずにピッタリです。食べない子どもが多いにんじんやピーマンも、フードプロセッサーで細かくすれば抵抗なく食べられそうですね。

スパゲティーやご飯にかけても良いですし、肉料理・魚料理のソースとしても使えます。

【材料】(子ども1人前)

  • にんじん 1/10本
  • ピーマン 1/2個
  • 玉ねぎ 1/10個
  • ブロッコリー 小1個
  • 牛豚ひき肉 20g
  • トマト缶 1/10缶
  • 中濃ソース 少々

【作り方】

  1. 野菜をフードプロセッサーで細かく砕く
  2. フライパンでひき肉を炒め塩・コショウで味付けする
  3. フライパンに野菜を加えてさらに加熱する
  4. トマト缶を加えて水分が少なくなるまで煮込む
  5. 中濃ソースで味を整える

野菜パン

ホームベーカリーがご自宅にあるなら、野菜パンを作ってみてはいかがでしょうか?もしなければ同じ方法で、ホットケーキミックスを使ってホットケーキやパンケーキにすれば、すりおろしにんじんや撹拌したほうれん草をホットケーキミックスに混ぜて焼くだけで完成します。

食べさせたい野菜を使っておやつのようなパンが作れるので、野菜を食べない3歳の子どもでも喜んで食べてくれるでしょう。今回はほうれん草とにんじんで紹介しますが、かぼちゃやブロッコリーなど、野菜の種類を変えていろいろなバリエーションで作れます。

【材料】(6~7個分)

  • 全粒粉 120g
  • 強力粉 120g
  • ほうれん草 1/2束
  • にんじん 25g
  • はちみつ 15g
  • ドライイースト 3g
  • 塩 3g
  • バター 20g

【作り方】

  1. フードプロセッサーにほうれん草と水を入れて撹拌する
  2. 大根おろしでにんじんをすりおろす
  3. ホームベーカリーに残りの材料とほうれん草、すりおろしにんじんを入れる
  4. 生地モードにしてしばらく待つ
  5. 生地を丸く整形し、ふきんをかけて15分間待つ
  6. 180℃で15分焼く

にんじんのチーズガレット

野菜を食べない3歳の子どもでも、チーズが大好きなら絶対に喜んでくれそうな野菜レシピです。外はカリカリ、中はふんわりとした食感がおいしく、やめられないおいしさ。

作り方もとても簡単なので、パパ用のおつまみや子どものおやつとしても活用できますよ。

【材料】(1人分)

  • にんじん 1/2本
  • ピザ用チーズ 50g
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • コンソメ顆粒 小さじ1/2
  • あらびきコショウ 少々

【作り方】

  1. にんじんを千切りにする
  2. 材料をすべて混ぜ合わさせる
  3. 熱したフライパンに薄く2を流し込む
  4. 2~3分中火で焼いたら裏返してさらに2~3分焼く
  5. 強火にしてチーズがカリカリになったら完成
3歳児のごはんの注意点は?おすすめレシピと一緒に解説!

関連記事:

3歳児のごはんの注意点は?おすすめレシピと一緒に解説!

2歳のときと比べると、身体も随分としっかりして、コミュニケーションもちゃ…

野菜を食べない3歳児には食べやすい野菜レシピで!

3歳 PIXTA

3歳の子どもは味覚が敏感で、野菜の苦味や舌触りを嫌がって野菜をまったく食べないことも少なくありません。

野菜以外で必要な栄養素が摂取できれば問題ないとは言え、まったく野菜を食べない子どもをもつママパパは栄養面が不安でしょう。そこで、この記事で紹介した野菜食べない3歳児向けのレシピに挑戦してみてください。

野菜パンやホットケーキに混ぜれば、お菓子感覚で野菜が食べられるようになります。ミートソースやチーズガレットは作り方が簡単で、野菜嫌いの子ども向けのおかずとしてピッタリですよ。

手間をかけずに完成!野菜をたっぷり食べられる、簡単おかずレシピ21選

関連記事:

手間をかけずに完成!野菜をたっぷり食べられる、簡単おかずレシピ21選

家族の在宅時間が長くなり、そのぶん食事を作る回数が増えているというママ…

おすすめ記事

「3歳」「野菜」「食べない」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧