1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 幼児・子供のしつけ
  5. 子どもの自慰行為や性器いじりは怒ってはいけない?親として正しい接し方

子どもの自慰行為や性器いじりは怒ってはいけない?親として正しい接し方

子どもは成長につれていろいろなところに興味が向きます。親が気付かないうちに性器に関心を持ち、お風呂上りなどに子どもが自分の性器を触っていてビックリなんてことも…。そんなときはやめさせたほうが良いのか、対応に迷ってしまいますよね。実は子どもが自分の性器を触ることは悪いことではないのです。今回は、子どもが性器を触っていた際に親としてどうすれば良いのか適切な対応を紹介します。

©学研プラス

マスターベーションは悪いこと?

子どもが成長するにつれて性に関心を持つのは自然なこと。ただ、性的なことに興味が出始める前の1歳から5歳くらいの子でも、自分の性器に触る行動がみられます。

性器を触るようなマスターベーションは、なんとなく悪いことのように感じて、子どもの行動を止めたくなってしまうかもしれません。

しかし、特に男の子の場合は性欲を解消するために必要なことであり、悪いことではないので止める必要はありません。

ただ、人前でしない、清潔な手でやさしく扱うなどのマナーは教えてあげたほうがいいので、目撃した際には子どもにきちんと説明してあげましょう。

幼児期の性器触りは止めなくてOK

幼児期の1歳から5歳くらいには、自分の性器を触る「性器触り」が見られることもありますが、性的な快感を求めているわけでなく、なんとなく安心できるなどの理由からくる行動です。

いわゆる「プライベートゾーン」なので、人前でしないように注意する必要はありますが、性器に触ること自体は悪いことではなく、自分の体に関心を持つという大切な意味のあること。

無理に止めようとせず、清潔かどうかや炎症を起こしていないかどうかなどをチェックし、きれいな手でやさしく扱うことを教えてあげてください。

マスターベーションは止めなくてOK

子どもが自分で性器を触ることは、思春期のマスタベーションへとつながります。

マスタベーションも決して悪いことではなく、性欲を自分で健全に解消することで、性犯罪の防止にもつながりますので、親が止める必要はありません。

自分で性欲をコントロールできるようになれば、将来的にパートナーを大切に扱えるようになり、精神的に大人になることでもあり、マスターベーションに悪いイメージを持たずに成長を見守ってあげましょう。

大切なのはマナーと安全

思春期になると性的な意味で性器に触るようになり、マスターベーションも覚えるようになります。

マスターベーションにはメリットしかないので、子どもが触っているところを目撃しても止める必要はありませんが、マナーと安全については十分注意するように教えてあげましょう。

人に見られない場所において自分だけで行うこと、清潔を保ちながら手で優しく行うこと。机に性器を押し付けるなど刺激が強いやり方は避けるように伝えてください、

子どもには、幼いころからプライベートゾーンについての認識を持たせることが大切です。

パパとママに知っておいてほしい
「性教育」

初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと

初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと

今回紹介した内容は、書籍『初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書 我が子を守るために教えるべきこと』に書かれていることで、本書には10歳までに教えたい防犯・SEX・避妊のことについての情報が満載です。

性については学校で教わらないこともあるため、子どもには親が適切な知識を与えてあげたいもの。思春期になってから急に性の話をするのは気恥ずかしさもあるかと思いますので、本書を参考にして、幼児期から教えてあげたい性教育について子どもと一緒に学んでみてください。

性犯罪「裸の写真を送って」を拒否できる子どもに育てるには

関連記事:

性犯罪「裸の写真を送って」を拒否できる子どもに育てるには

親から子どもに教えてあげたいことにもいろいろあります。その中でも、人に…

5歳児の反抗期は中間反抗期?特徴と上手な接し方・対処法をご紹介

関連記事:

5歳児の反抗期は中間反抗期?特徴と上手な接し方・対処法をご紹介

2歳ごろから始まる子どもの「イヤイヤ」。最初はかわいらしいと思っていても…

おすすめ記事

「性」「性教育」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧