生後9ヶ月の赤ちゃんの特徴とは?身長と体重、発達の特徴など

生後9ヶ月は個人差はありますが、行動範囲が広がりあちこちに移動しながら遊ぶようになります。ハイハイも上達して、つかまり立ちに挑戦し始める赤ちゃんもいます!ママやパパの真似をして、バイバイと手をふる可愛い姿もみられます。生後9ヶ月の赤ちゃんの成長の様子はどのようなものでしょうか?ここでは注意点も踏まえて説明していきます。

PIXTA

生後9か月の赤ちゃんの成長

9ヶ月の赤ちゃんはハイハイができるようになり、中にはつかまり立ちを始める場合もあるでしょう。また小さなものを摘まめるようになるのもこの頃からです。

身長・体重

生後9ヶ月の赤ちゃんの身長や体重の目安です。9~10ヶ月健診を受けましょう!

男の子

平均で身長が67.4~76.2cm、体重は7.2~10.4kgほどになります。

女の子

女の子は身長がだいたい65.5~74.5cm、体重は6.7~9.9kgになります。

生後9ヶ月の赤ちゃんの生活

離乳食 PIXTA

生活リズムを整えましょう。朝は決まった時間に起こし、ご飯を食べ、お昼寝などもなるべく決まった時間にさせると良いでしょう。

離乳食は3回食になる時期です。朝・昼・夜、大人と同じ回数食べるようになり成長を感じますね。大人と同じ食事時間にできると良いでしょう。

ハイハイができるなど行動範囲が広がるため、家の中で危険がないかチェックが必要となります。

生後9ヶ月の赤ちゃんの特徴

赤ちゃん おもちゃ PIXTA

ここからは、生後9ヶ月の赤ちゃんの特徴についてご紹介します。8ヶ月の頃と比べて、どんなところが成長してくるのでしょうか?

①つかまり立ちに挑戦しはじめます

つかまり立ち PIXTA

ソファや低めのテーブルなど、つかまれる場所を見つけると、そこに手をかけて膝をついて・・・よいしょ!と立ち上がり、つかまり立ちに挑戦する赤ちゃんも出てきます。またひとつ、赤ちゃんの世界が広がる瞬間です♪

まだ不安定なので、つかまり立ちをしている時はママが見守ってあげてくださいね。倒れてしまうと頭をテーブルの角などにぶつけてしまう危険もあります。

②言葉のニュアンスが分かるようになる

きちんとした言葉を話せるわけではありませんが、パパやママの呼びかけに反応するようになるのもこの頃からです。たくさん名前を呼んだり「マンマ」「ワンワン」などの言葉を大人が話しながら赤ちゃんに伝えると良いでしょう。

③後追いする子が増えてくる

赤ちゃん 泣く PIXTA

ママへの愛着が今まで以上に強くなり、後追いが始まります。これはママを特別な存在と認識している証拠でもあります。どうしてもでない場合はできるだけ付き合ってあげると良いでしょう。

また別の場所に移動したママを探して大泣きしたら、戻ってきたときに「大丈夫だよ、ママはここにいるよ」と声をかけて、優しく抱きしめてあげましょう。

④指先まで器用に使えるようになります

指先を上手に使えるようになるので、ティッシュなど小さなものや薄いものをつまむことが出来ます。おやつのボーロなども上手につまんで食べることができます。

なんでもつまむことが出来て、それを口に持って行ってしまう月齢でもあるため、ボタンなどの小さな物が落ちていたり赤ちゃんの手の届く場所にあったりしないかを確認しましょう。

また引き出しをあけることができるようになる赤ちゃんもいますので、注意しましょう。

⑤「パチパチ」や「バイバイ」ができるようになります

ママや大人の仕草をマネできるようになります。パチパチと拍手をしたり、バイバイと手を振ったり。会社に行くパパにもバイバイと手を振るかもしれません。パパは嬉しくて1日がんばれちゃいますね!

またおもちゃを渡す時に「どうぞ」と言って渡していると、赤ちゃんはそれも覚えます。「ママにどうぞ、して」と言うと、おもちゃを差し出してくれます。

赤ちゃんが、動作と言葉の意味をだんだんと理解しはじめたという成長の証です。

生後9ヶ月に注意すべきこと

赤ちゃん 転ぶ PIXTA

生後9ヶ月の赤ちゃんを子育てするうえで気を付けたいことをご紹介します。

転倒、転落の危険が増えます

つかまり立ちに挑戦するようになりますが不安定なこともあり、倒れて転ぶことがあります。

ハイハイでも勢いがついて家具などにぶつかることも考えられます。マットを敷いたり、家具の角にはコーナーガードを付けるなど、事前の安全対策は必須です。

また階段や子供の椅子からの転落なども考えられます。赤ちゃんからできるだけ目を離さないよう注意しましょう。

誤飲に注意

生後9ヶ月の赤ちゃんは手先が器用になり、いろいろなものを引っ張り出すなどいたずらをすることもあります。

細かいものはもちろんのこと、意外に大きなものも口に入るので手の届く場所には、誤飲の危険のあるようなものを置くことは避けましょう。上のお子さんがいる場合は特に、小さなビーズやブロックなど注意が必要です。

立ち上がる成長と共に安全な環境作りを!

赤ちゃん PIXTA

生後9ヶ月は行動範囲が広がったり、後追いが始まる時期でもあります。9ヶ月健診があれば赤ちゃんの発育や発達についてチェックを受けることができます。

しかしそうした赤ちゃんの成長は個人差があり、ハイハイやお座りの遅い・早いは赤ちゃんそれぞれです。出来ないと不安になってしまうかもしれませんが、焦らず成長を見守りましょう。

また健診がなく心配であれば、予防接種などの機会にかかりつけの小児科で相談してみるのも良いかもしれません。

「生後9ヶ月」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!