1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 子どもを「先に褒める」作戦がかなり効果的!保育士が使う理由と方法

子どもを「先に褒める」作戦がかなり効果的!保育士が使う理由と方法

片付けをしてと言ってもしない、ご飯を食べてと言ってもしない…。育児をしているとよくあることですが、そのたびについ叱っていませんか?インスタグラムで「保育士×パパ」の目線から育児情報を発信しているゆうき@保育士パパ(@hoikushipapa)さんによると、子どもにしてほしいことをしてもらうには先に褒めることが効果的なのだそうです。実際に保育士も使っている先に褒める方法とはどのようなものなのでしょうか?

@hoikushipapa

保育園でも実践している「保育士×パパ」目線の育児

保育園ではとにかく先手必勝で先に褒めて意識させています。

そうしないと、子どもの人数も多いので注意の声がけが増えるので(笑)

でも言った瞬間、子どもたちの顔つきが変わります。

言われて意識しているのでしょうね。

ぜひご家庭でも使ってみてください。 ※1

この育児情報を発信しているのは、保育歴9年の間で300人もの子どものお世話をし、ご自身も7歳の子どものパパだという「ゆうき@保育士パパ(@hoikushipapa)」さんです。

毎日多くの子どもの面倒をみている保育士は、子どもにいちいち注意をしているわけにはいきませんよね。上手に「子ども自身にしてもらう」方向に誘導させて、注意の声がけをする回数を減らしているそうです。

子どもの意識も変わるなら、子どもにとってもパパママにとっても叱るより褒める方が心地よく穏やかな時間を過ごせるはず。

それでは、保育士も実践している、先に褒めて意識させるという先手必勝の育児とはどのようなものなのでしょうか?具体的な方法を見ていきましょう。

子どもの意識を変える「先に褒める」作戦

@hoikushipapa

@hoikushipapa

@hoikushipapa

@hoikushipapa

@hoikushipapa

@hoikushipapa

@hoikushipapa

子どもがこれからすることに対して褒めるやり方は、なかなか思いつかないですよね。行為の前に褒められると、「やらなくちゃ」とやる気を高めて臨んでくれるのでしょう。

先に褒められたことを子どもが実践した後に「すごいね」と褒めてあげれば、子どもは喜ぶとともに「がんばってよかった」と成功体験を重ね、自信にもつながるでしょう。

子どもにして欲しいのになかなかしてくれないことがあれば、先に褒めて子ども自身への意識付けをしてみてください。育児が今までよりもずっと楽しくなるかもしれません。

保育士が教える子育てのコツ特集はこちら
イヤイヤが劇的変化!保育士が使う「子どもが意欲的になる声かけ」5パターン

関連記事:

イヤイヤが劇的変化!保育士が使う「子どもが意欲的になる声かけ」5パターン

「子どもに直してほしいところがあるけれど言い方がわからない…」ということ…

怒って後悔…の悪サイクルから抜け出したい!「子供が幸せに育つ」大切な3つの接し方

関連記事:

怒って後悔…の悪サイクルから抜け出したい!「子供が幸せに育つ」大切な3つの…

成長とともに、ママの言うことをきかなくなるわが子。つい感情的になり、怒…

「○○すべき」「それはダメ」子育ての持論を押し付けるママ友との接し方

関連記事:

「○○すべき」「それはダメ」子育ての持論を押し付けるママ友との接し方

ママ友との会話は、子育ての話が中心になりやすいもの。共通の話題が多く、…

プレミアム記事

ゆうき@保育士パパのインスタグラム

おすすめ記事

「しつけ」「叱る」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧