1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 幼児・子供のしつけ
  5. 性の基本は10歳までに教えておくべき!今から始める正しい性教育#2

性の基本は10歳までに教えておくべき!今から始める正しい性教育#2

子どものころはわからないことだらけですが、成長するにつれてさまざまなことに疑問を持つようになり、ある程度の年齢になると性についての質問を親に投げかけてくることがあります。親としては正しい知識を授けたいものですが、恥ずかしさや説明のしづらさから、ついごまかしてしまうことも…。そんなパパやママにおすすめしたい書籍『初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと』から、性の基本の教え方について紹介します。

©学研プラス

妊娠・出産についてどう説明する?

©学研プラス

ここで注目したいのは、「どうやって」というところ。

大人としてはどういう仕組みなのかわかっていても、子どもにはどう説明したら良いのか戸惑ってしまいますよね。

大人はつい性行為について答えようとして慌ててしまいますが、子どもは「赤ちゃんがおなかの中でどうなっているのか」など、素朴な疑問として聞いているのかもしれません。

まずは、子どもが具体的にどんなことを知りたいのか、詳しく聞いてみてください。

何を知りたいのかわかったら、これから説明するポイントを踏まえて、段階的に答えていきましょう。

体の名前はきちんと伝えよう

小学校で性教育を受けると、女性と男性の体の違いや仕組みについて習うこともありますが、身近な赤ちゃんと触れ合ったり妹や弟ができたりすることで、3歳から5歳くらいの子どもでも興味を持ち始めます。

赤ちゃんがおなかの中でどう育ってどうやって出てくるのか説明するには、親もきちんと知識を持つことが重要ですよね。

性に関することと言うより、生物学的な観点から女性器や男性器の名称などについて、図鑑などを見てしっかり教えられるように親も一緒に学んでみてください。

赤ちゃん自身ががんばって生まれてきたことを伝えよう

赤ちゃんがママのおなかの中でどうなっているのか考えると、まだ3歳から5歳ごろの子どもにとっては、自分も少し前までおなかの中にいたことが不思議に思えるかもしれません。

分娩中はママもがんばっていますが、おなかの中では赤ちゃんもがんばっています。もし出産当時の写真が残っているのであれば見せてあげるのもおすすめです。エコー写真を見せて「これはおなかの中にいたときの〇〇ちゃんだよ」と伝えるのもよいでしょう。

ママと一緒に赤ちゃん自身もがんばって生まれてきたことを伝えてあげてくださいね。

10歳までには性の基本を教えておこう

性の話というと、子どもにはまだ早いと思いがちですが、赤ちゃんがどうやって生まれてくるのかという話は大切な生命の話。

自分がどうやって生まれてきたのか、神秘的でもありかけがえのない命であることを伝えるチャンスでもあります。

まだ幼いからこそ、赤ちゃんが生まれる仕組みを自分のこととして認識しやすいですし、純粋な好奇心からも熱心に話を聞いてくれるはず。

思春期になると恥ずかしさを感じて話しにくくなることもありますので、10歳までに性の基本を教えておくことは、子どもにとっても良い影響を与えてくれるでしょう。

「男の子で人形遊びが好きなんて…」やめさせた方がいいの?今から始める正しい性教育#3

関連記事:

「男の子で人形遊びが好きなんて…」やめさせた方がいいの?今から始める正しい…

性の多様性についてはさまざまな意見がありますが、子どものおもちゃにも「…

ごまかしはNG!子どもを性犯罪から
守るための「性教育」特集

初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと

初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと

性についての話題は苦手に感じる人もいるかもしれませんが、わが子が大人になってからも避けては通れない大切なこと。

今回紹介した書籍『初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと』では、581人のパパとママの悩みに答えて、具体的な受け答えの例や、10歳までに教えたい防犯・SEX・避妊のことについての情報が満載です。

子どもに性についてどう話せばよいのかわからないという方は、ぜひ本書を参考にして、何を聞かれても答えられるよう準備しておくことをおすすめします。

おすすめ記事

「性教育」「性」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧