1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食・赤ちゃんの食事
  4. 離乳食で使う里芋の下ごしらえ法は?調理のコツやアレルギーの不安を解説

離乳食で使う里芋の下ごしらえ法は?調理のコツやアレルギーの不安を解説

じゃがいもやさつまいもは離乳食初期から食べられる食材としてよく知られていますよね。それでは、「里芋」はいつから食べられるのでしょうか?実は離乳食初期後半・中期から便利に使える食材だと言われています。この記事では、里芋を離乳食の食材として使い始められる時期や下ごしらえや冷凍保存のコツ、レンジ加熱の方法などをご紹介します。里芋は人によって少しかゆみが感じられる食材でもありますが、アレルギーの不安についても解説していますので、里芋を使う前の参考としてご活用ください。

©ママリ

離乳食で里芋はいつから食べて大丈夫?

里芋はじゃがいも、さつまいもと並び、少量であれば離乳食初期後半から食べさせられる食材の一つです。ただし、里芋には喉や口にピリピリとした感覚や痛み、かゆみを引き起こす成分が含まれているので、体質や体調により不快さを感じる子どももいるかもしれません。

ただし、里芋を食べたときの違和感は食物アレルギーではなく、「シュウ酸カルシウム」という成分の影響で、言わば「野菜のアク」による影響か、もしくは「ヒスタミン」などのかゆみを引き起こす成分によるかゆみや湿疹だと考えられます。

Q:ほうれん草・なす・そば・たけのこ・里芋・その他脂肪に
  富む食品、新鮮でない魚介類を食べたあとでからだがかゆく
  なったり、じん麻疹が出たことがありますが、アレルギーな
  のでしょうか?
A:これらの物質は食べ物そのものがかゆみを起こしやすい物質
 (ヒスタミンやアセチルコリンと呼ばれる物質)を多量に持っ
  ているため、アレルギーの反応を介さずにかゆみやじん麻疹
  が起こることがあります。 ※1

このように、さといもは皮膚へのかゆみや食べたときの不快感などが出る可能性のある食べ物。離乳食で食べさせる場合には、注意が必要ですね。

出典元:
食物アレルギーが心配なときの離乳食。進め方は変えたほうがいい?

関連記事:

食物アレルギーが心配なときの離乳食。進め方は変えたほうがいい?

これから赤ちゃんの離乳食をはじめるにあたり、食物アレルギーにならないか…

プレミアム記事

里芋の下ごしらえや調理のポイントをチェック

離乳食 PIXTA

それでは、離乳食で里芋を安全に食べさせるための下ごしらえ法や、調理のポイントについて見ていきましょう。

離乳食に使う里芋の調理ポイント

離乳食に使う里芋を下ごしらえする際には、皮付きのまま茹でるか電子レンジで加熱をして、指で皮を滑らせるように押すと簡単に皮が剥けます。茹でる場合はお湯が沸騰してから中火で10~20分茹で、電子レンジ加熱なら500Wで5分ほど加熱してください。

加熱し終えたらザルに入れて、流水でよく洗いましょう。里芋の皮をきれいに剥いて、離乳食で食べやすいサイズに切ったり、すりつぶしたりすれば下ごしらえは完了です。

出典元:

離乳食に使う里芋の冷凍保存方法

離乳食に使う里芋は、生のままでも、加熱をした後でも冷凍保存ができます。それぞれを冷凍保存するときのポイントは次のとおりです。

  • 生のまま冷凍保存:皮を向いてから密閉できる容器や袋に入れ、空気を抜いて冷凍する
  • 加熱して冷凍保存:お湯かレンジで加熱して皮を剥いたら、キッチンペーパーで水気を切って密閉できる容器や袋に入れ、空気を抜いて保存する

いずれの場合も、離乳食に使う場合は電子レンジで解凍するか、そのままスープやお湯の中にいれて茹でるだけで食べられるようになります。  加熱してから冷凍保存する場合は、離乳食用に細かく切ったり、すりつぶしたりした状態のまま冷凍することもできるので、離乳食時短のためにぜひ試してみてくださいね。

出典元:

里芋をふくむ離乳食についての記事をもっと読みたい方は、下記よりごらんください。

離乳食の記事をもっと読みたい方はこちらから

先輩ママも実践する里芋の離乳食レシピ

離乳食 PIXTA

離乳食初期・中期・後期・完了期と全般に渡り使える里芋。しかし、食材として使える期間が長いと、その分、離乳食としておいしく食べられるレシピをたくさん考えなければいけませんよね。

そこでここからは、どのように里芋を離乳食に取り入れていけばいいのか、先輩ママたちが実践していたアイデアレシピをご紹介していきます。

野菜具だくさんのみそ汁

「里芋の離乳食レシピ」と考えると難しいかもしれませんが、みそ汁の具材として考えると気軽に使えますよね。みそ汁の中に入れれば、冷蔵庫の中にある食べられる野菜を全部入れることができるので、離乳食づくりが一気に楽になります。

毎日味噌汁を作る事にしました。
その中に家にある野菜を
これでもかとぶっ込みます

大根人参玉葱じゃがいもほうれん草
白菜小松菜里芋かぶ豆腐白身魚等
その日にある物全部入れてます
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

味噌が使えるのは離乳食中期から。ただ、みそ汁ではなくても、だしを使ったスープなどに入れてもおいしく食べられるでしょう。汁物なら野菜も里芋も少しずつ入れられて、たくさん食材を食べさせたいと思っているママパパにピッタリです。

里芋のお好み焼き

里芋はお好み焼きに入れると、手づかみできる離乳食としておいしく食べられます。

小麦粉長芋(or里芋)キャベツ人参しらす青のり混ぜて焼いたお好み焼きもどきを一口カットしてあげたり
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

お好み焼きもみそ汁と同じように、いろんな食材を少しずつ入れられるので、栄養豊富なところが魅力ですよね。しらすや他の野菜と一緒に里芋を混ぜ込んで焼けば、糖質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルがバランスよく摂れる離乳食になりそうです。

小麦粉?かたくり粉?冷凍できる?離乳食に便利な「おやき」のお悩み解決します!

関連記事:

小麦粉?かたくり粉?冷凍できる?離乳食に便利な「おやき」のお悩み解決しま…

毎日の離乳食作りは本当に大変ですよね。大人用の食事と同時に取り分けたり…

子供も大人も美味しく食べられる!さといもを使ったレシピ

関連記事:

子供も大人も美味しく食べられる!さといもを使ったレシピ

さといもは、ぬるぬるとしたぬめりが特徴の根菜です。味や香りにくせがない…

離乳食で里芋を使うなら下ごしらえをしっかりとして

離乳食 amana images

離乳食初期後半・中期から使える食材である里芋。生の里芋を調理しようとすると、手がかゆくなるなど大変な思いをすることもあるでしょう。

皮がむいてある状態の冷凍里芋など、使えるものはうまく使って離乳食をすすめていきたいですね。みそ汁やお好み焼きに入れてもおいしく食べられるので、ぜひ離乳食での里芋調理に挑戦してみてくださいね。

離乳食時期、山芋はいつから?離乳食後期・完了期で食べられるレシピご紹介

関連記事:

離乳食時期、山芋はいつから?離乳食後期・完了期で食べられるレシピご紹介

山芋は、いため物や煮物などさまざまな料理に使える便利な食材です。この記…

おすすめ記事

「離乳食」「里芋」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧