生後7ヶ月・8ヶ月のもぐもぐ期に適した食材とおすすめのレシピ・メニュー!

離乳食は赤ちゃんにとって大きく成長していくための第一歩。7・8か月頃はモグモグ期と言われる時期で、離乳食を始めた頃と比べて食べられるものも増えてきます。今回は、そんなモグモグ期に適した食材や時間の目安などをご紹介していきたいと思います。

PIXTA

どんな食材が適しているの?

生後7・8ヶ月になるとペースト状ばかりだった離乳食が、だんだんと形のあるものに変化していきます。こうした赤ちゃんの成長はママにとっても嬉しいですよね。でも、これからどんな食材を食べさせてあげたらいいか悩んでいませんか?

1日2回離乳食を食べるようになるこの時期には、1日に必要な栄養素の30~40%を離乳食から摂取します。そこで、1回の食事には「穀類」「たんぱく質」「野菜類」 から1~2種類はあげるように心がけると良いですね。そこで、7~8ヶ月になった赤ちゃんに、食べさせてあげたい食材をまとめました。

【炭水化物編】マカロニ・スパゲッティなどの麵類も食べ始めます

細かく切って煮つぶしたマカロニ、スパゲッティが食べられるようになります。パスタはあらかじめ折ってからゆでると、ゆでた後小さくする手間がはぶけます。

うどんも1/10玉~1/6玉(30~55g)程度なら食べられるようになってきます。米粒大に刻んであげましょう。ママが指で簡単につぶせるぐらいの固さが、赤ちゃんが舌でつぶせる固さです。固くなり過ぎないように気を付けましょう。

【野菜・果物編】なす・きゅうり・ねぎ・にらなど

離乳食 PIXTA

野菜に慣れてくると細かくした生野菜も食べられるようになります。トマトは皮と種を取り、きゅうりも種を取って細かく刻むと食べられます。

ほうれん草は茹でてから細かく刻み、白菜やキャベツは煮てつぶすようにしましょう。ダイコンやニンジンもやわらかく煮て細かく刻みます。

【タンパク質編】鮭・鶏肉・牛乳・プレーンヨーグルトなど

魚は白身か赤身の魚を1/3切れ(10~15g)程度食べられます。タラや鮭にチャレンジしてみましょう。お肉は鶏ささみを10~15gほどからはじめ、すりつぶして与えます。

ヨーグルトなどの乳製品は喜んで食べる子もいますが、1食50~70g程度にしておきましょう。

出典元:

おすすめレシピのご紹介!

上記で紹介した食材を使って、おすすめレシピを紹介します。是非、一度試してみてください!

ほうとう風煮込みうどん

ほうとう風煮込みうどん 画像:babyfood.mahalo-baby.com

材料

・かぼちゃ:1かけら
・うどん:3~4本
・出汁:大さじ3

レシピ

1,沸騰したお湯でうどんを茹でる
2,茹でたかぼちゃをみじん切りに、うどんは食べやすい大きさにカット
3,鍋に出汁と2を入れて再加熱

かぼちゃの甘みでたくさん食べてくれそうな1品ですね!

ほうとう風煮込みうどん

さつまいもポテサラ

お手軽ポテサラ 画像:mimiko0926.blog.jp

材料

・サツマイモ:100g程度
・お好みの野菜(ミックスべジタブルでも):適量
・牛乳:小さじ1~

レシピ

1.サツマイモは皮を抜き水さらし後小さく切り、レンジで2分ほど加熱して柔らかくする
2.1を程よくつぶして牛乳を加える
3.野菜は細かく刻み2に投入後レンジで1分程度加熱
4.ざっくりと混ぜ合わせて完成

じゃがいもよりも甘みのあるさつまいもを使ったポテサラは味付けをほとんどしなくても美味しそうですね!

さつまいもポテサラ

マカロニとアスパラのとろとろ煮

マカロニとアスパラのとろとろ煮 画像:babyfood.mahalo-baby.com

材料

・マカロニ:5本程度
・アスパラ:穂先のみ4個
・お麩:3個
・お湯で溶いた粉ミルク:大さじ2

レシピ

1,マカロニを軟らかく茹でて細かく刻む
2,アスパラの穂先を軽く茹でて細かく刻む
3,麩はすりおろして粉末状にする
4,鍋に材料を入れて、とろみが出るまで煮たら完成

粉ミルクの活用術!大人のクリームパスタのようなレシピです。

味も慣れ親しんだミルクなのでもぐもぐ食べてくれそうですね。

マカロニとアスパラのとろとろ煮

離乳食のママの疑問

スプーンやフォークに興味を持ち出したら、そろそろ自分で持たせる練習をさせてもOKです。
最初から上手には使えないので落としたりこぼしたりして汚しても、きつく叱ってはダメ。こぼしても大丈夫なように、エプロンをさせたり、床にビニールシートなどを敷いておくとよいでしょう。

汚されちゃったとき、ママはスプーンを取り上げて怖い顔で食べさせようとしていませんか?怒ったママに「あーん」と言われても赤ちゃんは食べたいという気持ちになれないもの。
できるだけ笑顔で接してあげて、食事嫌いにさせないように心がけてくださいね。 出典: www.babytown.jp
おばあちゃんたちが今のベビーフードを食べると 「どうしてこんなにおいしいの?」と、昔と比べて思うかもしれませんね。

おいしいからと言って、味が濃い=塩分が濃いわけではありません。天然のだしのうま味がきいているので「味がしっかりついている」と感じるだけで、塩分はごくわずか。製造技術の進歩により、だしや素材の味がそこなわれないベビーフードが登場するようになったのです。

ママが手作りするときも、「だしはしっかり、味付けは薄目」にするとおいしくなりますよ。 出典: www.babytown.jp

離乳食にあげる時に気をつけたい点をまとめました。赤ちゃんに正しい食事をあげるためにも注意したいですね。

固さの目安はどれくらい?

離乳食 PIXTA

赤ちゃんに離乳食をあげるとき、どの程度で食べさせてあげればいいでしょうか。ここでは、赤ちゃんに離乳食をあげるときのポイントをまとめました。

舌でつぶせることが出来るくらいの固さがベスト!

食材の固さとしては、お豆腐くらいの舌でつぶせる固さを目安にしてください。ママが「簡単に指でつぶせる固さ」かどうか確かめてから食べさせてあげると良いでしょう。

回数についてはどうする?

離乳食 PIXTA

離乳食初期の頃と比べて少しずつご飯に興味を持ってくる時期です。1日2回を目安に与えていきますが、食事の量は2回とも同じくらいの量になるようにしましょう。

食べむらがあることがありますが、あまり神経質にならず「食べたがる量が必要な量」と捉えてのんびりいきましょう。母乳を飲みたがる場合は飲みたがるだけあげて大丈夫です。だんだん離乳食の量が増えると、母乳やミルクを飲む量は少なくなってくるでしょう。欲しがるときは授乳のリズムに沿って与えます。

時間はどれくらいが良いの?

この時期は2回食になってきます。午前中に1回、午後に1回として、毎日同じくらいの時間にあげるようにしましょう。

出典元:

まとめ

離乳食 PIXTA

今回は離乳食の7・8か月に適した食材についてご紹介しました。少しずつ食べられるものが増えてくる時期ですが、いきなり何品も出すのではなく、赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ与える食材を増やしていきましょう。

赤ちゃんに与える前には、固さや熱さが大丈夫かどうか確かめて与える習慣をつけるようにしてくださいね。

「生後8ヶ月」「離乳食」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧