1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. 乳児育児の基礎知識
  5. 追視の成長を楽しむ「つかまえてやる!」で遊んでみよう

追視の成長を楽しむ「つかまえてやる!」で遊んでみよう

赤ちゃんは成長につれて、ものの動きを予測する力がついていきます。そのため、興味を持ったおもちゃなどが動くと目を動かして追う「追視」という行動が見られます。この追視を活かして、成長を実感しながら楽しめる遊びがあります。特別な準備なしでできるため、赤ちゃんと気軽に楽しんでみてくださいね。

ⓒKADOKAWA

生後6か月ごろからできる「つかまえてやる!」遊び

ⓒKADOKAWA

ⓒKADOKAWA

ⓒKADOKAWA

ⓒKADOKAWA

やってみよう!

ⓒKADOKAWA

赤ちゃんが興味を示しそうなおもちゃなどを1つ用意しましょう。そのおもちゃを赤ちゃんの横から顔の正面まで移動させます。すると、赤ちゃんは移動した速さや距離を理解し、タイミングを見計らって手を出します。速度をゆっくりにすると、待ちきれずに先に手を出すことも。

赤ちゃんの反応を見ながら、速さや物を変えて親子で楽しみましょう。

ポイント

  • 上下の動きを追視できるようになるのは生後8か月を過ぎたころからです
  • 動かすスピードを変えてみましょう、月齢が上がると手の動きを速めるなどの反応がみられます

書籍『赤ちゃんのあそび大全』2022年4月13日発売

ⓒKADOKAWA

親子で触れあいながら楽しめる、心と体を育てるあそび85!

赤ちゃんの心と体の育ちにあわせた、親子で触れあいながらできる遊びを「ねんねのころ」「おすわりのころ」「たっちのころ」にわけて、イラストと漫画でたのしく紹介!

購入予約はこちら

著者:小西行郎・小西薫
漫画:齊藤恵
出版社:KADOKAWA

-------------------------------

うつぶせが楽しくなる「よいしょよいしょと回転」で遊ぼう

関連記事:

うつぶせが楽しくなる「よいしょよいしょと回転」で遊ぼう

おすわりができるようになるころには、うつぶせで楽しく遊べるようになる子…

赤ちゃんの隠れた能力を発見!「お面につられてレロレロ」をやってみよう

関連記事:

赤ちゃんの隠れた能力を発見!「お面につられてレロレロ」をやってみよう

生後1か月ごろの赤ちゃんと遊べる「お面につられてレロレロ」。おうちにある…

「ダメ」がわかり始めます、伝わりやすいトーン&表情をチェックしよう

関連記事:

「ダメ」がわかり始めます、伝わりやすいトーン&表情をチェックしよう

生後10か月ごろになると赤ちゃんの冒険心が育ち、いろんなところに手を出し…

おすすめ記事

「赤ちゃん」「ふれあい遊び」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧