はいはい期の赤ちゃんができることと、遊びのヒント

赤ちゃんの発達には個人差がありますが、およそ生後7~8ヶ月になると、ずりばいやはいはいを覚えるといわれています。赤ちゃんの行動スピードが速くなり、ママがちょっと目を離したすきに思わぬ場所へ移動していたり、危ない物を触っていたりと、赤ちゃんの冒険心に驚かされ、目が離せないでしょう。この記事では、はいはい期の赤ちゃんと遊びやコミュニケーションを充実させる関わり方をご紹介します。

プレミアム記事

はいはい期の赤ちゃんができること

行動範囲と興味の対象がグンと広がるはいはい期の赤ちゃん。この時期の主な発達の特徴を知っておきましょう。

手伸ばし行動をする

はいはい ママ amana images

生後6~7ヶ月になると、目の前のものに自分の意思で手を伸ばすようになります。この動作は、物を見て手を伸ばすという、目と手が連携した動作ができるようになったことを意味します。

欲しいものに手を伸ばし、大人とものを交互に見つつ「あっ!あっ!」と声をあげて目当てのものを要求するなど、気持ちを伝えようとする場面もみられるでしょう。言葉の発達における重要な段階の一つです。赤ちゃんの気持ちをくみ取りながらこたえてあげましょう。

出典元:
  • 秋山こともクリニック「見える・見る2」(https://www.akcl.jp/colum/co22cat1.html,2018年5月30日最終閲覧)
  • ベネッセコーポレーション「たまひよ大百科シリーズ ひよこくらぶ特別編集最新版育児大百科」100(ベネッセコーポレーション,2012)

後追いをする

はいはい ママ amana images

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「赤ちゃん」「関わり方」「はいはい期」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧