1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. 幼児食の基礎知識
  5. 子どもが野菜を食べない理由は?野菜嫌い・野菜不足解消レシピも紹介

子どもが野菜を食べない理由は?野菜嫌い・野菜不足解消レシピも紹介

小さな子どもを持つパパママの悩みとしてよく聞かれるのが「子どもが野菜を食べない」ということ。パパママは「野菜を食べない子どもはどうなるの?」「野菜を食べないけれど大丈夫?」と不安でしょうが、子どもが野菜を食べないのにはちゃんとした理由があるのです。この時期では、子どもが野菜を食べない理由をお話した後に、野菜嫌いの子どもが食べない野菜ランキング、野菜不足を解消する副菜・おかずレシピなどを紹介していきます。

PIXTA

子どもが野菜を食べない理由

子どもは野菜を食べないことがよくありますよね。「どうして野菜をそんなに食べないの?」と疑問に思うパパママもいるでしょうが、子どもが野菜を食べないのにはちゃんとした理由があるのです。

本能的に「苦味」や「酸味」に警戒心を抱くから

ピーマンが代表的ですが、お米や肉、魚と比べて野菜には苦味があるものがおおいですよね。また、トマトなどは酸味が強い場合もあります。実は子どもは、本能的に「苦味」「酸味」に警戒心を抱いているから野菜を食べないのです。

自然界では「苦味」は毒物であることを、「酸味」は腐敗していることを示す味覚。そのため、本能的に子どもは苦味や酸味の強い野菜を避けたがることが野菜を食べない理由です。

にんじんやかぼちゃなど甘みが強い野菜は食べられても、ピーマンやトマト、春菊が食べられない…という子どもは、苦味や酸味に苦手意識を持つ典型的なタイプだと言えますね。

味覚が大人よりも敏感だから

子どもは野菜の苦味や酸味が苦手。しかし、パパママにとっては苦味を感じない野菜でも、子どもが食べないという場合もあるでしょう。その場合、子どもは大人より敏感な味覚で、パパママが感じないような苦味や酸味を感じている可能性もあります。

味覚を感じる「味蕾(みらい)」は小さな子どものころに多いので、パパママよりも味覚に敏感です。子どもたちはパパママよりも、いろいろな味覚をたくさん感じ取っているのです。

出典元:

子どもが嫌いな野菜ランキング

それでは、野菜嫌いの多くの子どもが食べないのはどのような野菜なのでしょうか?

  • ピーマン
  • なす
  • しいたけ
  • にがうり
  • トマト
  • アスパラガス
  • セロリ
  • グリーンピース

野菜嫌いな子どもが食べない野菜ランキングを見てみると、ピーマン・なす・トマトを食べない子どもが多いようです。その他、にがうり・アスパラガス・セロリ・グリーンピースなど、苦味やクセの強い野菜がランクイン。

トマトは甘みが強い品種もあるせいか「大好き」という子どももいるようですが、皮が食べにくいことから食べない子どももいるようです。

出典元:

子どもが野菜を食べない…大丈夫?

嫌い PIXTA

野菜を食べない子ども。パパママは「野菜を食べない子どもはどうなるの?」と不安ですよね。栄養素は足りるのか、健康に悪影響があるのではないかと心配するパパママもいるでしょうが、「野菜を積極的に食べましょう」とされる理由は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれているから。

つまり、野菜以外の食材からビタミン・ミネラル・食物繊維が補えていれば、子どもが野菜を食べなくてもすぐに健康への悪影響があるとは言い切れません。たとえば、果物も野菜と似たような栄養素が含まれるので、野菜の代わりに果物を食べるという方法もあります。

出典元:

子どもに野菜を食べさせる方法

野菜 PIXTA

体にとって必要な栄養素を豊富に含む野菜。野菜嫌いの子どもに野菜を食べさせるためには、次のようなひと工夫を加えてみてください。

  • 野菜を食べない原因を取り除いてあげる
  • 野菜の形を可愛くしたり食事の仕方を工夫したりする
  • しばらく経ってからまた食卓に出してみる
  • 頻繁にいろいろな野菜を料理に取り入れる
  • ひと口だけ食べられたら思いっきりほめてあげる

野菜を食べさせる方法はさまざまですが、「味がイヤ」「食べにくいからイヤ」など、なにか理由があって野菜を食べないのであれば、原因を取り除いてあげることが根本的な解決につながります。

しかし、理由がなく食べないようであれば、クッキーの抜き型で野菜をかわいく切る、パーティー風・キャンプ風など食事の仕方を変えるなどの方法で、楽しい雰囲気を作り出すだけで食べてくれることもありますよ。

一度嫌いだと言われた野菜は、忘れたころにもう一度食卓に出してみましょう。小さな子どもの好き嫌いは変わりやすいので、何事もなかったかのように食べてくれることもあると思います。

そしていずれの方法でも、ひと口でも食べられたら思いっきり褒めてあげてくださいね。

手間をかけずに完成!野菜をたっぷり食べられる、簡単おかずレシピ21選

関連記事:

手間をかけずに完成!野菜をたっぷり食べられる、簡単おかずレシピ21選

家族の在宅時間が長くなり、そのぶん食事を作る回数が増えているというママ…

先輩ママ直伝!野菜を食べない子どもに食べさせたいレシピ

野菜 PIXTA

ここからは、野菜嫌いの子どもを持つ先輩ママたちが実践していた、野菜を食べない子どもでもおいしく食べられ、野菜不足解消レシピを見ていきましょう。

野菜嫌いの子どもでも抵抗なく食べられる、野菜を使ったおかずや副菜を中心にレシピを紹介していきますね。

スムージーにする

先輩ママからの声によると、野菜を食べない子どもでも、野菜スムージーなら抵抗なく飲んでくれるそうですよ。

野菜生活のスムージーとか果琳のグリーンバナナスムージーなら飲んでくれるので、飲めるタイミングで飲んでもらってます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

市販のものでも良いですが、ご自宅で作れば食べさせたい野菜を選べて、味付けも子どもの好みにしてあげられるのでおすすめです。最初は果物の割合を多くして、徐々に野菜の割合を増やしていく…というやり方で、野菜の味に慣れてもらうための方法としても活用できるでしょう。

食べない野菜はチーズ焼きにする

子どもが食べない野菜でも、チーズ焼きにすると食べてくれる…という意見がいくつか寄せられていました。

小松菜とかはチーズチヂミにします!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
今のところ、ネットで調べた
ほうれん草のチーズ焼きとピーマンと人参のきんぴらは食べました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子どもはチーズが好きなケースがよくありますよね。味が濃いので野菜の味もごまかせるようなので、野菜嫌いな子どもには、苦手な野菜をチーズと一緒に焼いておかずにしてみてはいかがでしょうか?

おかずとしてはもちろん、チーズ焼きならおやつとしても食べられそうです。とろっととけた状態で出しても良いですし、オーブンでパリパリに焼いても美味しそうですね。

パンやごはんとともに食べさせる

小さな子どもの中には、野菜は全然食べないけれどパンやごはんは積極的に食べるという子どもも少なくありません。そのようなときは、パンやごはんに野菜を使ったミートソースや野菜ソースを加えてみてはいかがでしょうか?

こちらの投稿は、「アンパンマンパンしか食べない」という相談に寄せられたコメントです。

アンパンマンパンを調理してみるのはどうでしょうか?
グラタンにしてみたり、切って間に野菜をはさんでみたり...
あとは、ニンジンやリンゴをトロトロの離乳食初期の頃に食べたような物にして
パンにつけて野菜ソースとして一緒に食べるとか...
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

野菜を使ってサンドウィッチを作ったり、おにぎりやチャーハンにしてみたり…と、野菜嫌いな子どもには野菜を「副菜」や「おかず」としてではなく、「主食」として出してみるのもひとつの方法です。

野菜を使ったおかずは食べてくれなくても、パンに挟んだり、ごはんに混ぜ込んだりすれば食べてくれることも…。野菜を混ぜたごはんを薄く伸ばしてしょうゆを垂らしてから焼き、ごはんをお焼き風にしても美味しそうですね。

子供の食育調査結果から考える、野菜嫌いを克服するコツや考え方とは?

関連記事:

子供の食育調査結果から考える、野菜嫌いを克服するコツや考え方とは?

生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研が、子供の食育に関する…

野菜を食べない子どもでも大丈夫!レシピでいろいろ工夫してみて

野菜 PIXTA

「野菜を食べない子どもはどうなるの?」とパパママは心配でしょうが、子どもが野菜を食べないことには理由があります。必要な栄養素さえしっかりと摂取できていれば、すぐに健康への悪影響が現れることはないでしょう。

ただし、野菜は栄養豊富で低カロリーの優れた食べ物。やっぱり食べてもらいたいという気持ちもあるでしょう。野菜嫌いな子どもに野菜を食べてもらうには、おかずや副菜のレシピを工夫することが大切です。

今回紹介した子どもが野菜を食べない理由や野菜不足解消レシピを活用して、必要な栄養素を摂取できるよういろいろな工夫をしてみてくださいね。

余ったピーマンを冷凍して大量消費!苦みが減る簡単レシピを紹介

関連記事:

余ったピーマンを冷凍して大量消費!苦みが減る簡単レシピを紹介

夏野菜で、栄養価が高い食材として知られるピーマン。スーパーでも手に入れ…

おすすめ記事

「子ども」「野菜」「食べない」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧