たっち・あんよ期の赤ちゃんができることと、遊びのヒント

つかまり立ちから歩く段階に入った赤ちゃんは、遊びがさらに広がり、大人にもやりとりを要求してきます。いたずらも増えて大変ですが、一緒に遊んであげると喜びますよ。よちよち歩きはとてもかわいらしく、危なっかしい中にも成長のたくましさを感じるでしょう。この記事では、つかまり立ちをしたり、歩けるようになったりした赤ちゃんの遊び方をご紹介します。

プレミアム記事

amana images

たっち・あんよ期の赤ちゃんができること

たっち、あんよ期になると、視界が広く高くなります。遠くを見渡せるため、赤ちゃんの探索欲求もさらに強くなるでしょう。まずは、たっちやあんよをするころの主な発達の特徴をみていきましょう。

簡単なやりとりができる

手を挙げる 赤ちゃん amana images

名前を呼ばれると振り向いたり、ママがお手本を見せるとバンザイをしたりするようになってきます。このような行動は成長を感じますし、愛らしいですね。

「ないないしようね」と言うとおもちゃを片付けようとしたり、「ちょうだい」と言うと手に持っているものを渡そうとしたりと、言葉を理解した上で簡単なやりとりができるようになるでしょう。

出典元:

記憶力が上がる

探す 赤ちゃん PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「赤ちゃん」「関わり方」「あんよ期」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧