監修:三井真理 先生

妊娠8ヶ月の妊婦と胎児の様子。おなかの張りが増えてくる時期です

妊娠28週~31週6日の間が妊娠8ヶ月。いよいよ妊娠末期に入ります。一般的には「妊娠後期」と呼ばれ、妊娠8ヶ月(28週)から妊娠10ヶ月(39週6日)を指します。そろそろ必要なベビー用品をリストアップして、赤ちゃんを迎える準備を計画的に進めましょう。記事内にでてくる妊婦さんの様子や胎児の成長は目安です。個人差があるため、情報はあくまで参考として捉え、心配な事は健診で医師、助産師に相談しましょう。

PIXTA

妊娠8ヶ月の妊婦の様子

どんどんおなかが大きくなる時期のため、「気がついたら妊娠線ができている!」ということが起こる時期です。

大きくなった子宮に圧迫され、呼吸が苦しくなったり、常に胃がもたれるような感覚になったりすることも。これは、「後期つわり」と呼ばれる症状です。一度に量が食べられなくなるため、小分けにして食事の回数や間食を増やすとよいでしょう。

妊娠8ヶ月のおなかの大きさ

おなかの大きさの目安となる子宮底長は、「妊娠ヶ月×3+3」となるため、妊娠8ヶ月では約27cmです。子宮底の高さは、おへそとみぞおちの間くらいになります。

子宮底長は、測り方や体勢によって誤差がでることがあるので、胎児超音波検査で赤ちゃんの成長が確認できていれば、そんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ。

体重増加の目安

妊娠前に細めだった妊婦さんは、妊娠前よりも約6kg、妊娠前に標準~ふくよかだった妊婦さんは約3.6kg増えている状態が目安です。ここから、妊娠8ヶ月の4週の間に増やす体重は、細めだった妊婦さんで約2kg、標準~ふくよかだった妊婦さんは、約1.2kgが目安になります。

妊娠前から「肥満」を指摘されていた妊婦さんは、医師や助産師の指導をしっかり守って体重を増やさないように留意して過ごしましょう。また、妊娠後半は、いままで体重が増えなかった人も、油断するとあっという間に体重が増加してしまいます。

過ぎた体重増加は妊娠高血圧症候群をまねく恐れもあります。日頃から体重計にのって、チェックを忘れずに。

妊婦の過度なダイエットはNG!体重管理方法と理想の体重増加ペース

関連記事:

妊婦の過度なダイエットはNG!体重管理方法と理想の体重増加ペース

かつては「妊娠したら赤ちゃんの分まで食べなさい」と言われていた時代もあ…

おなかが張りやすくなる

腹痛 PIXTA

分娩の準備として子宮の収縮が始まるため、おなかの張りが多くなってきます。横になって安静にすればおさまってくるようであれば心配ありませんが、張りが続く、定期的に張る、といった場合は受診しましょう。

むくみがひどくなる

おなかの重みが増して、体にかかる負担が増加します。今まで感じなかった人も、手や足にむくみを感じるようになるかもしれません。

ひと晩たっても前日のむくみが残っているような場合、「なんだかいつもとは違うな」と感じたときは健診を待たずに早めに受診しましょう。

便秘や痔に悩まされる

紅茶 PIXTA

便秘を我慢していると、切れ痔やいぼ痔になってしまうことがあります。水分が減って固くなった便をいきんで出すことや、出ないで溜まった便が肛門周囲を圧迫して、肛門部分の血管がうっ血することが原因です。

「大量出血!」と慌てて産院に駆け込んだら、実は痔だったという妊婦さんも多いそう。しっかりと水分をとり、便意を感じたら逃さぬようトイレに行きましょう。

腰や背中に痛みがでる

大きくなったおなかを支えるため、腰や背中に痛みがでる妊婦さんが多いです。ただし、自己判断で湿布などを使うのは危険です。湿布の中には妊婦禁忌(胎児や妊娠経過に影響が出る恐れがあるため使用禁止)の成分が入っているものがあるのです。

また、湿布薬であっても同時に大量使用すると血液中の薬物濃度が上がる可能性があります。消炎鎮痛剤の成分によっては、妊娠末期の使用によって動脈管早期閉鎖を起こす危険性が。使いたい場合には、医師や薬剤師に相談しましょう。

妊娠8ヶ月の胎児の成長

赤ちゃん 足 PIXTA

妊娠8ヶ月の胎児は、身長が約35cm~40cm、体重は約1kg~1.5kgに成長しています。体には皮下脂肪がついて、体の表面のシワがなくなってきます。丸みを帯びた赤ちゃんらしい体つきになって、よりかわいらしくなってきました。

この時期には、脳と体の機能が新生児と同等にまで成長します。ただし、まだ肺の機能は成熟していないため、胎外では自発呼吸はできません。

音の刺激による心拍数の増加もこのころから見られます。音も強弱、低音等、いろいろと聞き分けています。ママの声とパパの声も聞き分けているかもしれませんよ。

妊娠初期から臨月までの胎児の成長。身長と体重の目安は?

関連記事:

妊娠初期から臨月までの胎児の成長。身長と体重の目安は?

妊婦さんにとって、おなかが大きくなっていくことは、妊娠した実感を得ると…

妊娠8ヶ月の妊婦健診

健診 PIXTA

妊婦健診は2週間ごとに受診します。早産リスクを見るため、エコーで頸管長を調べたり、羊水量の異常がないかを調べたりします。羊水は、多すぎると胎位異常を起こし、前期破水や切迫早産の原因になります。

妊娠7ヶ月の最後の健診で血液検査を受けていない場合には、血液検査を行います。一般的な、赤血球数・白血球数・血小板数・ヘモグロビン数・ヘマトクリット値などの検査の他に、経口ブドウ糖負荷試験を受けます。健診の待ち時間に飴などを食べていると、正しい数値が測れないため注意しましょう。

妊婦健診とは?検査内容や受診の回数と頻度、費用について

関連記事:

妊婦健診とは?検査内容や受診の回数と頻度、費用について

妊娠すると、定期的に産婦人科や助産院に通い妊婦健診を受けることになりま…

健診で逆子と言われたら?

妊娠8ヶ月では、まだ子宮内で赤ちゃんが動けるスペースがあるため、逆子になっていることがよくあります。この時期の逆子は、分娩時まで逆子であると断定はできません。成長するにしたがって、だんだんといる位置が定まり、姿勢も定まっていき、頭位になることが多いのです。

できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

関連記事:

できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

おなかの中で日々成長している赤ちゃん。突然、逆子だということが判明して…

プレミアム記事

妊娠8ヶ月にやっておきたいこと

リスト PIXTA

出産予定日まで、あと3ヶ月となりました。3ヶ月と聞くと長く感じるかもしれませんが、37週以降はいつ分娩がはじまってもおかしくありません。そう考えると、あと10週間で赤ちゃんと一緒の生活が始まります。少しずつ、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

入院の準備

急な切迫早産などで安静になったり、入院したりすることもあります。入院するときに持って行くものを、まずはリストアップしておきましょう。

健診にも持って行く必須アイテム、入院生活に必要なもの、陣痛のときにあったらいいもの、出産後に必要なもの、個人的に必要なもの(コンタクトの人は替えのメガネなど)自分なりに考えて準備を。

出産や入院って何を用意したらよいの?先輩ママたちのお役立ちアイテムを紹介します

関連記事:

出産や入院って何を用意したらよいの?先輩ママたちのお役立ちアイテムを紹介…

出産は不安がいっぱいですよね。病院でもらった入院準備リストを繰り返し見…

バースプラン

産院によっては、指定の様式などを準備してくれている場合もありますが、ない場合にも自分で便箋などに書きだして、健診のタイミングなどで相談してみましょう。

産院の考え方や、実際のお産の経過で叶わない場合もありますが、バースプランを作ってみることで、出産について自分なりのイメージを持てるため、不安が少し楽になるかもしれません。

ただし、母子の安全を優先してやむを得ず、医師介入のお産や帝王切開になることもあります。その場合の心構えもしておきましょう。

バースプランとは?用紙の書き方や記入例はある?

関連記事:

バースプランとは?用紙の書き方や記入例はある?

出産前には様々な不安を感じてしまうものですよね。臨月に入ったら出産準備…

立会い出産についての確認

診察 PIXTA

パートナーや家族に分娩に立ち会ってもらうか否か、考えていますか?立ち会う場合、産院によっては事前に講習を受ける必要があったり、立ち会える人数や性別、年齢に制限があったり、持ち込めるものに制限があるという場合があるため、事前に確認をしておきましょう。

また、「絶対にこの人は分娩室へ入れないで欲しい」といった希望がある場合も、お願いできるのか確認をしておきましょう。

立ち会い出産、する?しない?先輩ママの意見と体験談をご紹介

関連記事:

立ち会い出産、する?しない?先輩ママの意見と体験談をご紹介

立ち会い出産をするかしないか…ママは立ち会ってほしいけどパパが乗り気でな…

里帰りの時期

里帰り出産をする場合、妊娠30週~遅くとも34週頃には移動するようにします。仕事をしている場合、ギリギリまで働いていると、産休に入ってすぐに里帰りとなってしまうかもしれません。

里帰り後の生活の準備などのことも考えて、何日か余裕を持っておけるとよいですね。

里帰り出産の準備で必要なものは?持ち物リスト

関連記事:

里帰り出産の準備で必要なものは?持ち物リスト

精神的には安心な里帰り出産。でも、実家に戻るとはいえ、必要なものがすぐ…

赤ちゃんのためのグッズをそろえましょう

肌着 PIXTA

妊娠末期になると、おなかも日増しに大きくなっていき、妊娠生活も終わりが見えてきます。赤ちゃんとの生活の準備も8ヶ月からは本腰をいれて。今まで使ったことのないものを集めるのには、それなりにパワーが必要です。

先輩ママなどから情報を仕入れ、一気に全部そろえようと思わず、少しずつそろえていきましょう。9ヶ月にはあらかた準備できているとよいですね。

仕事をしている人は、産休の申請についての確認をし、急に休むことになっても大丈夫なように準備をすすめておきましょう。

※この記事の情報は2017年12月15日取材現在のものとなります。最新の情報は医療機関へ受診の上、各医師の診断に従ってください。

産休はいつからどうやってとるの?産休手当ってなに?

関連記事:

産休はいつからどうやってとるの?産休手当ってなに?

妊娠・出産は女性にとって人生におけるビッグイベントですよね。仕事のこと…

記事の監修

国立成育医療研究センター 周産期・母子診療センター 不育診療科 医長

三井真理 先生

「妊娠8ヶ月」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧