1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食・赤ちゃんの食事
  4. 離乳食におすすめのニンジン!やわらかくならない場合の調理ポイント

離乳食におすすめのニンジン!やわらかくならない場合の調理ポイント

離乳食で活躍する野菜と言えば「ニンジン」ですよね。離乳食初期から食べられて、甘みがあって子どもでも食べやすく、活用範囲が広い優秀な野菜です。しかし、「離乳食のニンジンを食べない…」という悩みを抱えるママもいるようです。そこでこの記事では、離乳食初期・中期・後期それぞれのニンジンの調理法やレシピをご紹介します。ブレンダーでのニンジンペーストの作り方や、ニンジンのすりおろし方・レンジを使用する裏ごし法など、離乳食で役立つ下ごしらえの方法もぜひ参考にしてくださいね。

©ママリ

離乳食にニンジンがおすすめな理由

やわらかく茹でれば離乳食初期から食べられて、中期・後期・完了期とすべての期間で最も重宝される野菜と言っても良いニンジン。離乳食にニンジンがおすすめされる理由は、初期から食べられるからだけではありません。

  • 甘みが強く子どもでも食べやすい
  • 加熱によりやわらかく食べやすくなる
  • βカロテンが豊富
  • 保存期間が長い

ニンジンはよく茹でればやわらかくなり、甘みが強いため離乳食初期の子どもでも食べやすいことが最大の魅力でしょう。栄養素や食物繊維が豊富な緑黄色野菜で、野菜の中では長めに保存できるので、子どもにとってもママにとってもうれしい野菜です。

出典元:
出典元:
出典元:

やわらかくならない場合はどうする?ニンジンの調理ポイント

ニンジン PIXTA

離乳食期の子どもにとって食べやすい野菜であるニンジンですが、どうしても食べないという場合もあるでしょう。子どもがニンジンを食べてくれないのは、もしかしたら「下ごしらえ」に問題があるのかもしれません。

離乳食期の子どもでも食べやすいようにするためには、ブレンダーでニンジンペーストにしたり、裏ごしをしたりするのがおすすめ。それでは、ニンジンを食べやすくするための具体的な下ごしらえ方法を見ていきましょう。

離乳食に使うニンジンはブレンダーでペーストに

離乳食にニンジンを使うなら、ブレンダーでニンジンペーストにするのが最もおすすめです。離乳食初期の食材は「ポタージュ状」にするのが理想的です。やわらかく茹でてブレンダーにかけてとろみをつければ、甘くて舌触りの良いポタージュ状のニンジンになります。

冷凍すると柔らかくなるので、茹でたものを冷凍して使うときにブレンダーすれば簡単だと思います!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「離乳食のニンジンをどうしても食べてくれない…」という子どもには、ぜひブレンダーですりおろしたニンジンペーストを食べさせてみてください。

ニンジンをブレンダーですりおろす際には、ママリに寄せられた意見のように一度茹でたものを冷凍、そして使うときにすりおろすと上手につぶれやすいですよ。

離乳食初期に活躍!にんじん、キャベツ、白身魚など6食材のペースト工程ぜんぶ見せ!

関連記事:

離乳食初期に活躍!にんじん、キャベツ、白身魚など6食材のペースト工程ぜんぶ…

赤ちゃんが生後5ヶ月を過ぎると、そろそろ離乳食を始める時期ですね。初めて…

ブレンダーがなければやわらかく茹でて裏ごしを

離乳食のためにニンジンペーストを作りたくてもブレンダーがない…、そのようなときは、やわらかく茹でたニンジンを裏ごししてください。少々手間がかかりますが、ブレンダーで作るようなニンジンペーストができますよ。

ブレンダーに入れる時にんじんを細かめに切ってますか?
あとブレンダーって量少ないとうまく出来ない時ありますよ💦
にんじんならクタクタに煮ればすぐすり潰せるのでブレンダーより手でやった方が簡単ですよ✨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

上でご紹介したコメントのように、離乳食は「少量」で作る場合もあるので、そんな時はブレンダーより手でやった方が早いことがあります。

例えば少量だけニンジンを使う場合は、シリコンスチーマーなどを使って、レンジでニンジンをやわらかくする離乳食調理法もおすすめ。レンジとシリコンスチーマーのセットなら短時間でニンジンをやわらかくすることができ、時短調理にもつながりそうですね。

ニンジンがやわらかくならない場合は

ニンジンを与えようと思っても、なかなかやわらかくならず苦労する方も少なくありません。裏ごし以前に、ニンジンがやわらかくならない場合はどのようにしたらよいのでしょうか?

人参を柔らかくするの、私も苦労しました💦
一番やりやすかったのは、人参をアルミホイルで巻いてからお米と一緒に炊くと、すぐ潰れて柔らかくなりましたよ☆
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
人参の輪切りを茹でたものをそのまま冷凍すると、人参の繊維が壊れて裏ごししやすいと栄養士さんに教わりました(*^^*)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ママリにはこのようなアドバイスがありました。アルミホイルで巻いてお米と一緒に炊く方法、一旦冷凍する方法はぜひためしてみたいですね。

ニンジンをすりおろしてから煮込んでもOK

離乳食のニンジンは茹でてから裏ごししても良いですが、すりおろしてから加熱しても同じような舌触りになります。

すりおろし器でニンジンをすりおろすときは、円を描くように細かくなるようすりおろします。だし汁と一緒にニンジンを入れて中火で加熱し、沸騰したら弱火に切り替えてとろみが出るまでさらにゆっくりと混ぜながら加熱すれば、簡単にニンジンのすりおろし煮が完成。

いちばん取り入れやすい方法で調理して、離乳食期の子どもでも食べやすい形状を見つけましょう。離乳食のニンジンは茹でてから裏ごししても良いですが、すりおろしてから加熱しても同じような舌触りになります。

すりおろし器でニンジンをすりおろすときは、円を描くように細かくなるようすりおろします。だし汁と一緒にニンジンを入れて中火で加熱し、沸騰したら弱火に切り替えてとろみが出るまでさらにゆっくりと混ぜながら加熱すれば、簡単にニンジンのすりおろし煮が完成。

いちばん取り入れやすい方法で調理して、離乳食期の子どもでも食べやすい形状を見つけましょう。

離乳食についての記事をもっと読みたい方は、下記よりごらんください。

離乳食の記事をもっと読みたい方はこちらから

離乳食初期、中期、後期の時期別で食べられる野菜とおすすめのレシピをご紹介

関連記事:

離乳食初期、中期、後期の時期別で食べられる野菜とおすすめのレシピをご紹介

離乳食は時期によって食べられる食材が変わるのはご存じですか?筆者は子供…

先輩ママに聞くニンジンの離乳食レシピ

ニンジン PIXTA

離乳食で使い勝手の良いニンジン。より幅広く活用するために、先輩ママが実践していたニンジンを使う離乳食レシピをご紹介します。

豆乳・野菜・バナナで作るパンケーキ

離乳食初期後半から中期にかけて使えるようになる豆乳を利用して、ニンジンなど野菜たっぷりのパンケーキを作るレシピです。野菜が苦手な子どもでも、パンケーキなら食べてくれる…というケースも少なくないのではないでしょうか。

小麦粉、無調整豆乳、バナナ、レンチンか茹でてみじん切りにした小松菜、すりおろし人参でパンケーキも美味しいですよ(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

このようにパンケーキにすりおろしたり、つぶしたりした野菜を入れると、野菜の栄養価満点のパンケーキが完成します。ニンジンを入れれば甘みも増しますし、小松菜以外の野菜でも臨機応変に代用可能です。

つかみ食べの離乳食にピッタリのニンジンスティック

離乳食のつかみ食べを始める後期以降もニンジンは大活躍します。つかみ食べしやすいニンジンスティックなら、子ども自ら野菜をおいしく食べてくれるでしょう。

基本はブロッコリーや人参、大根、じゃがいもをスティックや輪切りにしたのをだしてました!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

つかみ食べできるようになると、離乳食中期までとは違い、スープやおかゆなどは食べさせにくくなってしまうことも。そんなとき、ニンジンや大根をスティック状に切ってやわらかく茹でた離乳食レシピが大活躍してくれます。

離乳食で活躍するニンジン!下ごしらえ法を覚えて活用して

離乳食 PIXTA

離乳食初期から中期・後期まで大活躍してくれるニンジンは、それぞれの時期ごとの下ごしらえ法を覚えればさまざまな料理に活用できます。ご紹介した先輩ママたちのアイデアレシピも参考にしながら、子どもが食べやすい離乳食を作ってみてくださいね。

まだ食べ物に慣れていない離乳食初期には、ブレンダーでニンジンペーストを作ったり、やわらかく茹でたり、レンジを使ったりして裏ごしする調理法がおすすめ。子どもが離乳食のニンジンを食べないと悩んでいるママは、ご紹介した内容を参考にしながら、もう一度チャレンジしてみましょう。

おでかけに便利なベビーフード、手作り離乳食との併用は?月齢別おすすめベビーフード30選

関連記事:

おでかけに便利なベビーフード、手作り離乳食との併用は?月齢別おすすめベビ…

離乳食が始まるとママパパはいつもに増して忙しくなりますよね。毎日子ども…

おすすめ記事

「離乳食」「ニンジン」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧