「離乳食後期」の「つかみ食べメニュー」レパートリー数UPにつながる1週間分を大公開!

赤ちゃんが生後9ヶ月を過ぎる頃になると、赤ちゃんとの生活や離乳食にもだいぶ慣れてきた頃ではないでしょうか?その頃には、離乳食も3回食。3回食にもなると、メニューがマンネリ化してきませんか?今回は、インスタグラムに毎日お子さんの食事を投稿している、ひなごはん(@_hina.gohan_)さんの離乳食を紹介します。種類豊富な手づかみ食べメニューがとても参考になりますよ。

ⓒひなごはん

離乳食をていねいに作っているひなごはんさん

ひなごはん(@_hina.gohan_)さんは、2017年12月生まれの女の子を育てている1児のママです。お子さんに作っている愛情たっぷりな毎日の離乳食や、成長の記録をインスタグラムへ投稿されています。

お子さんのために作られたメニューの数々は、離乳食のレパートリーに悩むママたちにとって参考になるものばかり。「手づかみ食べ」にぴったりなメニューもたくさん作られています。

離乳食に悩んだとき、ひなごはんさんのインスタグラムをのぞいてみると、とっておきのヒントがもらえるかも。今回は、愛情たっぷりなひなごはんさんの離乳食を紹介します。

手づかみ食べメニュー1週間分のメニューを紹介

ひなごはんさんが作られた離乳食の中で、今回は「手づかみ食べ」メニューをピックアップ。1週間分のメニューを紹介します。

ひなごはんさんの献立を参考にすると、後期に入ってからつまずきかけていた離乳食作りも、また軌道に乗ること間違いなしです!では、一緒に見ていきましょう。

1日目 自分でモグモグ、ロールパンにおやき

☀︎breakfast menu
︎︎︎︎☑︎コーンのロールパン
︎︎︎︎☑︎野菜スープ
︎︎︎︎☑︎おやき2種
︎︎︎︎☑︎かぼちゃ
︎︎︎︎☑︎バナナ ※1

コーンペーストを塗ってクルッと包み込んだ、ロールパンがメインのメニューです。野菜たっぷりのスープは朝食にぴったりですし、元気がもらえそうなメニューですね。コーンのロールパンは、コーンペースト以外でも食材を変えることで応用が利いてレパートリーが広がりそう。カボチャやサツマイモなどでも、おいしく仕上がりそうです。

コロコロしたかわいらしいミニサイズおやきも、手づかみ食べの時期ににもってこいなメニュー。2種類あると色合いもきれいです。

2日目 赤ちゃんサイズでかわいいベビーコロッケ

☁︎︎lunch menu
︎︎︎︎☑︎ツナポテトのクリームグラタン
︎︎︎︎☑︎ベビーコロッケ
︎︎︎︎☑︎野菜オートミールパン
︎︎︎︎☑︎人参
︎︎︎︎☑︎イチゴヨーグルト ※2

クリーム系のおかずが大好きなお子さんが大喜びの、ツナポテトのクリームグラタンが主役。勢い良く食べてくれると、作りがいがありますよね。

サブのおかずにも注目。赤ちゃんサイズがかわいらしいベビーコロッケに、野菜たっぷりのオートミールパン。とてもおいしそうですし、食べやすそうですよね。そして、彩りにもなっておすすめなのがスティック状にカットしてゆでたニンジン。今の時期にぴったりのおかずです。

3日目 蒸しパンにナゲットもパクパク!

☀︎breakfast menu
︎︎︎︎☑︎さつま芋ブロッコリーのオートミール
︎︎︎︎☑︎りんごの米粉蒸しパン
︎︎︎︎☑︎しらすナゲット風
︎︎︎︎☑︎かぼちゃ
︎︎︎︎☑︎バナナヨーグルト ※3

優しい甘さで仕上がったサツマイモとブロッコリーのオートミールやリンゴの米粉蒸しパン、シラスをナゲット風に仕上げたおかずが並ぶこの日のメニュー。

リンゴの米粉蒸しパンは、見た目からモチモチとした感じが伝わってきておいしそう。赤ちゃんでも食べやすい大きさへカットするのも、ママのひと工夫です。

そのままだと飲み込みづらいシラスも、ナゲット風にすることで飲み込みやすくなります。ぜひ試してみてください。

4日目 野菜・果物をおやきやパンケーキで食べやすく

☪︎dinner menu
︎︎︎︎☑︎ひき肉と豆腐のあんかけ粥
︎︎︎︎☑︎さつま芋きゅうり
︎︎︎︎☑︎りんごパンケーキ
︎︎︎︎☑︎かぼちゃほうれん草おやき
︎︎︎︎☑︎バナナ ※4

ひき肉と豆腐のあんかけがゆを主食に、カボチャとホウレンソウのおやき、リンゴパンケーキなど野菜や果物をより食べやすく工夫した献立になっています。

そのままだと食べにくいものもこのように工夫することで、自分の手でつかみ、パクパク食べるという意欲につながるのではないでしょうか。

甘いサツマイモとシャキシャキなキュウリの組み合わせも気になります。

5日目 ハンバーグやオートミールパンで楽しくお弁当

☁︎︎lunch menu
︎︎︎︎☑︎野菜とチキントマトのチーズリゾット
︎︎︎︎☑︎スイートポテト
︎︎︎︎☑︎南瓜とりんごのオートミールパン
︎︎︎︎☑︎豆腐ハンバーグ
︎︎︎︎☑︎蒸し野菜 ※5

こちらは、保温性のある容器に入った野菜とチキントマトのチーズリゾットや、別容器に豆腐ハンバーグなどを詰め込んだお弁当のメニュー。

離乳食のお弁当というのは、作るのもなかなか難しいもの。ひなごはんさんがお弁当メニューのメインに選んだのはリゾット。普通のお弁当箱では用意するのが難しいメニューですが、保温機能のある容器を使うことで外でも温かいまま食べることが可能。さらに、お弁当では不足することもある野菜も取り入れることができて、素敵なアイデアですよね。

また、つかみ食べしやすい豆腐ハンバーグやオートミールのパンといったおかずは自分で食べる練習にもなりますね。外で食べるとまた気分も変わって、いつもに増しておいしく食べられそう。

6日目 バナナパンケーキで朝から元気いっぱい

☀︎breakfast menu
︎︎︎︎☑︎ツナと野菜のクリームシチュー
︎︎︎︎☑︎バナナパンケーキ
︎︎︎︎☑︎南瓜りんごのオートミールパン
︎︎︎︎☑︎ヨーグルト ※6

カフェに出てきそうなビジュアルが素敵な朝食プレート。お子さんも、こちらのメニューは即完食だったようです。ふわふわのバナナパンケーキがとてもおいしそうですよね。ベビーサイズで自分でも食べやすく、「食べたい」という子供の気持ちもしっかりと考えられています。

たっぷり野菜のシチューで栄養バランスもばっちり。朝から笑顔になれそうなこちらの献立、思わずまねしたくなりますね。

7日目 メインのパスタもサブおかずもおいしくペロリ!

☁︎︎lunch menu
︎︎︎︎☑︎トマトとチーズのパスタ
︎︎︎︎☑︎スイートポテト
︎︎︎︎☑︎南瓜とりんごのオートミールパン
︎︎︎︎☑︎しらすナゲット
︎︎︎︎☑︎蒸し野菜 ※7

大人が見てもおいしそうな、トマトとチーズのパスタがメインの献立です。お子さんの食いつきの良さにも納得ですよね。

パスタだけでも満足できそうなところ、スイートポテトやカボチャとリンゴのオートミールパン、シラスナゲット、ニンジンとカボチャの蒸し野菜など、充実のラインナップ。どれもおいしそうなうえ手づかみもしやすそうで、思わず次から次へと手が伸びるのではないでしょうか。

いろいろな食材が楽しめる、大満足な献立です。

子供の「食べたい」気持ちをアップさせる、ひなごはんさんの離乳食

ひなごはんさんが作る離乳食は、写真を見るだけでもお子さんへの愛情が伝わってくるメニューばかり。しっかりと記録を残していて、これからの離乳食ライフにおいてとても勉強になります。

さらに、子供にとっての食べやすさもきちんと考えられていますよね。彩りもきれいで、使われている食器もキュート。お子さんの「食べたい」という気持ちを増進させるような要素が盛りだくさんです。

離乳食後期レシピのマンネリ化防止に、ひなごはんさんの離乳食を参考にしつつ、今後のメニューに取り入れてみてくださいね。

おすすめ記事

「離乳食」「手づかみ食べ」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧